C33B8F20-6BDB-4495-BA99-4AF4AB508C90

9月9日(日)に全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝レースが岡山国際サーキットで開催されました。荒天のためスタートディレイ、周回数減、セーフティカー先導スタート、赤旗中断、度重なるセーフティカーランなど先の読めない展開のなか、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)とのバトルを制し今季初優勝を飾りました。
可夢偉は序盤に首位に躍り出るもダブルヘアピンでコースオフして初優勝はお預け、2位でチェッカー。3位は平川亮。ポイントリーダーのキャシディは5位に入り差を僅かに広げています。

公式予選ダイジェスト
2018 SUPER FORMULA Rd6 Okayama QF Digest

決勝レースダイジェスト
2018 SUPER FORMULA Rd6 Okayama Race Digest