2018y09m27d_203925107

2018年2月6日、高速道路を走行中の平成15年式マツダ・RX-8 typeSがエンジンブローに見舞われた車載映像です。総走行距離65,000kmで壊れたということでマツダアンチが湧き炎上気味になった有名動画ですが未だ燻っているようなのでピックアップwww ロータリーエンジンとはいえ42,000kmで購入後2万キロ強走っただけでエンジンブローなんて信じたくないなぁ。
小まめにオイル交換やプラグ交換して圧縮チェックしておけばこうはならなかった可能性もありますが、クラッチも逝ってるしよっぽど前オーナーの管理が悪かったのでしょーか。。。視聴者のコメントには、自分が世話になってるクルマ屋の社長曰く、「ライトでもノーマルでも壊れる原因はエアクリ」、という気になる情報も。純正のエアクリーナーボックスはなかなか出来が良いんだそうで、安物にすると万事休す…なんてこともw ちなみに異変を感じたのは東北自動車道「浦和料金所」付近で、そこから誤魔化しながら走り、次の岩槻ICで停車、レッカーのお世話に…という流れでした。

[RX-8]エンジンブローの瞬間、ドラレコは見ていた!?
投稿コメント「高速道路を走行中に発生したエンジントラブルの記録です。ブローした瞬間から運ばれた後の様子がドラレコに記録されていました。購入時は42,000kmでした。購入時から圧縮は絶好調という訳ではありませんでしたが、まさか65,000kmでこんなことになるなんて……。ロータリーエンジンの状態は、走行距離だけでは判別できません。なるべく回すようにして乗っていたつもりですが、日常用途で何がエンジンにダメージを与えているか、きっといろいろな原因があるんでしょうね。」

RX8健康診断 その1 エンジンの調子を一発で見極める方法! とか・・・