2015y06m29d_154945811

今年のグッドウッド(FOS)では、1991年のF1世界選手権でアイルトン・セナがチャンピオンを獲ったマクラーレンMP4/6で、ヒルクライムコースを走行したジェンソン・バトン。道幅狭いしストレートも短かいから、アクセル全開には出来ず、あの甲高い音は聴けないけど、ホンダV12エンジンの音。セナが最後にチャンピオンを獲ったマシンだけど、マツダ767Bみたくクラッシュしたら相当ヤバいwよくこんなコース走らせるよ…

2015y06m29d_175454576

二輪界の伝説バレンティーノ・ロッシが、マツダの伝説的なプロトタイプカーでヒルクライムする衝撃的な瞬間がグッドウッド(FOS)2015で実現。91年のル・マンで勝った55号車のようだけど本物!?それともイベント専用の787Bか、どちらにしろ貴重なマシンに変わりない。同じコースで767Bの事故があったばかりなのに、よく走らせたなぁ…マツダさんも太っ腹。流石のロッシもかなり慎重に運転してるしwちなみに、ロッシはヤマハの創立60年記念カラーのYZR-M1でデモ走行も楽しんでいる。そちらも合わせてピックアップ。

2015y06m29d_142722233

第10戦と最終戦のダブルヘッダーで行われたFIA Formula E 2015のロンドン大会。第10戦ではブエミが完勝し、ランキングトップのピケjr.に5ポイント差まで迫り、チャンピオン争いが俄然ホットに!次の日の最終戦は、トップランカーが後方に沈む中、ブエミが一時4位まであがり王者獲得かに思われる中、アウトラップの最中に痛恨のスピン!後ろのクルマに抜かれてしまう。この結果、チャンピオンを争ったブエミが5位、ディ・グラッシは6位、ピケJr.が7位に入り、ピケJr.がフォーミュラEの初代チャンピオンに輝いた。なお、山本左近は、フリー走行2回目、予選、決勝と3連続クラッシュ。やっぱ数年間のブランクは厳しかったか…

2015y06m27d_151439306

こんな狭い林道を軽快に走ってゆくパジェロ。展望台があるからって迷いなく、もっと狭い脇道に入っちゃうけど、普通こんな道は危なくて進めないよ…案の定ズリ落ちコロリしてしまうけど、木があって崖下までの転落はまぬがれた。けど、こんな場所にもローダークレーンで入ってこれるんだねwwwやっぱ特別料金取られるのかな?

2015y06m26d_145750795

漫画にナレーションが入ったHonda原点コミックシリーズのVol.2がドロップ!今回の内容は本田宗一郎のパートナー、藤沢武夫との出会い。経営能力があるパートナーは商売において必須だから奇跡ともいえる出会いかも。この二人が本田技研工業を世界的な大企業に育て上げるんだから、人生って面白いw

2015y06m28d_171908628

これはよく助かった…首や足を捻ってもおかしくなかったインディカーの大事故。団子になっていた集団内で軽い接触がおきたのをきっかけに、ハンターレイが内側にいたブリスコの方に振れてしまい、2台が絡み合ったままインフィールドへ。ブリスコのマシンは空気抵抗からか宙を舞い、フロントから芝生へ突き刺さり激しく数回転。今年のマシンはハイスピードで後ろ向くとすぐ宙を舞ってしまう…もっと対策しないと、いつか死人がでそう。ちなみに、佐藤琢磨さんはまたもやクラッシュ…ハイライト映像もドロップ!※レースのフル動画など関連映像は、ここにピックアップ予定。

2015y06m28d_151422976

グッドウッド(FOS)2015にGTRが登場!日産の映像をみると、今年は狭いコースをいつになく攻めてる!キレッキレの動き!それもそのはず、ドライバーは先週のポールリカールでニッサンGT-RニスモGT3に、ブランパン耐久シリーズ初優勝をもたらしたアレックス・バンコム。興奮覚めやらぬままFOS入りした模様、そりゃ熱くなるわ。ただ、去年のGT-Rのタイムを更新したっぽいんだけど、ラップタイムが書いてない!どんだけ出たんだろうか!?

2015y06m27d_021605695

偉大な宗教文化、人間味のある人々、残された大自然…こんな場所をマウンテンバイクとともに旅するなんて、最高の思い出づくり。ドイツのアウトドアブランドのファウデのプロモーションで、そんな刺激的な旅が実現してしまった。こんなの、一年くらい旅してても飽きない自信あるw

2015y06m26d_131828489

イギリスで毎年開催されているモータースポーツのイベント“グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード”。その常連としてほぼ毎年参加しているイギリス出身のF1ドライバー、ジェンソン・バトンの15年間が一挙にみれる動画がドロップ!ウィリアムズやルノー、ホンダといった自身が乗ったF1マシンから、メルセデス・ベンツやマクラーレンの歴史的名車まで色んなクルマに乗ってる。続けてみると結構壮観だったw今年は本業がアノ状況だけど何乗るのかな…

2015y06m27d_181541234

4ローター・エンジンで有名なマツダ767Bがグッドウッド2015のイベントでクラッシュ!しかもマツダがモニュメントをだしてる時に限ってクラッシュとか(モニュメントは787B)…マツダ的には風籟が燃えてなくなった以来のショックなんじゃないかな〜。それにしても、全開走行しない競技でクラッシュというのもいたたまれない。ドライバーはデレック・ベルとの情報も。

2015y06m27d_014442393

最初機関銃でも装着してるのかと思ったwww何してるんだアラブ人…トヨタ車のアンチラグシステムとかを利用した遊びだと思うんだけど、こんな事してパーツの寿命は速まらないのかな…音楽になってそうで、なってないし。砂漠の民は相変らず日本車が好きってことは確認できたw

2015y06m27d_005720899

只今イギリスで絶賛開催中のフェスティバル・オブ・スピード(グッドウッド)で、ニッサンのジューク・ニスモRSが曲芸を披露。狭いヒルクライムのコースを右側のタイヤだけで綺麗にトレース、1マイルオーバーの距離を1分10秒で走破し、見事、片輪走行によるファステストラップ世界記録を更新!これはドライバーGJ器用すぎるwwwよくコーナー曲がっていけるなぁ。

2015y06m26d_135221909

イギリス・モータースポーツの祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2015」の会場にマツダがモニュメントを出展しました。1991年のル・マン24時間レースのウィニングマシン「マツダ ・787B」と、その787Bへのリスペクトから生まれ、去年のクリスマスにグランツーリスモ6で公開された「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」。この2台が天に向けて疾走する形のモニュメントは、高さがナント40メートル!これは間近で見たらかなり迫力がありそうだなぁ。

2015y06m26d_111543537

バック・トゥー・ザ・フューチャーにでてくるホバーボードのような乗り物を、トヨタ自動車の高級車ブランド“レクサス”が開発中なことが判明。液体窒素と超伝導電磁石を使って浮遊するタイプと思われる。今回はスケーターの男がホバーボードに足を乗せる直前で終わってしまうティザー広告なため、本当に乗れて動き回れるのかは、今のところ不明。毎回、こういう役目は伝説のスケーターであるトニー・ホークが起用されることが多いと思うんだけど、今回のスケーターは誰なんだろうw今後、徐々にベールが明かされていくらしい。

このページのトップヘ