2017y07m12d_002330551

2017年5月31日、メルセデス・ベンツの歴代Eクラスで最速のパフォーマンスを誇る「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」がデビュー。V8DOHC 4.0リッター直噴ツインターボで、612馬力、850Nm、0-100km/h加速が3.4秒というモンスターセダンですが、なんと、4輪駆動なのにドリフトができる「ドリフトモード」が搭載されています。「WEB CARトップ」からドリキンこと土屋圭市がドリフトを試したり高速インプレッションをおこなうビデオが公開されました。メルセデス・ベンツのイメージを覆す「ドリフトモード」を試したドリキンの評価は!?