2018y11m06d_174910946

10月12-13日にオーストラリア・シドニーモータースポーツパーク(イースタンクリークレースウェイ)で開催されたワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)の1時間ダイジェストです。世界各地より集まったチューニングカー世界最速決定戦には今年も日本のトップアタッカーが参戦会場を盛り上げたようです。動画49分03秒のアンダー鈴木のミラクルターンにシビレたwww さらに谷口信輝もHKSの86「TRB-03」でデモアタックを披露!(18分35秒から)
注目のプロクラスは1分19秒825のスーパーラップを刻んだRP968ポルシェが優勝。2番手に1分21秒398のMCAサスペンション・ハンマーヘッドシルビア。そして急遽アンダー鈴木がステアリングを握ったファイヤー安藤のエスコート ランサーエボリューションは1分27秒55でクラス3位でした(48分20秒から)。

2018 Yokohama World Time Attack Challenge, Sydney - October 12-13, 2018