2017y10m04d_201334160

スバルの2.5L水平対向「ボクサー」エンジン(チューニングはクロフォード・パフォーマンス)をリアに搭載したデザートレーサー「クロストレック」が過酷な砂漠レース「ベガス・トゥ・リノ」に参戦。テストやレース当日、ネバダ州の砂漠を爆走する様子をうつしたビデオとスバル公式から公開された360°オンボード映像です。どうやら駆動系?にトラブルが発生し今回はゴールできなかったようですが、このクロストレックは2017年11月16から18日にかけて開催される「バハ1000」50周年大会にも出場するようですよ。

テストの様子

レースでの走り


スバル公式 360°オンボード