2017y02m20d_164602313

2月18日にアルゼンチンで開催されたフォーミュラE 3rdシーズン第3戦「ブエノスアイレス」の50分ハイライトが公開されています(今回は42分)。このレースを制したのは予選3番手からスタートしたセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)。序盤にトップへ躍り出てリードを広げる危なげない走りでそのままゴールし、これで開幕三連勝。ジャン・エリック・ベルニュが2位、PPスタートのディ・グラッシが3位。第4戦メキシコシティは4月1日に予選・決勝です。

2017y03m04d_142501481

ランドセルのように背負いジェット噴射で推進するジェットパック。「ガンダム」や「007」など想像の世界では縦横無尽に飛べる便利な飛行器具ですが、現実の世界でもなかなかイイ感じに飛べるようになってました。ただバランス崩して墜落したらヤバいから水の上での飛行www どうやら、実際にこのジェットパックが販売開始されたのだそうで、お値段はなんと22万ドルに設定!セレブの遊び道具ですね。

2017y03m22d_223216632

2017年からレッドブルアスリートとなった平川亮。今季、彼の乗るSUPER GTのGT500クラス#37「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」のマシンには「Red Bull」のロゴがサイドやリヤに大胆に入れられています。そのマシンのカラーリング発表を兼ねたムービーがレッドブルから公開。昭和の日本独自のクルマ文化であるデコトラと街道レーサーと共に登場する最新レーシングカー「レクサスLC500」の姿。チームメイトはオーストラリア人のニック・キャシディ。関谷正徳が監督をつとめます。オフシーズンのテストでも調子良さげですね。

2017y03m24d_205326563

ジムニーでの横転といえばクロカンやろww勲章としての!違うのwww 2016年暮れに20年程前のジムニーの幌車「JA11C」を購入したお笑い芸人のヒロシ。雑誌取材の模様を公開するなどジムニーとの生活も順調そうにみえましたが、実はその直後に横転してたらしい。もちろんセンターピラーが歪むダメージを負ってしまいました。その事後ビデオ。二日前にジムニー協会会長の横転を見たと書いてあるので、その会長の横転したジムニーが映る動画から考察すると購入から2ヶ月程度でやらかした!?しかも農道のような所でバック中に脱輪して横転というパターン。 コンクリと草地が同化しそうな色してるもんなぁ(´・ω・`)

2017y03m24d_223317377

赤信号で停車していたクルマに突然の悲劇が!コンビニの駐車場からノロノロ出てきたバンにノーブレーキで横腹を突かれるww 駐車場の見渡しもいいし事故る危険性はかなり低いはずだけど…可能性としてはカーナビとかスマホを弄ってたとか?あと運転席から出てきた女性の靴が厚底のヒールに見えるからペダルを踏み外してハマっちゃったのかもしれない。教習所でこんな靴で運転するのはダメと見本にあった気がするなぁwww 動画2本目の女性二人組はおしゃべりに夢中になって凍結路面でドーン。日本の事故系6本。

2017y03m24d_151604081

3月18-19日に岡山国際サーキットで行われたSUPER GTの公式テスト。現地へ赴いたファン撮影の渾身のムービーをピックアップしました。全部で8本。そのうちの一つには#30 aprプリウスの左リアタイヤが脱輪する瞬間もとらえていますww オートスポーツが集計したタイムをみると、GT500はレクサスが好調。とくに王者の#1 DENSO KOBELCO SARD LC500は常に上位につけており仕上がりが良さそうですね。NSX GT勢はKEIHINが2位にくい込んでくるなどホンダでは最有力か。GT-R勢が下位に沈んでいるのが気になります。GT300クラスはチャンピオンの#25 VivaC 86 MCが今シーズンも速そう?#3 B-MAX NDDP GT-Rも調子良さげなテストでした。サムネイルは3つ目の動画から。岡山県警の白バイに先導される#1レクサスLC500。

2017y03m24d_084810813

電気フォーミュラカーのレース「フォーミュラE」に参戦する中国の蔚来汽車(NextEV)の電動スーパーカー「NIO EP9」は、2016年10月14日にニュルブルクリンク・サーキットの北コースでタイムアタックを敢行し、7分5秒12のラップタイムを叩き出し見事EV最速記録を樹立しています。そのアタック時のオンボード映像がフォーミュラEから公開されました。このマシン、4つのモーターから出力されるパワーを換算すると1,360馬力になるそうで、2017年2月にはCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)で自動運転での世界最速記録となる最高時速257キロ、2分40秒33のラップをマークしています。恐るべしチャイナパワー。

2017y03m24d_051714819

(゚Д゚) 伸びきった足が怖いぃ…分裂しちゃうかと思った!ディスカバリーチャンネルの番組「Farmtruck and AZN」の身体を張ったお馬鹿な実験が衝撃的でしたww ゼロヨンレースなどで燃料と一緒に噴射する「Nitrous Oxide/亜酸化窒素」のスプレーを回転式の座椅子の両脇につけ噴射!その瞬間ドン引きする程の速さで廻るイッスwww これよく事故にならなかったな、座ってた本人はあまりの遠心力に失神寸前の様子でしたwwww 名前をつけるとしたら「ナイトラス・オキサイド・システム・スピニング・チェア」かな、中二心をくすぐるなぁ。

2017y03m18d_132138700

(ll゚Д゚)よりによって自分とすれ違う時に外れるとは思わないよなぁ…牽引トレーラーの多いオーストラリアで撮影されたヒヤリハットな車載映像です。片側一車線の直線道路でトラックとすれ違いざまにトラックが引っ張っていたトレーラが発射されるwww 広大な敷地のオーストラリアだから笑えるけど、逃げ場の少ない日本の都市部の道路でおきたらと思うと。。。

2017y03m21d_033500698

近年のF1テストでよく見かけるようになったのがサイドポッド付近やデュフューザー近辺に装着される金網状のデバイス「エアロレイク」。空気流量や速度などを計る様々なセンサーがついており測定したい場所に取り付けます。今年のテストでも空力特性を測定するため各マシンとも色々な形のエアロレイクを装着して走っていました。そんなテストならではの光景を集めたビデオ。0:47~のザウバーみたく極小サイズもあるんですねww

2017y03m21d_035917182

2017年WSCC第2戦「第65回セブリング12時間レース」は、なんと開幕戦に続き好調だったキャデラックDPi-V.R. が表彰台を独占!優勝はWTRの#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」で開幕2連勝。AXRの2台が続きキャデラックが強さをみせています。GTLMクラスは#7コルベットC7.Rが優勝。日本勢はマツダDPi「RT24-P」の#55が総合29位。#70はブレーキトラブルでクラッシュ、その後復帰するもサスにクラックが見つかりリタイア。GTDクラスのアキュラNSX GT3は#86がクラス8位、#93が同14位。レクサスRC F GT3は#15がクラス13位、#14が同18位でした。パドックやコース脇から撮影した臨場感あふれる映像と公式フルレース映像です。

2017y03m22d_211016065

日本でおきた事故の瞬間など比較的最近のドラレコを6本ピックアップ。サムネイルのは山道で10秒以上もブレーキを踏み続けたあげく道を外れ事故ってしまったミニバン。ブレーキトラブルなのか、発作的なことが起きてしまったのか…謎すぎる。そして2本目が酷い。愛知県名古屋市西区、名鉄・上小田井駅前の国道302号線「貴生町交差点」でのトンデモ事故。片道2車線+右折レーンの交差点で、ミニバンが一番左からまさかの右折ww 後ろから直進してきた軽にヒットし横転させてしまう。逃げたようにも見えるけどちゃんと止まったのかなぁ。

2017y03m18d_104426338

わざわざ危ないコーナーで抜いててワロタww この間「ハチロクとのバトルが熱い!」と紹介したEG型シビックがマウントパノラマサーキットでみせた追い抜きも人気になっていました。舞台はオーストラリアのバサースト12時間のサポートレース、市販車ベースの改良旧車で争われる「Improved Production Challenge 2017」での一幕。2L以下クラスのシビックが駆動方式も排気量もまるで違う2Lオーバークラスのホールデン・コモドアVP(シボレー製の6L V8エンジン搭載)を、見通しの悪い下り急勾配につながるコーナーでウォールすれすれのイン側から攻略!このシビック、他のマシンに比べストレートは伸びないもののコーナで詰める熱いドライビングスタイルでその後も3.4Lターボエンジンにスワップされた初代セリカとバトルを繰りひろげ見事優勝しています。レース映像とあわせてピックアップ。

2017y03m18d_123423964

ニスモの技術を結集した"世界最強のロードゴーイングカー" "TOP OF THE GT-R" を謳い、スカイラインGT-R(BNR34)ベースで限定19台のみ生産された「NISMO R34GT-R Z-tune」。そのうち2台はプロトタイプと保存車両という大変貴重なコンプリートカーです。販売当時のニスモの発表によると13台が日本国内、4台がオーストラリアやタイなど海外にデリバリーされたそうです。近年、香港で5千万円以上の値がつけられ話題になりましたが、そんなGT-R販売当時、土屋圭市が全開インプレッションするビデオがベストモータリングより公開されました。2002年Hot-Version vol.55に収録。ノーマルタイヤで筑波サーキットをアタックしたドリキンの反応は!?

このページのトップヘ