自動車

    2017y06m13d_050840946

    あっぶねぇ!突如現れたww トレーラーも慌てる気配がないしノーマークだったのか…今年の1月にユタ州で撮影された衝撃の瞬間がこちら。踏切が壊れていたのか!?それとも人為的なミス??列車が近づいているのに遮断機もシグナルも反応ナシ。おかげでユタ・トランジット・オーソリティー「フロントランナー」が踏切を横断中のFedExダブルストレーラーへ衝突、危機一髪の事故へと発展しました。荷室部分に突っ込んでドバーン!とお客さんの大事な積荷が散乱する、ド派手なハリウッド映画のようなシーン。セガールはどこに隠れてるんだよwww そろそろ出番じゃないのかwwww

    2017y06m13d_150401737

    アメリカのロボット研究所「MegaBots」が制作したジャイアントロボ「MegaBot Mk.lll」がデビュー。以前紹介した動画では、メガボットが初代プリウスをサンドバック代わりにパンチを披露していましたが、その時ボコボコになったプリウスにトドメを刺す動画が公開されています。なんとジャイアントロボ用の巨大ナイフを、上から落とすというもの。重さ約227キロ、全長3メートルほどのジャイアントブレードの威力はどんなもんなのか!?

    2017y06m12d_135530508

    ジェレミー・クラークソンとともに英国の自動車番組「Top Gear」の出演を辞め、アマゾン・プライムビデオの自動車番組「The Grand Tour」に移籍したリチャード・ハモンドが、番組収録中、スイスのヒルクライムレースで事故を起こしてしまいました。乗っていたのはクロアチアの企業「Rimac Automobili」がてがける2.8億円のEVスーパーカー「リマック・コンセプトONE」(市販バージョンは1億円ほどだそう)。最高出力811 kW(1088hp)の2ドアクーペで、左カーブを曲がりきれずにコースアウト!そして炎上。コンセプトONEは全焼し、ハモンドは膝の骨を骨折したそうです。リマックといえばモンスター田嶋のパイクスピーク車両「Tajima Rimac E-Runner Concept_One」を共同開発したのが記憶に新しいですね。

    2017y06m11d_221718433

    小学生低学年くらいの男の子に乗用車のハンドルを託し、茨城県古河市本町1丁目付近の一般道を走行する動画がインスタグラムに投稿され話題になっています。現在、YouTubeに転載されたりと、大炎上の火種がくすぶっているプチ炎上状態。一見微笑ましい光景だけど、こういう事するなら私有地でやったほうがいいんじゃないかなぁ。まんがいちエアバックが膨らんで子供がくらったら大怪我するだろうし… それにしても、なぜインスタに公開してしまったの!?数年前に「トイプードルを膝の上に乗せて運転した容疑で女性が逮捕」なんてニュースがありましたが、今回もその時と同じく「乗車積載方法違反」になるのかもしれない。

    2017y06m09d_125941250

    フェラーリ FXX Kは、マラネロ初のハイブリッドカーということで、名称にある最後のKはエネルギー回生システム「KARS」に由来しているそうです。V12 ICEとエレクトリックモーターで最高出力1050cv、最大トルク900Nmを発揮。ホモロゲーションやレギュレーションに妥協せず、技術革新のみを追及したという。サーキット専用車にも関わらずレース車両でないのが特徴。しかも購入交渉のテーブルにつけるのは長年フェラーリを愛用している者だけ。そんなフェラーリの思いがつまったエキゾチックカーがスパ・フランコルシャンやモンツァ、デイトナなどを駆けぬける!エキゾースト音を楽しめる4本の映像+オンボード2本です。

    2017y06m04d_133219052

    ベストモータリングから2009年10月号のビデオが公開されています。ポルシェ、メルセデスベンツ、フェラーリ、ランボルギーニなどのスーパーカーからオートバイなどにも装着され、モータースポーツでは高いシェアを誇っているイタリアのディスクブレーキメーカー「Brembo」の本社を訪問。アルミキャリパーやディスク工場を取材し、CEOなどにインタビューをおこなっています。工場内ではカワサキの産業用ロボットが稼働していたり面白い。ちなみに、1961年に設立したブレンボの社名は近くを流れるブレンボ川からとったのだとか。

    2017y05m26d_200135845

    東北自動車道・加須インター近くで、センターバックミラーを上下に2個つけた地元ナンバーの怪しいクラウンにベタづけした白いベンツ。追い抜きから6秒ほどで捕まる一部始終をとらえたドラレコ映像が1000万再生超の人気になっています。残念ながら音無し。はじめのカローラフィールダーは途中で気づいて引っ込んだのになぁ。ベンツは果敢に煽って覆面パトカーをどかしてしまいました。50km/h近くスピードオーバーというから運が悪ければ免停かな…

    2017y05m18d_141113006

    お姉さんww そこは駐車場じゃないんだ(´・_・`) 道路わきにあるPマークの標識は「路駐OK」という意味じゃないかなぁ…女性二人が乗ったメルセデス・ベンツが、壊れたフェンスの隙間からアパートの庭先へ無理やり入り込んでしまいます。アンテナのような金属の巨大な突起物を踏んでいるけど大丈夫か!?「あら、なんか様子がおかしいわね」なんてマイペースな感じで、ボディを柵に擦りながら脱出wwww 酔っ払ってる感じではない?シラフなのかなぁ…

    2017y06m03d_121846124

    全然辛口じゃなくてワロタwww 土屋圭市が日産の最新スポーツモデル、GT-R、フェアレディZニスモ、マーチNISMO S、オーテックマーチボレロA30の4台を走り比べする企画がWEB CARトップから公開されています。マシンを試すのは筑波サーキット。いつになく黙々とステアリングを握るドリキンの評価はいかに!?

    2017y06m07d_232132441

    上り坂で信号待ちをしていたら前のワゴンRが後退してきてぶつかってしまいます。パッシングもクラクションもまったく気づかないってどうなの…ワゴンRから出てきた83歳のお爺ちゃんは「そっちが追突した」の一点張りだったそうです。図太い神経というか、本当にそう思ってるのかもしれない。だとしたら怖すぎる。ちなみに、警察にドラレコの映像を見てもらったところ「画面が小さくて分かりにくい」という反応だったそう。そういうもんなのかなー!?事故自体は相手が高齢なこともあり「無かったことにしよう」と握手して終わったといういい話。

    2017y05m27d_175617365

    「VIDEO OPTION」の古き良き時代のビデオが人気になっているので紹介します。V-OPT名物「湾岸の千葉君」がオービスを光らせてしまった回。免許取り消しになっても有名チューナーを追いかけ、自転車で首都高速湾岸線を走って大黒PAへ来た千葉君。完全にアウトじゃないかww 現代ならDQNとして晒されてしまうwww ちなみにvol.117は2003年11月26日に発売されています。それでも13年前かぁ、ゆる〜い昭和の香りがまだ残ってたんですね。

    2017y06m03d_125236324

    渋滞にハマり交差点で停車していたクルマが、子供が飛び出す恐怖の瞬間をとらえていました。兄妹おぼしき二人が小走りで来ると、十字路入口では慎重に右側をチェックしていたのに、左はノールックで一気にダッシュ!見通しが悪い交差点ほど焦りは禁物なのに…おかげで左手から来た白いフィットと鉢合わせて撥ねられそうになってしまいます。フィットのドライバーはイヤな予感がしたのか、キープレフトで走っていて正解でした。もし、もう少し中央を通過してたら。。。女の子は「ドラレコ車が動き出さないうちに早く行かなきゃ!」と、焦って飛び出してしまったのか。

    2017y06m03d_131525290

    「TOYOTA GAZOO Racing」は、2017年のニュルブルクリンク24時間レースに「レクサスRC」を投入。井口卓人、松井孝允、蒲生尚弥、矢吹久の4名のドライバーと共に、SP3Tクラスに挑みました。長丁場のレースではクラス2番手からスタート。他車と接触するトラブルもあったものの、カナードの交換とボディサイドの修復だけで大事には至らず。ナイトセッションも順調にクリアすると、終盤に降った雨により余計なピットインを余儀なくされるも、無事に24時間を走り切りクラス2位でゴールしました。「TOYOTA GAZOO Racing」から公開されているダイジェストムービーです。

    2017y06m03d_130648270

    本来ならアクセサリーとして、リムの深いホイールに使用するトゲトゲロングナット。ところが、ただでさえ危険なトゲトゲナットを、わざと殺傷能力を高めた付け方をするDQNがいるそうです。その警鐘ビデオ。さすがにホイールから10センチも飛び出ているのダサいんじゃないかww 足下だけに漂うヒャッハ〜な世紀末臭www すれ違う時に危なすぎる。実際にふくらはぎの肉をえぐられた人もいるんだしやめてほしいなぁ。よーく見るとナイフ型っぽい?そんなタイプもあるんですかね??

    2017y05m27d_175907437

    ドリフト大会などに出場している女性レーサー塚本奈々美がエキゾチックカーをドライブするシリーズ「美女と野獣」がベストモータリングより公開されています。世界限定3台「ケーニグセグ・アゲーラRSR」、3億円!「ブガッティ・ヴェイロン」、夢のダブルネーム!メルセデスベンツ×マクラーレン「SLRマクラーレン722S」の3本。ヴェイロンの純正ボディカバーの値段にびっくりww バカ高いんだけど本体の価格からすると安く思えてくる不思議www

    2017y06m01d_023527120

    巨大ワームの化物でも出てくるのかと思ったwww ウクライナ・キエフの監視カメラが衝撃の瞬間をとらえていました。道路が盛り上がったかと思うと一気に爆発!6平方メートルほどの大きくあいた穴からは濁流が流れ出て、駐車していた車が破損するなど被害がでました。水はビルの7階ほどまで飛び跳ねたそうですが、原因は使われていない古いパイプに水を通したことだとか…クルマが通行してない時で良かった。怪我した人はいなかったそうです。日本のテレビでもとりあげられた人気動画。

    2017y05m27d_180254596

    土屋圭市がポルシェ911の5代目モデルである、ポルシェ996のGT3モデルを駆り、伊豆にある修善寺サイクルスポーツセンターで超絶ドリフト!2000年ベストモータリングのビデオが公開されています。難なくドリフトをかましたようにみえるけど、ドリキン「こういうワインディングで、僕にグローブをハメさせるクルマってのは少ないですよ!」の一言。

    2017y05m31d_233816819

    前を走っていた白いセダンが、何の前触れもなく突如横転してしまうびっくり映像です。土管内で爆発がおきた訳ではなさそう?開きかかっていたマンホールの蓋に左前輪が引っ掛ったのか、セダンはあっという間に横転してしまいます。右に動くのに気をとられ障害物と化したマンホールに気づかなかったくさい…その前のクルマは避けたのに残念。

    2017y05m13d_075055226

    5月はじめ頃に話題になったトヨタ・アメリカのおバカな挑戦の記録映像です。そのプロジェクトとはトヨタ・ランドクルーザーでの最高速挑戦。「LAND SPEED CRUISER」と名付けられたランクルは5.7L V8エンジンにツインターボを搭載、最高出力はなんと2000HPまで高められ、スピードチャレンジ仕様にチューンナップされています。今回、このシャコタンのランクルが叩き出した記録はなんと時速370キロ!見事、世界最速SUVに認定されました。

    2017y05m27d_115200318

    シンプルな方法で人々を感動させるロシアのストリートアーティストが人気になっています。なんと、砂埃のべったりとつく汚れたトラックの荷台をキャンパスがわりに絵を描くというもの。刷毛や指を使って器用に汚れを落とし陰影をつけていくと、今にも動きだしそうなリアルな動物が完成します。この発想はなかった、描くスキルといいすげー。もし日本に来たら是非とも作品を残していってほしいけど、ここまで汚いトラックはレアだから活躍の場がないかなぁwww

    このページのトップヘ