船・ボート・水の乗り物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    SnapCrab_NoName_2015-8-29_0-52-26_No-00

    幅16メートル、長さ91メートルの英国タンカー“ GALWAY FISHER”がアイルランドのゴールウェイ港に入港するシーンを上空から捕らえたタイムラプス映像。なんかタグボートが生物っぽい動きになってるのがキモイけど、早送りでみると実にスムーズな着岸。操舵もカメラワークも絶妙だ。この映像はドローンから撮ったのかな、少し前の時代ならこの絵を撮るのに凄い金額がかかりそうだw面白いと世界で人気になってる空撮。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y07m30d_165108677

    美貌といわれていた90年代が懐かしい!ジュード・ロウ最新作「ブラック・シー」は、その名の通り黒海に沈む1艘のUボートをめぐる物語。サルベージ会社をクビになった主人公が船長となり、集められたイギリスとロシアの船員と一緒に、旧式のオンボロ潜水艦で深海に眠るUボートへお宝をとりに行く。ロシア海軍の艦隊がうようよする黒海で、別々の国籍の乗組員と共に、無事、宝を引き上げられるのか?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    SnapCrab_NoName_2015-8-14_2-0-58_No-00

    重い割に速いとは聞いていたけど、あまりのスピードにちょっとワロタwwwエンジンの唸りをあげたボートに追いついたあげく、意表をついた位置に顔出してきたwwたしか世界で最も人を殺してる哺乳類なんだっけ!?爬虫類のワニよりも上だとか、この威嚇の迫力ならそうであっても驚かないな…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y08m06d_223346622

    巨大生物スゲー!!!ってなるドローン映像、地球の浪漫を感じる…恐竜時代とかこれよりデカイのが五万と居たワケでしょ!?色々妄想しちゃう…でもよーく見ると意外とボートが小さいねw乗客目線からみるとそれ程大きなクジラじゃないのかも。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y07m03d_014612089

    こういうのって、どうやって調教したんだろうか!?ただ単に辺りに陸が無いから手ごろな場所に乗っただけ?それにしてはポーズがキマリすぎだし…顔が若干ドヤってるのもいい感じ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y06m30d_001640129

    海上自衛隊の水中処分員と呼ばれる専門知識を持った隊員達が小型ボートに乗り込み、海上に浮遊している機雷を処分する訓練の様子がコチラ。実際の機雷を使った年に一度の訓練という事で迫力もすごいけど、隊員たちの「よっしゃー!!」にワロタwww本番でも、爆破するたびに毎回やるんだろうか…というより是非ともやって欲しい、物事なんでも楽しく熟さないと!ちなみに、戦後、掃海部隊が処理した機雷はおよそ7000個だそう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y06m15d_121701537

    ボートに乗ろうと岸で待ってるんだと思ったら、ボートがまき散らす水で体を洗おうとしてるだけだったw結果はやっぱり大失敗!ちょっとパワーがありすぎたらしい、むしろもっと汚なくなっちゃったwww

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y06m09d_214314853

    中国では今、自作潜水艇や飛行機がブームらしい。このサブマリンは養鶏を営むタンさんが制作。8メートルの深さに達した時は水圧でつぶれかけたらしいけど、(やっぱり)脱出装置なんて付けてない!こんなの勇者しか乗れないよ…安っぽいつくりだし水深3メートルくらいで不安になる。さすがの家族もあきれ顔wでも浪漫があっていいな、日本人が忘れた魂を持ってる。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y06m08d_021549888

    世界最大級の豪華客船オアシス・オブ・ザ・シーズ(Oasis of the Seas)は、船というより、街そのものが移動するといっても過言ではい、ちょっと凄すぎるメガシップ。船内を全部周らないうちに、目的地に着いちゃったりして。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    SnapCrab_NoName_2015-5-30_22-23-47_No-00

    40メートル級のメガヨット“ソラリス”の紹介ビデオ。ジャグジーやジムなども完備された高級感あふれる内部を観てると、なんとなく幸せな気分になってくるから不思議wチャーター専用のこのヨットを1日貸し切るには300万円ちかく必要らしい…さすがにお高い!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    SnapCrab_NoName_2015-5-20_0-7-39_No-00

    スノーボードのブーツを改造してフライボード的なものを作っちゃったバイキングみたいな風貌のオッサン。いざジェット水流をぶっ放したら、捻りをキメながらカメラの方に飛んできた!!!もう少しで水上スキーを玉砕するところだよ…危険すぎるwww

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y04m20d_152534380

    こちらはパワーボートに搭載されたGoProカメラがとらえた映像。ちょっとしたウェーブに乗った反動で、まるで飛行機のテイクオフのようにスムーズに空へ飛び立ちバックフリップをきめクラッシュ!映像をみてるだけでもジェットコースターに乗っているような感覚に…ドライバーはさぞ怖かったことでしょうw最後のマシンが沈みゆく音が悲しい。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    SnapCrab_NoName_2015-5-12_23-4-0_No-00

    アルゼンチンのプエルト・マドリンの海でホエール・ウォッチングしてたら、漕いでたシーカヤックの目の前にクジラが急接近してきた!何をされるかわからない、かなり緊迫した事態…だと思うのですが、二人とも呑気に喜んでるwいやいや、かなりデンジャラスだから!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y05m09d_010025012

    今年の夏に横浜、神戸などに寄港する豪華客船、『Quantum of the Seas(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)』(全長348m、167,800トン、乗客定員 4,180名)。2014年11月に就航したばかりの真新しい船内には、カジノやシアター、プール、ライブ会場、ゴーカート場、バスケットコート、ボルダリング(クライミング用の壁)、海上約90mからの絶景が楽しめる宝石型展望カプセルやスカイダイビング体験施設などが入る。もちろんお洒落なバーやレストランもあり、ロボットアームが自動でカクテルを作ってくれるコナーもwそんな豪華内部を覗いた映像!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y04m09d_003542887

    軍用チヌークヘリコプターの3000馬力になるターボシャフトエンジンを用い時速320キロオーバーで推進する水上モンスターマシンにGoProつけてみたド迫力映像です。衝撃でパーツが外れるパワーボートの凄まじさ…クラッシュ時のインパクトもヤバそうですねー。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y03m05d_133031456

    第二次世界大戦中の1944年10月にフィリピン沖で撃沈された日本の戦艦・武蔵とみられる船体がマイクロソフトの共同設立者によって発見。フィリピン中部のシブヤン海の1000メートルの海底で撮影された映像には「開」などの漢字が書かれたバルブや89式高角砲、46cm主砲の砲塔、カタパルト、巨大なアンカーなどが映っている。※6日に公開された新たな映像も追加。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y02m18d_172623714

    奄美大島・名瀬港沖で行われたイベント『JCGキャラバン奄美の海 2010』で、海上保安庁の乗組員が巡視艇『いそなみ』の甲板の上でAKB48のヒット曲を踊るという、笑えるパフォーマンスを魅せてくれました。結構な揺れのなかバランスをくずさず踊りきるのはさすが海猿ww体幹整ってるぅwww

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015y01m01d_152423557

    3人の子供が乗った一艘の小舟が大型船に近づいて来たと思ったら…まさかのスタント要素満載な乗り換え方法に目が点になってしまうw

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2014y12m29d_120711777

    水路が張り巡らされ『水の都』として有名なイタリアの観光地ヴェネツィア(ベニス)。その街の1日をタイムラプス撮影してみた面白映像です。車に代わって忙しなく水路を行き来する船の数が半端ない!水の都と呼ばれる理由がよーくわかったかもw

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    image

    国籍を持たず、海上に家を建て、海で生まれ海で死ぬといわれるバジャウ族。一昔前はボートで移動しながら一生を海上で過ごしたそうですが、最近は陸にあがり農業を営む若者もでてきてるんだとか。そんな現在も物心つく前からボートに乗るのは相変わらず。幼い頃から海の民ならではの知恵を身につけているようです。少女のスゴ技ビデオです。

    このページのトップヘ