2018y10m28d_024045384

全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「鈴鹿」の予選がおこなわれ、逆転王座獲得を狙う山本尚貴(TEAM MUGEN)がポールポジションをゲット!公式からPPラップ車載映像と予選ハイライト映像が公開!ポイントリーダーのニック・キャシディ(KONDO RACING)は4番手、ランキング2位の石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)はまさかのQ2敗退で11番手でした。
1周5.807kmのコースで叩き出したPPタイムは1分37秒909。イヤでも王者が決まる43Laps(または90分)の決勝レースは本日14時15分にスタートが切られます。

2018 SUPER FORMULA Rd7 Suzuka QF PP #16 Onboard

2018 SUPER FORMULA Rd7 Suzuka QF Digest


ギャラリー動画
Super formula チャンピオントークショー 鈴鹿 2018.10.27

Super formula 関口雄飛・平川亮・ニックキャシディ トークショー 鈴鹿 2018.10.27