2017y04m08d_121220846

インディカー第2戦ロングビーチ。ホンダユーザーのグラハム・レイホールのバイザーカム映像が公開されました。昔のレイアウトとは異なるものの1970年代からF1など市街地でのレースが開催されてきた伝統のコース。インディカーは3.167kmのコースを1周1分強で駆け抜けます。加速度センサーによるG表示は、目視で確認できた範囲だとターン6のブレーキングで3.4G、ターン9の進入(2LAP目)で3.5G程を記録しています。


ロングビーチ・テザー

関連記事
【動画】グラハム・レイホールのバイザーカム重力加速度表示つき第二弾。インディカー・セブリングテスト
【動画】グラハム・レイホールのバイザーカム映像。重力加速度表示つき!インディカー・フェニックステスト