2018y08m14d_152003346

ロータリーロケット、マツダ・RX-7は排ガス規制や第二次オイルショックのあった1978年(昭和53年)にサバンナRX-7として初代(SA22C)が発表されました。ハイパワーのスポーツカーにとって逆風の時代に誕生した奇跡の一台、そのモデルチェンジの変遷がわかるビデオです。よりスポーツ色を高めた2代目のサバンナRX-7(FC3S)は1985年10月に発売。
チューンドカーとしても人気を誇った3代目(FD3S)は1991年に登場、3回のマイナーチェンジでターボチャージャーの高効率化などを行い最終的に280psまで馬力が高められています。ちなみに初代サバンナRX-7の12A型2ローター自然吸気エンジンはグロス値で130psでした。

Evolution Of The Mazda RX-7