クラッシュ

    2017y08m17d_123505869

    8月13日、ニュルブルクリンク北コース・ノルドシュライフェの一般走行で10台が絡む多重事故が発生。原因はオイル漏れだそうですが、危うく事故に巻き込まれかけたセアト・レオン クプラとBMW M135iの車載映像です。アウディR8に追突したBMW Z4は、いったんコース外へはけたように見えるけど、その後つっこまれた!?後から来たM135iの車載カメラ(サムネイル)ではコースの反対側に移動し、くしゃくしゃにオカマをほられた跡があります…「Motorsport.com」によると、10人が病院に搬送され、4人が重傷ということです。

    2017y04m17d_125436335

    絶妙なフレームインじゃないかww ドラッグレースでライバルのシボレー・カマロのクラッシュをイイ感じで映した車載ビデオが140万再生の人気に!コントロールを失ったカマロがデブリを飛ばすと、シボレー・ノヴァの車載カメラに命中。角度が変わったカメラは、場外へクラッシュしていくカマロの姿を、ほぼ真ん中でとらえていました。ナイスカメラマンwww

    2017y08m12d_015124718

    ポーランドで開催されたヨーロッパラリー選手権(ERC)第5戦「ラリー・ジェシェフ」で、ACIチームイタリアのトヨタ「GT86 CS-R3」がカメラを持った観客の前で大クラッシュ!ディッチにはじかれコントロールを失った86が、回転しながらカメラを持った観客の目の前を通過、危うく人を巻き込む寸前のギリギリの事故でした。そのシーンが含まれたERC第5戦のクラッシュ集です。

    2017y08m12d_012552114

    (((ll゚Д゚)))徐々にライフスペースが狭くなる恐怖…ポーランドで開催された、ヨーロッパラリー選手権(ERC)第5戦「ラリー・ジェシェフ」で、テストでの負傷から復帰したアレクセイ・ルキヤナク(フォード・フィエスタR5)が激しくクラッシュしました。そのオンボード映像がERCから公開されています。SS2のゴールまであと4kmというところで右コーナー出口のディッチにヒットし5、6回転するド派手な事故でした。ロールゲージが歪む様子がわかる2番目の車載映像が怖すぎる…ついでに、同じく大転倒したグライジンのオンボードも一緒にピックアップしてあります。

    2017y08m07d_010822763

    「ザ・グレン」の愛称で親しまれるアメリカ・ニューヨーク州のワトキンズ・グレン・インターナショナルサーキットでは、毎年、2.45マイル(3.9km)のロードコースで、NASCARスプリントカップ・シリーズが開催され、数々の名シーンが生み出されています。今年の大会にあわせ、NASCAR公式から「グレンのワイルドな出来事10選」が公開!サムネイルは2011年のファイナルラップで大クラッシュを喫したデイビッド・ロイティマンのカムリにしました。名物の乱闘もしっかりランクイン!

    2017y07m29d_132304155

    ドローンの鬼加速すげぇ(°_°) 7月半ばに開催されたフォーミュラE「ニューヨークePrix」でこんなハプニングが起きていました。フォーミュラEマシンとドローンのスピード対決で、スタートダッシュをキメたGFD1ドローンが、ヘアピンを曲がったバックストレッチで突然高く舞い上がりコントロールを失って墜落、アスファルトへクラッシュ!その模様を観客げ撮影していました。さぞ高価なドローンだろうに勿体無い…

    2017y07m22d_142206660

    スーパーGTのサポートレースとしてスポーツランドSUGOで開催されているFIA-F4選手権。7月22日(土)に開催された第7戦で小山美姫がメディカル搬送される事故が発生しました。そのクラッシュシーンです。スタート後の混乱でセーフティカーが導入された直後、馬の背コーナーで#44小野寺匠が#70小山美姫に追突、乗り上げる形で横向きに一回転。救急車でメディカルへ搬送された小山は首と手を痛めたものの大事には至らなかったようです。

    2017y07m19d_132727906

    ロシア・モスクワから中国・西安を結ぶルートの「シルクウェイ・ラリー 2017」にプジョー「3008DKR Maxi」で参戦していたセバスチャン・ローブがステージ9でクラッシュ。手首や指を傷めリタイアとなりました。その時のドライバーを映した車載映像がハイライトの中に含まれています。ゴンッという音とともにステアリングから手が弾かれるほどの衝撃!一見怪我はないようにみえますが、その後、ハンドルを握るのが難しくなってしまったそうです。

    2017y07m18d_144807779

    世界一タフなヒルクライムコースといわれる「マウント・ワシントン・オートロード」。昨日もスバル・チームUSAのWRX STIや、ダットサン240Zが崖から落ちる動画を紹介しましたが、新たに日産240SXが崖下に横転するビデオが公開されました。4方向のカメラでみるクラッシュシーンです。この240SXは、シルビアのフロント部分を180SXに変えたワンビアってやつですかね。スタートから1分もたたずにドーンwww

    2017y07m17d_220927713

    アメリカの伝統的なヒルクライムレース「マウント・ワシントン・ヒルクライム」。2017年はスバル・ラリーチームUSAのトラビス・パストラーナがコースレコードを更新する走りで優勝しましたが、タフなヒルクライムとして知られる大会でもあり、その裏ではゴールできずに終わるマシンもありました。今回はその中から3つのクラッシュをピックアップ。1.フォード・フィエスタの面白事故。コーナリング中の加重移動で片側が浮き上がり横転。2.パストラーナの僚友ヒギンズ(スバルWRX STI)が後輪を岩にヒット、崖下へ転落し一瞬逆立ち状態に…3.GMのLSエンジンにスワップされた1972年式ダットサン240Zがブレーキをミスり崖下へ横転(オンボード映像)。13年かけて開発したという貴重なZが…

    2017y07m10d_123716471

    カナダ・オンタリオ州にある「カナディアンタイヤ・モスポート・パーク」で開催されたIMSA・WSCC第7戦「Mobil 1 スポーツカー・グランプリ」。決勝レースでおきた二つの事故映像です。残り20分ほどでプロトタイプクラスの#10キャデラックDPiとGTLMクラスの#4コルベットC7.Rがヒット、そのままタイヤバリアの餌食となりコルベットが大破します。さらにレース終盤、プロトタイプクラス(LMP2)#52リジェ・JS P2のデイビット・オステラがコーナーを曲がりきれずにタイヤバリアへ直進、簡単に横転するハプニングがありました。この事故でセーフティカーランのままゴール。優勝は#31キャデラックDPiが獲得、マツダDPiは4位と5位に入っています。

    2017y07m06d_122934465

    2017年FIA世界ラリー選手権第8戦「ラリー・ポーランド」は、終盤までヒュンダイのティエリー・ヌービルとMスポーツのオット・タナクによる僅差のバトルが繰り広げられました。しかし、最終日のSS21でタナクがクラッシュ。これで優勝争いは幕切れとなりヌービルが今季3勝目をあげています。その幕切れの瞬間。タナクのフォード・フィエスタWRCは、リアが何かにぶつかりマシンの向きが一気に変わりフロントからクラッシュ!フロントを大破しながら、なんとかマシンを動かしたものの結局ラリーからリタイアとなりました。

    2017y07m05d_174008130

    全日本ラリー選手権第6戦 最高峰JN-6クラスでハプニング。TEAM CERAMの草間一朝/松本優一 #10 スバル「インプレッサ WRX STI」がコースオフ、一回転して崖から転落、雑木林にストップすると、そこにはなんと同じように仰向けに転がる前走車の姿があったwww 映像で自主規制している部分で何か赤い物体を避けたように見えますね。それがコースオフの原因なのかなぁ…いったい何があった!?ちなみに、この日(デイ1)は出走54台のうち20台が脱落するサバイバルラリーとなったそうです。

    2017y06m15d_012332678

    これは10点満点がでたかもしれないww ちょっと古いですが、2012年に開催されたオフロードレース「ラフリン・デザート・チャレンジ」デイ1でおかしなクラッシュが発生していたので紹介します。ほぼ同時にジャンプピングスポットに突入したジミー・ナックルズとロビー・ピアースの二台のトロフィートラックが一緒に激しく横転!クラッシュのはじめこそ別々の挙動をしていましたが、途中からは動きが見事にシンクロしてしまう珍プレー。ちょっと芸術点高いんじゃないかなwww

    2017y06m26d_002336255

    FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)第5戦「ポルトガル」のフリープラクティス1で、トム・コロネルのシボレーRMLクルーズTC1にトラブル。右コーナーを直進し、花壇を乗り越え、コース脇に停車していたレスキュー車に衝突して止まりました。コロネル本人が公開しているその時のビデオです。縁石に乗り上げた衝撃でホイールがもげてしまったけど本人は元気。マシンをおりるとちゃっかり自撮りをしていますwww レスキューのお兄さんは危機一髪だったのに冷静ですね。まさかこんな遠くまで進んで来るとは思わなかったろうなぁ…

    2017y06m12d_210707149

    (((ll゚Д゚)))なんというバッドタイミング…5月1日に英国スーパーバイク選手権オウルトンパーク戦レース2でおきた激しいクラッシュがこちら。#77ジェームス・エリソンのヤマハYZF-R1が突如パワーを失いスローダウン、真後ろにベタ付けしていた#91レオン・ハスラム(カワサキ ZX-10R)が避ける間もなく追突し大転倒しました。二人のライダーに大きな怪我はありませんでしたが、ハスラムのニンジャは地面に激しく叩きつけられ無残な姿に…

    2017y06m16d_205902207

    まるでデジャブ。同じような事故が連続しておきるなんて… TCRインター「ザルツブルク」で3台のマシンが同じコーナーでクラッシュを演じました。金曜日にはホンダ・シビックTCRのアッティラ・タッシが9コーナーでコースを外れるとガードレールに接触し横転。土曜日には同じようにコースアウトしクラッシュしたセアト・レオンTCRのフェレンチ・フィツカが怪我をして欠場。さらにレース1の8周目にロブ・ハフのフォルクスワーゲン・ゴルフGTIが、やはり9コーナーでコースアウトし、タッシのクラッシュを彷彿とさせる数回転の大転倒!こんな事もあるんだなぁwww ちなみに日曜のレース2ではシビックが1-2フィニッシュをきめています。三台のクラッシュ映像と、TCR公式から公開されているレース映像をピックアップしました。

    2017y06m12d_210530761

    まさかのフロントフリップwww ホルヘ・ロレンソから「神からの警告だ」と言われたクラッシュがこちら。5月20日(土)MotoGPフランスGPのフリープラクティス4でマルクVDSのジャック・ミラーが重心をかえようとしたところフロントが強固にグリップ、そのままバリアへむけ一直線に進み衝突してしまいます。本人に怪我は無いものの、一人別の方向へ走り出す衝撃のクラッシュ映像でした。ちなみに、なぜロレンソが「警告」と発言したかというと「バイクに乗る危険性を認識していない」ライダーの一人だからだそうです。

    2017y06m12d_135530508

    ジェレミー・クラークソンとともに英国の自動車番組「Top Gear」の出演を辞め、アマゾン・プライムビデオの自動車番組「The Grand Tour」に移籍したリチャード・ハモンドが、番組収録中、スイスのヒルクライムレースで事故を起こしてしまいました。乗っていたのはクロアチアの企業「Rimac Automobili」がてがける2.8億円のEVスーパーカー「リマック・コンセプトONE」(市販バージョンは1億円ほどだそう)。最高出力811 kW(1088hp)の2ドアクーペで、左カーブを曲がりきれずにコースアウト!そして炎上。コンセプトONEは全焼し、ハモンドは膝の骨を骨折したそうです。リマックといえばモンスター田嶋のパイクスピーク車両「Tajima Rimac E-Runner Concept_One」を共同開発したのが記憶に新しいですね。

    2017y06m11d_135611015

    佐藤琢磨の勢いが止まらない!!!インディカーシリーズ第9戦「テキサス」決勝。序盤にピットレーンでのクラッシュに巻き込まれた佐藤琢磨は、戦略や運も味方につけ、終盤にはトップ集団でバトルを展開します。めまぐるしく順位が入れ替わるなか、接触ギリギリの駆け引きをしていたサイモン・パジェノやトニー・カナーンを3ワイドの大外から追い抜き、さらにはウィル・パワーとスコット・ディクソンの首位争い中の2台をさそうと、またしても3ワイドにもっていくファンタスティックな走りを披露!残り4周というところでコース内側の芝生に乗り曲がりきれずディクソンに接触、数台をまきこみクラッシュしましたが、今回もレースを盛り上げました。ラスト12周の熱い走りと、1.5マイルオーバルで多発したクラッシュを一気見!ちなみに152周目の多重事故では、一気に7台が姿を消し赤旗が掲示。レースは30分程中断。このサバイバルレースで勝利を勝ち取ったのはウィル・パワーでした。

    このページのトップヘ