2016y10m31d_194247243

2レース制で争われたスーパーフォーミュラ最終戦「鈴鹿」。レース1はチャンピオン有力候補の国本雄資が優勝しランキングトップへ浮上。2位にロッテラー、3位に石浦。ランキング首位で鈴鹿入りした関口雄飛はノーポイントでタイトルに黄信号が灯るもチャンピオン争いはこの4人に絞られる。レース2はバンドーンが制し今季2勝目!心おきなくF1へ羽ばたく。優勝ならチャンピオンだったロッテラーはバンドーンとの終盤戦に敗れ2位。3位石浦となり、6位に入った国本雄資が念願のチャンピオンに輝いた。SF公式のハイライトビデオです。

予選ハイライト


レース1サマリー

レース2サマリー