2017y12m13d_014810686

オーストラリアの「アデレード・モータースポーツ・フェスティバル」でF1カーと日本車の加速対決が実現!1994年のF1マシン「フットワークFA15」と勝負するのは、本来は1200馬力のトヨタ86でしたがトラブルで急遽交代。1000馬力の日産R34 GT-Rが代役をつとめました。
出場予定だった86はR35GT-Rの3.8L V6エンジン"VR38"を改造して搭載されており、今回のR34GT-Rはそれよりパワーもトルクも劣るもののAWDのトラクションに一抹の望みをかけたそうです。ローリングスタートからの加速勝負だしそこそこイケるかも!?

対決シーンは3:20あたりから


本来対決予定だったのはこの86