2017y11m13d_150207369

レッドブルなどのサポートをうけ数々の記録を達成したロシアのムササビ人間ワレリー・ロゾフが11月11日にアマ・ダブラム山(6812メートル)から飛び降りた際に事故死。彼が過去に挑んだ「最も高い地点からのベースジャンプ世界記録」や、ペルー最高峰での「南米最高地点」記録、亡くなる約1ヶ月前のフライトなどがスリリングだったので紹介します。
1.2016年10月、ヒマラヤ山脈のチョーオユー(標高8,201メートル)の7700メートル地点からジャンプし「最も高い地点からのベースジャンプ世界記録」を更新。2.2017年ペルーのワスカラン(標高6,768メートル)の6,725メーター地点からジャンプし「南米の最も高い地点からのベースジャンプ記録」3.残念ながらこれが最後の更新に…場所不明。崖からのテイクオフがギリギリ…もしジャンプがたりないと、たちまち突き出た岩に叩きつけられそうなポイントでフライト。著名冒険家やクライマーもベースジャンピングで亡くなっていますが、事故率が高いのも納得してしまう。

最も高い地点からのベースジャンプ世界記録


南米最高地点からジャンプ


ロゾフのチャンネルから色々と