2017y03m09d_004854506

5月25日-28日に開催される「第45回ニュルブルクリンク24時間レース」のSP3Tクラスに参戦するスバルが富士スピードウェイでシェイクダウンを行いました。その模様とニューマシンの解説が「SUBIE CHANNEL」から公開されています。参戦10年目の節目となる今季は新車から組みなおし改良を施した「WRX STI NBR CHALLENGE」で、昨年と同じカルロ・ヴァンダム、マルセル・ラッセー、ティム・シュリック、山内英輝というドライバー布陣で3連覇にいどみます。



改良ポイントを紹介