2017y03m10d_194638189

大分県日田市にあるサーキット「オートポリス」でほぼ毎年開催されているスーパーGTですが、10年以上前に観戦エリアから撮影したビデオが公開されたのでご紹介。2005年から2007年までの懐かしい映像です。見所は、燃えちゃったリアルNSX…ユンケルに身を包む若かりし谷口信輝。カルソニック・インパルはブノワ・トレルイエが乗っていた時代ですね。2005年と2007年は伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組のホンダNSXが優勝。2006年は本山哲/松田次生組の日産フェアレディZが勝っています。サムネイルは2007年のGT300を制したムーンクラフト紫電にしました。

2017y03m04d_001713466

ハッシュハウス(Hush House)と呼ばれる航空機エンジンの試験施設で行われた、ジェットエンジンのアフターバーナー燃焼試験の様子がかっこ良かったので紹介します。中央に鎮座するのはF-16戦闘機用のゼネラル・エレクトリック「F110-GE-100」ターボファンエンジン。キュイーンと回しはじめ、一通りチェックしてからのファイヤー!!ピクリともしない台座はどれだけ頑強にできてるのwww コメントによると、日本だと北海道の防衛装備庁・札幌試験場に似たような施設があるそうです。

2017y03m13d_135756335

構造上こんな事故はしょっちゅうありそう… トレーラー部分に人を乗せ、ハンドルを長く伸ばしたトラクターで引っ張るタクシーが起こした変な事故。カーブ立ち上がりでの蛇行に耐えられずドライバーが落ちると、トレーラーが傾き乗客ほぼ全員が転落してしまいます。一人だけ手すりにしがみついてセーフ!しかも立て直してまた全員乗ってるしww 事故りたての人の運転で再び移動する恐怖www 場所はタイかなぁ、中国かと思ったけど本土は右側通行だし。

2017y03m13d_130647550

FIA世界ラリー選手権第3戦「メキシコ」のSS19で総合首位につけていたクリス・ミークが、ゆるい高速右カーブでコースオフし駐車場に紛れ込む珍プレーが発生しました。何故わざわざ車が密集している方へ進んだの?と思ったけど観客を避けるためなのかなぁ、スペースは結構あったのに…しかもコースアウトの瞬間シトロエンのチームスタッフが頭を抱えるなか一人だけ嬉しそうにニヤついてるヤツおるやんwww こんなハプニングにも負けず、無事トップでラリーを終えたミークは2016年第8戦フィンランド以来3度目の総合優勝を果たしました。シトロエン「C3 WRC」には初優勝をプレゼント。

2017y03m13d_113622709

NASCAR第3戦 ラスベガスのファイナルラップ、#18カイル・ブッシュのイン側でルーズになった#22ジョーイ・ロガーノが接触、カイルはインフィールドへスピンしてしまいます。これに怒ったカイル・ブッシュがレース終了後にジョーイ・ロガーノのもとへかけつけ一発お見舞い…するはずがクルーに揉みくちゃにされ何故かカイルが流血www その乱闘と接触シーン。

2017y03m13d_005623219

2017年のインディカーがついに開幕!公式から1周が2.9km(1.8マイル)というセントピーターズバーグ市街地コースのバイザーカム映像が公開されています。加速度センサーで縦横どの方向にどれほどのGがかかっているかが分かるG表示つきです。ドライバーは元F1ドライバーのデレック・デイリーを父に持つ、#4 コナー・デイリー(A.J.フォイト/シボレー)。このコースではストレートエンドのブレーキングから1コーナーへの進入時にかかるGが一番きつく最大3.5Gを記録!その次が8コーナー(コース地図の一番上)で何かの拍子にたまに3G超えしてます。

2017y03m09d_132100709

ロシアでおきた映画のワンシーンのように派手な事故映像です。乗客を乗せたミニバスが対向車の特攻をうけ大爆発してしまいます。何かが衝突したと思ったらボワッと一気に炎に包まれる!そしてあっという間に鎮火ww ガソリンとかの燃え方と違う気がするけどLPガス車!?見かけは派手だけど、お客さんが案外冷静に降りて来てびっくりwww 相当怖かったと思うけど…

2017y03m09d_142436066

(@_@)何しちゃってるの?高熱にうなされた時とかこんな夢みますねww 高層マンションの屋上から出っ張りへおりポーズをキメるネジ無し人間のビデオです。BMXにまたがりトリックをするわけではないけど、縁でバランスをとるだけで超絶スリリング!GoPro視点なんて目が回りそう…シュールな画になっていますが、高所恐怖症の人はみない方がいいかもしれないww

2017y03m08d_222254974

当時全日本F3000やJTCCで優勝するなどトップドライバーとして活躍していた黒澤琢弥と、WRC参戦や日本人初のサファリラリー勝者となったトップラリースト藤本吉郎がサーキットとダートで対決!97年の企画がベストモータリングから公開されました。サーキット対決はエビスサーキット東コース。ダート対決は、今は無き福島県二本松市のSSパークサーキット。サーキット走行に慣れてない藤本さんはステアリングをこじりすぎてたり、初のダートに挑んだ黒澤さんはお助けサイドを引いてもらったりと勝手の違うコースに難儀www 登場マシン:MAZDA ROADSTER Race car、TOYOTA CERICA ST185 Gr.A Rally car。

2017y03m10d_200214848

F1合同テストを終えたフェルナンド・アロンソに、パワーがないと言われてしまったホンダの2017年型パワーユニット。マクラーレンの車体側にも問題が発覚との噂(ハーネスまわり)があがるなど、ロクにテストを出来ないまま開幕戦を迎えることになります。そんなマクラーレン・ホンダ「MCL32」ですが、昨年のマシン「MP4/31」とパワーユニットの音を比較する趣旨の動画があったのでチェックしてみてはいかが?有名なF1ジャーナリストの「ストレートで死んでいるような音に聞こえる」なんて発言もネットにでてましたが…ぶっちゃけそこまで変わらない!?若干回ってない感じはするけど。。ちゃんとしたモニタースピーカーで聴いたらもっと違いがわかるのかしら?

2017y02m18d_144635268

うおぉぉΣ(゚д゚lll) 二度も同じ方向に避けかけた!最後、息が合わなかったら大惨事になっていた…無鉄砲な逆走車のせいで、対向車2台の間をすり抜けるという恐怖を味わうことになった人の車載映像です。なんとか避けられたけど結局横転してしまう。スピードを落とすにもアイスバーンぽいし色々無理ゲー。

2017y03m08d_203405102

日本文化を海外に紹介している「ONLY in JAPAN」のジョン・ドーブが青森空港に潜入。除雪部隊「ホワイトインパルス」を取材しています。3000メートルの滑走路にくわえ、誘導路、駐機場の掃除は、離着陸の合間の40分間を使い35台の重機で除雪作業を終えなければなりません。作業にはスノープラウやスノースイーパーといった雪国ならではの重機が登場!ちなみに、青森空港は雪のせいで着陸を断ったことは35年間一度も無いそうです。日本語字幕あり。

2017y03m09d_004155086

2017年はトヨタ「マークX」をベースとしたマザーシャシー車両でスーパーGT300クラスに参戦する「埼玉トヨペットGreen Brave」ですが、2016年に参戦したスーパー耐久の総集編ムービーが公開されています。ST-3クラス#68「マークX G's」は平沼貴之、番場琢、服部尚貴というラインナップで2度の表彰台を含むランキング4位。ST-4クラス#52「TOYOTA86」は脇阪寿一、脇阪薫一、松田晃司のドライバーで最高位2位のランキングは4位という結果でした。

2017y03m10d_133651403

FIA世界ラリー選手権第3戦「メキシコ」。シェイクダウンでトップタイムを記録したティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)のオンボード映像が公開されました。全長5.31キロのステージで、2番手のセバスチャン・オジェ(Mスポーツ フォード・フィエスタWRC)を1.7秒上回る、3分45秒8でフィニッシュ!前半の細くて砂のかぶったワインディングセクションとかスピード出てなくても十分怖いwww

このページのトップヘ