2018y11m11d_204216090

栃木県のツインリンクもてぎで「2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」決勝が行われPPスタートのARTA NSX-GTがトップでチェカー。タイトル争いでは2番手スタートの山本尚貴/ジェンソン・バトン組 RAYBRIG NSX-GTが同ポイントのKeePer TOM’S LC500との直接対決を制し3位表彰台を獲得、チャンピオンに輝きました。
ゴール時の二台の差はわずか1.5秒という熾烈なバトルでチャンピオン争いが決着!バトンは参戦1年目で栄冠、そして山本尚貴はスーパーフォーミュラに続き二冠目。なんと双子の子供を儲けた年にダブルタイトル獲得という奇跡www ちなみにホンダ陣営は2010年以来8年ぶりの王座奪還でした。GT300クラスは黒澤治樹/蒲生尚弥組 LEON CVSTOS AMGがタイヤ無効間作戦をきめ優勝、逆転チャンピオンに輝いています。

2018 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL

関連記事
【スーパーGT】最終戦もてぎ 公式予選ダイジェスト映像&GT300クラスPP マネパランボルギーニGT3のオンボード