2019y02m09d_151034039

2月9日、ニッサン/ニスモが2019年SUPER GTの参戦体制を発表しましたが、その中に22シーズンに渡り日産で活躍したベテラン本山哲の名前はありませんでした。日産自動車株式会社からは本山さんの参戦の軌跡振り返りムービーが公開されています。
1996年全日本GT選手権(JGTC)GT300クラスにHOSINO RACING #12 パーソンズシルビア(S14)でデビューすると、翌年にはGT500クラスにステップアップ。2003年にNISMO #23 XANAVI NISMO GT-R(R34)で初のシリーズチャンピオンに輝き、2004年はNISMO #1 XANAVI NISMO Z(Z33)で連覇、スパーGTに名称が変わってからの2008年にもNISMO #23 XANAVI NISMO GT-R(R35)でタイトルを獲得しています。そんな本山さんはニッサン/ニスモのGT500のエグゼクティブアドバイザーに就任!

Satoshi Motoyama #SuperGT 1996-2018