2017y12m12d_213818115

11月18、19日に鈴鹿サーキットで開催された「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」ではグループC デモンストレーションレースなどが行われ、1992年のSWC(世界スポーツカー選手権シリース)やル・マン24時間レースを戦った「トヨタ・TS010」が片山右京の手でドライブされました。現地に赴いた人のビデオ。
グループCの規約変更にともないトヨタ製グループCカー初の自然吸気 (NA) エンジン搭載マシン(V型10気筒3500cc)となっています。92年にTS010とルマンに挑んだ片山右京ですが、このイベントでは「常に30〜40%はマージンは残して走っていた」そうです。でもイイ音!

Sound of ENGINE 2017 【TS010特集】


【TOYOTA .TS 010 .V10】(1992) 片山右京 全開サウンド!!!


全開バトル!! 【カミカゼ右京TS010】


Suzuka Sound Of Engine 2017


懐かしいおまけ。