2018y05m17d_171508802

ベルギーのスパ・フランコルシャンで開幕したFIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズン。その予選で小林可夢偉が1分54秒448、マイク・コンウェイが1分54秒679をたたきだし、アベレージ1分54秒583でトップタイムとなった#7トヨタ・TS050ハイブリッドですが「TOYOTA GAZOO Racing」から小林可夢偉の車載映像が公開されました。
ちなみにその後の車検でチームのミスが発覚、タイム抹消となり、#7は決勝レースをピットレーンから1周後れでスタート、終盤#8に追いつき2位でゴールしました。トヨタがワンツーフィニッシュ!

TOYOTA GAZOO Racing WEC 2018-19 ROUND 1 TOTAL 6 HOURS OF SPA-FRANCORCHAMPS: Kamui Kobayashi onboard


おまけ。お客さん撮影動画
WEC Spa 6 Hours 2018 - Pure Sounds and Action !!