2018y02m10d_155839011

F1やフォーミュラEに続き、インディカーでも開発中のドライバー保護デバイスですが、ISMレースウェイ(フェニックス)での合同テスト前日の2月8日、「ウインドウスクリーン」のテストが行われました。チップ・ガナッシのスコット・ディクソンのマシンにとりつけられ夕暮れのオーバルコースを激走!インディカー公式からその時のバイザーカム映像が公開されています。
おぉー!歪みもないしこれならアリかも!? ちなみに、F1でもフェラーリが開発した「シールド」という似たようなデバイスがありましたが、セバスチャン・ベッテルがテストをしたところ目眩がするという酷評をうけ、結局別のデバイス「ハロ」が採用されました。

Scott Dixon Windscreen Test at ISM Raceway


走行シーンも違和感なし!?