2019y02m18d_203319310

2015年の筑波スピード×サウンドトロフィー(SST)の目玉のひとつがこの企画。小林可夢偉のスーパーフォーミュラマシン「SF14」が筑波サーキット全開アタック、それまで脇阪寿一の持っていた非公式コースレコード46秒935(2001年にフォーミュラニッポンのレイナード99L/無限で記録)に挑むというものでした。その勇姿を伝える「VIDEO OPTION」のビデオです。
ちなみに、この日のアタックでは最速タイムを一挙に2秒以上も縮める44秒008をマークし新レコード(非公式扱い)を樹立!!

2015 筑波SST 小林可夢偉 フォーミュラマシンアタック V OPT 262


脇阪さんのFポンアタック
TC2000_Fポン_0'46"935