モータースポーツ

    2017y08m18d_133138081

    8月17日(木)に開幕した、FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦「ラリー・ドイチェランド」のシェイクダウンとSS1のハイライトやオンボード、カメラマン撮影のアタック集をまとめてみました。SS1ではWRC2クラスのヤン・コペッキー(シュコダ)がトップタイムを記録。トヨタ・ヤリスWRCはラトバラが6位につけています。そしてシトロエンのエース、クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)が早速コンクリートの餌食に…オートスポーツには「シトロエンのミークがSS1クラッシュの波乱」とタイトルがうってあったけど、はたして波乱なんですかねぇ。。。高確率でクラッシュしてる今シーズン。このままだと、来年ミークの姿が見れなくなってしまうかも。このどん底から挽回なるか!?

    2017y08m17d_134710716

    7月21日に「スバル・WRX STI タイプRA NBRスペシャル」でニュルブルクリンク北コース・ノルドシュライフェでタイムアタックを行い、見事4ドアセダン最速の称号を獲得したスバル。プロドライブがチューニングしたマシンで6分57秒578という驚異的なラップタイムを記録しましたが、その模様を伝えるスペシャルムービーを公開しています。ドライバーはリッチー・スタナウェイ。このタイムがどれほどかというと、ランボルギーニ・ウラカン・パフォーマンスが今年記録したタイムが6分52秒01。日産GT-Rニスモが13年に記録したタイムが7分08秒68です。

    2017y08m17d_113652526

    6月3日に開催されたウィリアムズ40周年記念イベントで、往年のレーシングカーから最新のFW40までがデモランをおこないました。ウィリアムズから、各マシンの走行シーンを少しずつおさめたムービーが新たに公開!1977年に「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」としてはじめてF1に参戦したマーチ761にはじまり、ウィリアムズとして初めて制作したFW06、アラン・ジョーンズのFW07、6輪マシンFW08B、マンセルのチャンピオンマシンFW14B、ヒルのチャンピオンマシンFW18、2014年のFW36、そして2017年のFW40がシルバーストンを駆け抜けています。

    2017y08m17d_123505869

    8月13日、ニュルブルクリンク北コース・ノルドシュライフェの一般走行で10台が絡む多重事故が発生。原因はオイル漏れだそうですが、危うく事故に巻き込まれかけたセアト・レオン クプラとBMW M135iの車載映像です。アウディR8に追突したBMW Z4は、いったんコース外へはけたように見えるけど、その後つっこまれた!?後から来たM135iの車載カメラ(サムネイル)ではコースの反対側に移動し、くしゃくしゃにオカマをほられた跡があります…「Motorsport.com」によると、10人が病院に搬送され、4人が重傷ということです。

    2017y04m17d_125436335

    絶妙なフレームインじゃないかww ドラッグレースでライバルのシボレー・カマロのクラッシュをイイ感じで映した車載ビデオが140万再生の人気に!コントロールを失ったカマロがデブリを飛ばすと、シボレー・ノヴァの車載カメラに命中。角度が変わったカメラは、場外へクラッシュしていくカマロの姿を、ほぼ真ん中でとらえていました。ナイスカメラマンwww

    2017y08m16d_002254321

    中嶋悟が1988年のF1世界選手権で使用したマシン「ロータス・100T」シャシー#5を、黒澤元治がドライブしてみた、1990年ベストモータリングのビデオが公開されました。88年のロータスは車体開発に失敗、同僚で前年王者のネルソン・ピケの最高位が3位でドライバーズランキング6位。中島悟は最高6位でランキング16位という渋い結果でした。過去にウィリアムズを走らせたという黒澤元治は、ホンダの1.5L V6ターボエンジン最後のマシンをどう走らせたのか!?ガンさんが照れくさそうに「五十のおじさんにこんなもん乗らせるなよな!」と文句つけるあたり、昭和の漢という風情でイイですね!本当はF1に乗れて嬉しいくせにwww

    2017y08m16d_005822221

    懐かしのレイトンブルーがスパ・フランコルシャンを駆け抜けた!日本のバブル時代のモータースポーツを象徴するマシンのひとつに、レイトンハウスカラーのグループCカー「クレマー・ポルシェ962C」がありますが、そのポルシェが、ベルギーで開催されたイベント「スパ・クラシック 2017」で走りました。その時のオンボード映像!F1のカラーリングもかっこいいけど、こちらもパステルカラーが映えて綺麗ですねぇ。

    2017y08m11d_193411293

    8月17日(木) から 20日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦「ラリー・ドイチェランド」にあわせ、WRC公式から、2015年大会のロバート・クビサ(フォード・フィエスタRS WRC)のオンボード映像が公開されています。ステージはブドウ畑の丘陵地を縫うようにひろがる、SS9「Grafschaft1」。クビサは、狭い農道を駆けぬける18.35 kmのスペシャルステージを11分01秒でフィニッシュ、総合12番手タイムを記録しました。

    2017y08m10d_142929989

    なんだよ、デビュー4戦目で優勝したラッピがランクインしてないじゃんww 一番のニュースだと思うんだけど、どうなんでしょう。FIA世界ラリー選手権第9戦「ラリー・フィンランド」の出来事TOP5が公開されています。5.デビュー2戦目のテーム・スニネンが地元フィンランドでポディウム争いに絡み絶好調!4.SS4でオジェがクラッシュ、コ・ドライバーが体調不良に陥りリタイア。3.ジャンピングスポットでヌービルのコ・ドライバーがスマホを吹っ飛ばすww 2.オストベルグがオウニンポウヤのジャンプスポットで50メートルかっ飛ぶ!1.終盤のSS24で、総合2番手だったスニネンがまさかのクラッシュで後退、4位でフィニッシュ。以上がトップ5でした。

    2017y05m09d_124328817

    今はもう制作できない!?VIDEO OPTIONの伝説回「湾岸の千葉君」特別編「東名キャノンボール」。有名な動画です。キャノンボールといえば、誰が一番早く目的地に着くかを競う非合法レースですが、東名高速「海老名SA」に各地から集結したRX-7と一台のスープラが足利SAまでキャノンボールラン!オービスがスタート地点とかナメてて笑うww メーカーのワークスドライバーが収録に参加してるのも時代を感じますね。時は15年前の2002年、まだまだユルイ時代でした。

    2017y08m12d_015124718

    ポーランドで開催されたヨーロッパラリー選手権(ERC)第5戦「ラリー・ジェシェフ」で、ACIチームイタリアのトヨタ「GT86 CS-R3」がカメラを持った観客の前で大クラッシュ!ディッチにはじかれコントロールを失った86が、回転しながらカメラを持った観客の目の前を通過、危うく人を巻き込む寸前のギリギリの事故でした。そのシーンが含まれたERC第5戦のクラッシュ集です。

    2017y08m12d_012552114

    (((ll゚Д゚)))徐々にライフスペースが狭くなる恐怖…ポーランドで開催された、ヨーロッパラリー選手権(ERC)第5戦「ラリー・ジェシェフ」で、テストでの負傷から復帰したアレクセイ・ルキヤナク(フォード・フィエスタR5)が激しくクラッシュしました。そのオンボード映像がERCから公開されています。SS2のゴールまであと4kmというところで右コーナー出口のディッチにヒットし5、6回転するド派手な事故でした。ロールゲージが歪む様子がわかる2番目の車載映像が怖すぎる…ついでに、同じく大転倒したグライジンのオンボードも一緒にピックアップしてあります。

    2017y08m12d_001518638

    テスタロッサに余裕で勝つNSXかっけー!そのNSXを止まってるかのように見せるフォーミュラカーすげぇ!!ってなる、1991年発売のベストモータリング「ホンダ特集」の動画4本が公開されました。無限エンジンのF3000のゼロヨン加速は圧倒的ですね、最高速ではNSXも奮闘し12km/h差まで迫っています。他に、ロードスターとコラードを交えたホンダ車のホットハッチバトルも熱い!ロケーション:筑波サーキット、日本自動車研究所。出演:黒澤元治、土屋圭市、服部尚貴、大井貴之、他。

    2017y08m11d_210056060

    バイキングの血を受け継ぐノルウェー人でも苦悶ww ヨーロッパラリー選手権(ERC)第5戦ポーランド・ラリージェシェフに参戦したマッズ・オストベルグのフォード・フィエスタR5に、パワーステアリングのトラブルが発生。重ステになったマシンでターマックラリーに挑むオストベルグの表情に思わず爆笑www グラベルならそんなに苦労しなかったのかもね。笑

    2017y07m22d_143816550

    2000年発売のHot-Version vol.43で、自動車のリアにつけるエアロパーツのひとつ「GTウィング」を大研究しています。ライトチューンのS14シルビアで、有る無しの挙動やスピードの違いを検証。ウィングがあると、筑波サーキットのダンロップから2ヘア手前までベタ踏みでイケたり、明らかな違いが!後半はGTウィングを装着している読者マシン(RX-7、ロードスター、MR2、シルビアなど)を土屋圭市が走らせてチェック!

    2017y08m10d_144634167

    7月30日(日)、ハンガロリンク・サーキットで開催されたF1世界選手権 第11戦「ハンガリーGP」でファステストラップを記録したフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ MCL32)。そのオンボード映像が、ファステストラップアワードを主宰するDHLから公開されています。アロンソはレース終盤の69周目に1分20秒182をたたき出し最速ラップを記録、6位に入賞し貴重なポイントを獲得しています。

    2017y08m10d_135734544

    8月6日(日)、SUPER GT第5戦の決勝レースが富士スピードウェイで行われ、開幕から4連勝中のLEXUS LC500勢は重いウェイトハンデや燃料リストリクターの影響で苦戦を強いられながらも奮闘、#23 MOTUL AUTECH GT-Rと熱いバトルを繰り広げるなど、立川祐路/石浦宏明組 #38 ZENT CERUMO LC500 が3位表彰台を獲得しました。中嶋一貴/ジェームス・ロシター組 #36 au TOM'S LC500 が4位フィニッシュで、ロシターがランキング首位に浮上!LEXUS陣営は6台全車がトップ10フィニッシュでした。TOYOTA GAZOO Racing公式映像です。

    2017y08m09d_172538794

    エースのクリス・ミークに不信感を抱いていると噂のシトロエンが、2015年モンテカルロを最後にWRCから遠ざかっているセバスチャン・ローブをテスト。最新のWRカー「シトロエン・C3 WRC」をドライブする姿がシトロエンから公開されました。現地で活動するカメラマンが映したテスト風景と一緒にピックアップ!FIA世界ラリー選手権9連覇の絶対王者が、来年からWRC復帰の可能性がでてきましたね。これは楽しみ。

    2017y08m07d_010822763

    「ザ・グレン」の愛称で親しまれるアメリカ・ニューヨーク州のワトキンズ・グレン・インターナショナルサーキットでは、毎年、2.45マイル(3.9km)のロードコースで、NASCARスプリントカップ・シリーズが開催され、数々の名シーンが生み出されています。今年の大会にあわせ、NASCAR公式から「グレンのワイルドな出来事10選」が公開!サムネイルは2011年のファイナルラップで大クラッシュを喫したデイビッド・ロイティマンのカムリにしました。名物の乱闘もしっかりランクイン!

    2017y08m07d_012449252

    「トラクター・プリング」とはトラクターの基本性能である牽引能力を試す競技で、エンジンが数機搭載され、9000馬力を出力するモンスタートラクターが登場する歴史あるイベント。数トンある錘を規定の距離まで引っ張ったり、どれくらい長い距離を牽引できたかを競います。クラス分けも、サイズ、エンジン、燃料などで、10クラス以上に分かれてるんだとか。そんな漢のイベント「Tractor Pulling Bicinicco 2017」の迫力のラン!ちなみに、昔は馬に引かせてたみたいです。

    このページのトップヘ