2018y11m15d_004522997

栃木県のツインリンクもてぎで開催された2018年スーパーGT第8戦もてぎで3位に入り、GT500チャンピオンを獲得した山本尚貴/ジェンソン・バトン組 #100 RAYBRIG NSX-GTのスタートからゴール、ウィニングランまでの公式オンボード映像が公開されました。
予選2番手でフロントロウを獲得したレイブリックは山本尚貴がスタートを担当、ポジションをキープしながらピットインのタイミングをのばし19周目からしばしトップを走ります(32:07)。そして29周終わりでピットイン(50:54)ジェンソン・バトンにドライバー交代するとレクサス陣営のZENTとバトル(55:50)、さらには後ろから迫るKeePer TOM’S LC500とタイトルをかけた熾烈な鬩ぎあいに突入しわずか1.5秒差でゴール(1:31:15)。ホンダ陣営は2010年以来8年ぶりの王座奪還、バトンは参戦初年度で初栄冠、山本尚貴はスーパーフォーミュラと二冠達成、チーム国光にとってはチーム初のシリーズチャンピオン獲得でした。

GT500 2018Champion RAYBRIG NSX-GT OnBoard / 2018 AUTOBACS SUPER GT Rd.8


2018 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI All Drivers Appearance


2018 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 MOTEGI グレイデッドドライバー表彰


バトンTV最終戦ダイジェスト
Jenson Button TV - Round 8 Super GT 2018 - Motegi (English Commentary)