2017y09m29d_130349201

先日、スペインでターマックテストにはげむ「TOYOTA GAZOO Racing」のレギュラードライバーの映像を紹介しましたが、新たにグラベルバージョンも公開!FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦スペイン「ラリー・RACC・カタルーニャ」はシリーズ唯一のミックスサーフェスラリー。初日の金曜日にグラベル。その後二日間はサーキットように良好な路面といわれる舗装路で行われます。なんでもトヨタは今回新しいパーツを用意しているのだとか。ちなみに、去年はこのイベントでセバスチャン・オジェが勝ちチャンピオンを決めています。

2017y08m03d_132024251

こんな格好になってまで丸太を運んでしまおうという発想が恐ロシアwww 田舎道をドライブしていたところとんでもない乗用車にでくわしました。その車載映像。なんとセダンのリアドアを開け放ったまま丸太を横倒しに乗せて運搬!ちょっと無理矢理すぎるだろぅ…積載量もマックス。風の抵抗もマックスといった感じですねwwww

2017y09m28d_002825607

2018年からIMSAのWSCCに参戦するチーム・ペンスキーのアキュラARX-05が、9月19日にセブリング・インターナショナル・スピードウェイで行ったテストを撮影した映像です。キャデラックや日産、マツダとともに最高峰のPクラスでしのぎを削ることになるARX-05は3.5リッターV6ツインターボエンジン「AR35TT」を搭載。デビュー戦は2018年1月のデイトナ24時間レースで、ドライバーは元F1ドライバーでインディ500ウイナーのファン・パブロ・モントーヤと、2016年WSCCチャンピオンのデーン・キャメロンが決定していますが、ほかは未発表。今回のテストではエリオ・カストロネベスのヘルメットに酷似した人物がコクピットにおさまっていて(1:07にはっきりと映っています)、ひょっとしてエリオの起用もありえる!?

2017y09m23d_132341302

うひょーおっかない((((;゚Д゚))))))) これはたぶん道路わきに停車していた撮影車と、道路を走っていたバックホーローダーの間をバイクがすり抜けてる最中に、バックホーローダーが右折しようと進路をふさぐかたちになったんだと思うのですが、どうなんでしょう?ギリギリ挟まれずに通りぬけたもののガードレールにクラッシュ!大きなタイヤに巻き込まれずに助かった。でもフロントフォークはいってそうですね…

2017y09m29d_230832697

GoProから近々発売予定の全天球撮影カメラ「Fusion」が発表。そのうりは撮影した高解像度360°映像(5.2K/30fpsか3K/60fps)の好きな視点から通常画角の動画をきりだせること。たぶん説明するより魅力たっぷのプロモーションビデオを観たほうがはやいです。全天球動画で気になる前後のカメラ映像のつなぎ目も目立たず自然なかんじになってますね!車載映像とかも捗りそうだなぁ。ちょっとビデオの容量が気になるけど…価格は85,000円(税込)だそうです。

2017y09m29d_194031123

9月29日(金)のF1マレーシアGPフリー走行(FP2)でハースの#8ロマン・グロージャンが右カーブ「ターン13」のめくれた縁石に右リアタイヤをひっかけバースト。コントロール不能に陥ったマシンはグラベルを通り越しバリアに激突しました。この事故でプラクティスは赤旗中断、セッションはそのまま終了しました。グロージャンに怪我はありません。どうやら2台前にいたメルセデスのボッタスがターン13を通過したときに縁石部分の排水溝の蓋がはずれてしまったもよう。直後のライコネンは避けるもあとから来たグロージャンは気づかず餌食に…

2017y09m21d_174619940

ちょいワルLEGOのキャラクターが傍若無人な所業をくり返す…そんなストップモーションアニメがちょっとまえに話題になっていました。世界観は犯罪をテーマにしたバイオレンスゲーム「グランド・セフト・オート」シリーズそのまんま。でも、こんなかわいらしい主人公ならどんな悪行も許せちゃう!?

2017y08m21d_032145838

フランスで開催されたヒルクライムレース「Course de cote du Mont dore 2017」に出場したジミー・タレスの「MERLIN MP 23」がスタートしてから2分後にクラッシュするまでのオンボード映像です。コーナー立ち上がりで孕んでコース脇の杭をなぎ倒しながらコースオフ!マシンフロントが大きく破損してしまいます。このスピードだと、太い杭がヘルメットに直撃すれば怪我するんじゃないかしら…ほんのわずかなミスだったのに怖すぎぃ。

2017y09m28d_140501506

「TOYOTA GAZOO Racing」のヤリスWRCがラリースペインにむけたターマックテストに励む様子が撮影されていました。エースのヤリ-マティ・ラトバラ、ユホ・ハンニネン、エサペッカ・ラッピのレギュラー三人の動画です。イベント本番は10月5日(木)から8日(日)にかけてカタルーニャ州で開催。グラベルとターマックの両路面でたたかうミックスサーフェイスラリーになっています。トヨタはどんな走りをみせてくれるのか!?

2017y09m28d_124320359

ちょっと古い去年のドライブレコーダー映像なのですが酷かったので紹介します。直線道路の対向車線から居眠りのスズキ・ワゴンRスティングレーがあっという間に突っ込んできます。左側には路上駐車のクルマが2台あって逃げ場なし!撮影者のトヨタ・クラウンはブレーキくらいしかできることはなさそうですね。あとは正面衝突か微妙にハンドルをきってオフセット衝突のどちらを選ぶかかなぁ。ボクは正面衝突がイイです。 現場は福岡県鞍手郡鞍手町小牧2084-1。ちょうど葬儀場の目のまえでした…動画後半に事故後の写真があるのですが、丈夫といわれるクラウンにつっこんだ割にはワゴンRもそこそこ原型をとどめてますね。廃車でしょうけど。

2017y09m28d_104747933

1967年F1世界選手権第9戦イタリアGP。このグランプリからデビューしたホンダRA300は、ジョン・サーティースのドライブで予選9番グリッドからスタートし、ファイナルラップでトップにたつと0.2秒差での大逆転勝利をおさめました。ホンダにとってF1で2回目の勝星。それから50年の年月がたった2017年9月3日、モンツァ・サーキットで開催されたイタリアGP決勝当日にRA300が優勝50周年を記念してデモランをおこないました。ステアリングを握ったのはGP3で活躍する福住仁嶺。ホンダからその時の模様が公開されました。RA300は排気量2,992cc。水冷4サイクル90度V型12気筒DOHCエンジン「RA273E」搭載。最高出力420PS以上/11,500rpm。最高時速はなんと350キロ以上!

2017y09m27d_232959558

9月26日にセブリング・インターナショナル・レースウェイで撮影されたインディカーの2018年型ボディーワークのテスト映像です。来年度から導入される全車共通のユニバーサルエアロキットをまとったマシンに乗り込んだのはシボレーがファン・パブロ・モントーヤとスペンサー・ピゴット。ホンダはスコット・ディクソンとオリオール・セルビアが担当したようです。

2017y09m27d_220318765

(°_°)これもう早送りだろぅ。「史上最強」「シリーズ最強」などとメディアを騒がせていた991型ポルシェ911 GT2 RSが、ニュルブルクリンク北コース「ノルドシュライフェ」で7分台をきるかなり速いラップタイムをだした!なんて噂になっていましたが、ポルシェ公式からその時のオンボード映像が公開されました。アタックはテストドライバーのラルス・ケルンが担当し、だしたタイムはなんと6分47秒3!先代の997型ポルシェ911 GT2 RSの7分18秒はもちろん、ポルシェ911 GT3の7分12秒7、ポルシェのプラグインハイブリッド 918スパイダーの6分57秒や、ほぼレーシングカーのラディカルSR8LMの6分48秒をもしのぐ記録でした。

2017y09m27d_123256200

日本での公開があと1ヶ月(10月27日 金)にせまった映画「ブレードランナー 2049」を観るまえにチェックしたい短編アニメ作品が公開!80年代に人気を博しSF映画の金字塔ともいわれる「ブレードランナー」は、人造人間「レプリカント」の登場や、サイバーパンクを具現化した文化が入り乱れる退廃的な未来都市の世界観など、のちのSF作品に多大な影響をおよぼしました。今回のアニメ「ブレードランナー ブラックアウト 2022」は、一作目の舞台だった2019年から3年後の2022年に2人のレプリカントが起こした大停電事件「ブラックアウト」を描いた作品なんだそうです。監督は「サムライチャンプルー」や「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎監督。音楽はフライング・ロータスが担当。「強力わかもと」の芸妓さんも健在ですよ!

このページのトップヘ