自動車

    2017y07m22d_121141503

    あんたは石原軍団のつもりかよっww 素人はそんなスピードでターンできないと思うぞwww 監視カメラの前で派手に失敗したレンジローバーが人気になっていました。2ヶ月ほど前に公開され現在180万回近く再生。ここまでキレイに映ってればカメラのオーナーも「おっしゃ!投稿したる!!」って気分になるよね。ちなみにドライバーにケガは無かったそうです。

    2017y07m20d_142732313

    無理矢理抜いてきたBMWが赤信号につかまりシビレを切らせて発車!右折車と事故てしまう。よっぽど急いでいたのか…右折車がウィンカー出してるのに気づかなかった!?わざと当てたようにも思えるけど、どうなんでしょう。被害者のインサイトは右リアドアやフェンダーが凹む被害がでてますが、翌日、動画撮影者が警察に問い合わさせたところ、事故の届け出はないと返答があったそうです。こんな怪しい車と示談なんて嫌な予感がするなぁ…ドラレコ4本です。

    2017y07m22d_125203324

    7月27日(木)から30日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権第9戦「ラリー・フィンランド」。高速ドリフトとビッグジャンプが魅力の真夏の超高速グラベルラリーですが、各チームの直前テストの様子が複数のアカウントからアップされています。今回は、ホームイベントといえる「TOYOTA GAZOO Racing」の今季2勝目なるかが注目されますが、テストでも本気モードの豪快なジャンプをみせています。ちょっと期待してしまう。その他、好調のヌービルやMスポーツ勢、お休みから復帰するミークなど、ライバルの走りも気合十分!ちなみにこのテスト中にオジェのフィエスタが大クラッシュしましたが怪我はなかったようです。探したけど映像はありませんでした。

    2017y07m22d_140450070

    何故こんな場所にいるんだよww 走破性を試していたのだろうけど大惨事に発展www レールとレールの間に見事に嵌まり、身動きがとれずにスタック、タイヤも空回りという最悪なパターンですね。そんな折に列車まで迫ってくるというバッドタイミング!ドライバーもギリギリまで粘るもたまらずに脱出!!おかげで、ロシア版ジープ「UAZ-469」が無惨な姿に…

    2017y07m22d_120251073

    この霞んで見える部分は全てバッタか(°_°)あらゆる植物を食い尽くして進む「飛蝗」ってヤツですかね。ちょっと調べたら、あるバッタ類は、個体数密度が高くなった地域で世代交代を重ねると、本来とは違う姿となる「相変異」をおこし、群れをなして移動するのだそうです。ってマジかよ…生態も不気味すぎるwww

    2017y07m22d_135002098

    これはワロタwww 普段から標識とか見てないんだろうなぁwww 東京都杉並区高円寺にある青梅街道と環七通りが交わる「高円寺陸橋下」の交差点で、白バイ隊員がせっかく合図をくれたのに気づかず違反してしまうアクアのビデオです。違反車両が走ってきたのは青梅街道の一番左側ですが、この場所は時間指定でバス専用になっています。一般車は交差点で左折する準備で通行する事が許されていますが、直進したらアウト!隊員は違反確認から約4秒で白バイを走らせ追跡!!速攻で捕まってしまいました。アクアは何変なジェスチャーしてんだろう?ぐらいに思ってたのかもねぇ…

    2017y07m22d_124229235

    電子レンジの中でエアバッグを膨らませ、レンジが破壊される瞬間をスローモーションで撮影したビデオが人気になっているので紹介します。ほとんどのエアバッグの基布には「ナイロン66」という化学繊維が使われるそうですが、随分丈夫なんですね。レンジの蓋を数メートル吹っ飛ばし、キャビネットも歪ませてしまった…ちなみに耐火性や高温下での強度保持性があるからエアバッグに採用されているのだとか。

    2017y07m17d_210450545

    2017年の「マウント・ワシントン・ヒルクライム」は、スバル・ラリーチームUSAのトラビス・パストラーナが600馬力のスバルWRX STIでコースレコードを更新、スバルからすでに車載映像が公開されていますが、第二弾で360°VRオンボード映像も公開されました。ターマックとグラベルの入り混じる7.6マイルのコースを、5分44秒72で駆けぬけたランをパノラマで!自分でグリグリして見たい方向を見れるビデオです。

    2017y07m20d_150905991

    イギリスの路上に登場した当たり屋があまりに酷いと人気になっています。スクーターを押していくと見せかけバックでクルマへドーン!からのボンネットへダイブww まるでアクセス稼ぎのヤラセじゃないの!?なんて疑いたくなる光景…ドライブレコーダーの普及している時代に何してるんだろう。当たり屋の被害女性がカメラを指差すと一目散に逃げる2人組(目撃者役と轢かれ役)でした。もしドラレコを搭載してなくても、カメラが付いてるぞ!と言い張り警察を呼べば逃げていきそうですね。アホすぎるwww 日本でも大手サイトで紹介され話題になっていましたが、現在130万回以上再生されています。

    2017y07m18d_124601459

    愛知県豊田市を通る国道301号線、矢作川付近で撮影されたドラレコですが、豊田ナンバーのハイエースの動きがDQNすぎたので紹介しますww まずはノーウィンカーで割り込んでくると、咄嗟のクラクションを鳴らしたドラレコ車両に殺人ブレーキとしつこく幅寄せ、交差点では右折車線から直進し信号無視までして走り去るという「DQN」の様式美をみせてくれます。いくらトヨタのお膝元でも酷すぎる運転じゃないかなwww

    2017y07m06d_143116892

    ロシア連邦ハンティ・マンシ自治管区の都市ニジネヴァルトフスクで撮影された、びっくり追抜きです。スキール音とともに車載カメラに映ったのは、裏側をみせ火花を散らしながら抜いてゆくSUVの姿でしたww 対向車に気づかず車載カメラの車両を抜こうとしたのか、どうせイケイケドンドンな走りをしていたのだろぅwww SUVの中にいた4名は軽傷ですんだそうです。

    2017y07m15d_115846084

    これは車載映像が無ければ揉めたかもしれない。素人目に見ると、追突されたポルシェ・ボクスターにもちょっと責任があるように思えますが、10:0になったという車載映像です。前が渋滞して、車線変更を試みたボクスターが途中で諦め、元の車線でブレーキをかけ停車。そこへスクーターがドーンと追突して来ます。保険会社のパワーバランスもあるだろうけど、完全に停車した所へぶつかって来たから10:0という判断なのかなぁ。映像が残っていて良かったですね。

    2017y07m15d_130458293

    イギリス人スタントドライバーのテリー・グラントが、ジャガーの新型SUV「E-PACE」でバレルロールを成功させギネス世界記録を樹立しました。そのビデオがジャガー公式から公開されています。15.3メートルの距離を飛びながら270度回転をきめるなんて怖すぎぃ(ll゚Д゚) こんな過激なパフォーマンスをしておいてホームページには「家族のために設計された室内空間の〜」なんて書いてあってオモシロイ。

    2017y07m01d_135402755

    VIDEO OPTIONの「いかす乗り物天国」スカイライン歴代7車種を紹介するビデオが公開されています。1957年に登場した初代SKYLINE〔ALSI-1〕から2代目SKYLINE〔S54B〕、若者の憧れの的!3代目SKYLINE〔(P)GC10〕ハコスカ、ケンとメリーのCMでお馴染み4代目SKYLINE〔(K)GC110〕ケンメリ、「日本生まれの日本の名車」がキャッチコピー5代目SKYLINE〔(K)HGC210〕ジャパン、パワーアップでバカッ速!6代目SKYLINE〔DR30〕鉄仮面、7代目SKYLINE〔HR31〕7thスカイラインまで、稲田大二郎が一気に試乗!歴代すべて個性的なのが魅力の一つですね。

    2017y07m15d_122407246

    右折時に逆走しはじめてしまったワゴン車の踏んだり蹴ったりな結末をとらえたドラレコです。曲がってすぐにドラレコ車と対峙、間違えに気づいたのか、焦ってハンドルを切りセンターポールに接触します。そこから強引にポールを踏みつけ脱出、脇道に入ろうとした時にまさかのパトカーが登場ww あえなく捕まってしまうwww たった20秒間が魔の時間帯に…どうも判断力もイマイチだし飲酒の可能性もあるかもしれません。

    2017y07m13d_142252410

    ベストモータリング2008年10月号のビデオが公開されています。この号のテーマは2007年9月にデビューした、6代目ポルシェ911(997)GT2。1948年の創業以来最高のスポーツカーをつくり続けてきたポルシェが、世界最高峰のパフォーマンスを与えたモデル。そんな911をドリキンや服部尚貴がテスト!当時デビューしたての日産GT-R (R35)やホンダNSX タイプRと比較したり、筑波サーキットで5周バトルを行います。プロドライバーのリアクションは!?

    2017y07m10d_154220589

    Red Bullとマツダのサポートをうけワールドワイドに活躍するマッド・マイク・ウィデット。2017年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では新たに手に入れたおニューのピックアップトラックでドリフトをキメていました。コース脇から撮影されたデモランシーン。「RUMBUL」と命名されたこのマシンは、マツダREPU B2000スタジアムトラックを改造、自然吸気のマツダ13B型2ローターエンジンをミッドシップ搭載しています。

    2017y07m13d_132350299

    トラビス・パストラーナ(スバル・ラリーチームUSA)の#199 「WRX STI」が「マウント・ワシントン・ヒルクライム」でレコードタイムを樹立!スバルからその時のオンボード映像が公開されました。チームメイトのデビッド・ヒギンズが前大会2014年にたたき出したレコードタイム6分09秒095を15秒も更新する5分44秒72を記録しています。ターマックやグラベルの入りまじったコースで迫力のヒルクライムラン!ここはパイクスピークより道幅が狭そうですが、こちらもガードレールはナシ(°_°)

    2017y07m12d_222238807

    これは笑えるけど地味〜に危ない(´・ω・`) このパターンで轢いてしまう事故は日本でもあるのだろうなぁ…歩道の段差につまづいた酔っ払い男性がゾンビのような動きで車道に飛び出てくる車載映像です。ドライバーが気に留めていたため止まれたけど、向こう見ずなイケイケ運転手ならヤバかったかも。映りこむタイミング良すぎやろwww ロシア系の映像3本!

    2017y07m12d_002330551

    2017年5月31日、メルセデス・ベンツの歴代Eクラスで最速のパフォーマンスを誇る「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」がデビュー。V8DOHC 4.0リッター直噴ツインターボで、612馬力、850Nm、0-100km/h加速が3.4秒というモンスターセダンですが、なんと、4輪駆動なのにドリフトができる「ドリフトモード」が搭載されています。「WEB CARトップ」からドリキンこと土屋圭市がドリフトを試したり高速インプレッションをおこなうビデオが公開されました。メルセデス・ベンツのイメージを覆す「ドリフトモード」を試したドリキンの評価は!?

    このページのトップヘ