2017y02m27d_213126510

大井川鐵道が譲り受けた元南海高野線21000系「ズームカー」。普段はワンマン普通電車として、静岡県の金谷駅から千頭駅までを運行していますが、2月26日に南海当時の急行マーク「マル急」を付けツアー電車として運行されました。高度経済成長期からバブル崩壊、デフレ時代までも駆け抜けてきたズームカーは、島根県の一畑電車で使われていた車両が今年1月に引退し解体され、現在は大井川鐵道の2編成4両が残るのみとなっています。



残すところ、この4両のみ運行


大井川鐵道の列車。「マル急」はラスト