INDY/海外フォーミュラ

    2017y04m22d_080844934

    アラバマ州バーミングハムにあるバーバー・モータースポーツ・パークで開催されるインディカー第3戦「アラバマ」。公式から公式練習のバイザーカム映像が公開されました。いつも通り加速度センサー付き。ドライバーはアンドレッティオートスポーツ所属の二人、2016年インディ500チャンピオンのアレクサンダー・ロッシと2012年のインディカー・シリーズチャンピオンのライアン・ハンター=レイ。目視での最大Gは

    IMG_6748

    (((ll゚Д゚)))イキナシ現れたぞ!?これはどんなプロドライバーでも避けようが無いかもしれない。ブリティッシュF4選手権のドニントンパーク戦で衝撃的な大クラッシュが発生。集団の中でバトルを繰り広げていたビリー・モンガーのマシンが、緩い左コーナー立ち上がりで、アウト側に突如現れたスローダウンしているマシンに激突、リア部分にノーズを突き刺す形でストップしました。この事故で17歳のモンガーは90分後にやっと救出、脚に大きなダメージを負っています。オンボードをよく見てもイエローフラッグは確認できないし、前のマシンがブラインドになって故障車をギリギリまで認識出来ず。運が悪いとしか言いようが無いなぁ…

    2017y04m07d_231626314

    監視員のオバちゃんも対応に困ったなぁwww 伝説的スタントマンのエベル・ナイベルがスポンサーになっていたゲイリー・ベッテンハウゼンの1977年インディ500出場マシン(#98アガジャニアン・エベル・ナイベル・スペシャル)でちょっとしたイタズラをしてみたビデオ。オッフェンハウザー製エンジンを搭載したヴィンテージマシンをウエストロサンゼルスの路上パーキングスペース(チケット無し)に放置!監視員に注意されるまでどれだけ粘れたのか!?これは車両識別番号がないからただの物として扱われたってことかなwww

    2017y04m11d_070456856

    インディカー公式から2017年第2戦「ロングビーチ」の決勝レース30分ハイライトが公開されました。ポールポジションからスタートしたエリオ・カストロネベス(ペンスキー/シボレー)はスタートに失敗、ホンダ勢が上位につけレースを支配していきます。途中、佐藤琢磨所属のアンドレッティの4台がトラブルで全員リタイアするハプニングがあったものの、シボレー勢につけいる隙を与えず、ホンダエンジンが1-2フィニッシュ。優勝したのは最後のピットインでトップに躍り出たジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン/ホンダ)でした。インディ500の事故で途中欠場した2015年以来2年ぶりの勝利!2位はセバスチャン・ボーデ(デイル・コイン/ホンダ)。3位にジェセフ・ニューガーデン(ペンスキー/シボレー)。

    2017y04m08d_121220846

    インディカー第2戦ロングビーチ。ホンダユーザーのグラハム・レイホールのバイザーカム映像が公開されました。昔のレイアウトとは異なるものの1970年代からF1など市街地でのレースが開催されてきた伝統のコース。インディカーは3.167kmのコースを1周1分強で駆け抜けます。加速度センサーによるG表示は、目視で確認できた範囲だとターン6のブレーキングで3.4G、ターン9の進入(2LAP目)で3.5G程を記録しています。

    2017y02m20d_164602313

    2月18日にアルゼンチンで開催されたフォーミュラE 3rdシーズン第3戦「ブエノスアイレス」の50分ハイライトが公開されています(今回は42分)。このレースを制したのは予選3番手からスタートしたセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)。序盤にトップへ躍り出てリードを広げる危なげない走りでそのままゴールし、これで開幕三連勝。ジャン・エリック・ベルニュが2位、PPスタートのディ・グラッシが3位。第4戦メキシコシティは4月1日に予選・決勝です。

    2017y03m24d_084810813

    電気フォーミュラカーのレース「フォーミュラE」に参戦する中国の蔚来汽車(NextEV)の電動スーパーカー「NIO EP9」は、2016年10月14日にニュルブルクリンク・サーキットの北コースでタイムアタックを敢行し、7分5秒12のラップタイムを叩き出し見事EV最速記録を樹立しています。そのアタック時のオンボード映像がフォーミュラEから公開されました。このマシン、4つのモーターから出力されるパワーを換算すると1,360馬力になるそうで、2017年2月にはCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)で自動運転での世界最速記録となる最高時速257キロ、2分40秒33のラップをマークしています。恐るべしチャイナパワー。

    2017y03m13d_005623219

    2017年のインディカーがついに開幕!公式から1周が2.9km(1.8マイル)というセントピーターズバーグ市街地コースのバイザーカム映像が公開されています。加速度センサーで縦横どの方向にどれほどのGがかかっているかが分かるG表示つきです。ドライバーは元F1ドライバーのデレック・デイリーを父に持つ、#4 コナー・デイリー(A.J.フォイト/シボレー)。このコースではストレートエンドのブレーキングから1コーナーへの進入時にかかるGが一番きつく最大3.5Gを記録!その次が8コーナー(コース地図の一番上)で何かの拍子にたまに3G超えしてます。

    2017y03m02d_005332305

    インディカーのプレシーズン最終テストがセブリングで2日間にわたり開催されました。その初日のテスト模様をコースサイドから映したビデオがあったので紹介します。迫力のピュアサウンド。佐藤琢磨は2日目のみのドライブだったので映っていませんが、バンプのあるセブリングを攻める2017年マシン、なかなか迫力がありますね。あとは3月12日決勝の開幕戦セントピーターズバーグを待つのみ!

    2017y03m02d_012342699

    インディカーのロードコーステストがセブリング・インターナショナル・レースウェイで開催されましたが、公式からグラハム・レイホールのバイザーカムが公開されています。オーバルのフェニックスに続き今回も重力加速度表示つき。ローカル飛行場の滑走路の一部を利用した、荒れていて滑りやすい路面で有名ですが、この伝統のあるサーキットでは何Gを叩きだす!?

    2017y02m11d_131816863

    インディカーの合同テストがフェニックス・インターナショナル・レースウェイで開催されました。Indycar公式からはグラハム・レイホール(RLLRホンダ)のバイザーカム映像が公開。テクニカルな1マイル・トライオーバルでどれ程のGフォースがかかっているのか!?テレメトリーで表示されています。ちなみに、レイホールは今年もパパのチームから出場。ホンダ勢が苦手とするショートオーバルのテストで初日は4位と奮闘するも、二日間の総合順位は13位でした。

    2016y11m13d_121248104

    お古のF1マシンや、GP2、チャンプカー、ワールドシリーズバイルノー、スーパーリーグフォーミュラなどのフォーミュラカーが混走でレースをする「BOSS GP」を撮影したビデオです。ピットの様子から走行シーンを収めた12分。ベネトンB197の真横でGP2ダラーラがフロント巻き込んでクラッシュしたり接触しないかとヒヤヒヤwww サーキットはイタリアのモンツァ。

    2016y12m01d_180506312

    過去にはF1に参戦し、現在はフォーミュラEに参戦しているモナコが本拠地の自動車メーカー「ベンチュリ」。2016年9月、米オハイオ州立大学と共同で開発した電気自動車「Buckeye Bullet 3」で最高速チャレンジのメッカ、ボンネビルソルトフラッツに見参。358mph(576km/h)を記録し見事EV世界最速記録を樹立しました。その時のビデオがフォーミュラEから公開。

    2016y11m25d_221059564

    11月12日(土)にモロッコで開催された、フォーミュラE シーズン3第2戦「マラケシュ」の公式50分ハイライトが公開されました。このレースで優勝したのは7番グリッドからスタートしたセバスチャン・ブエミ、開幕に続き2勝目をゲット!2位にサム・バード、3位にはポールポジションからスタートしたフェリックス・ローゼンクビストでした。予選、決勝の公式ハイライト映像をピックアップ。

    2016y11m20d_140303707

    第63回マカオグランプリのFIA F3の予選レースで日本のB-MAXレーシングチーム同士の事故がおきてしまいました。そのシーンとF3の予選、決勝ハイライト映像です。スタート後、ガードレールに接触した中団マシンのウィングが吹き飛び混乱が発生、26番手からスタートした佐々木大樹が減速したところにチームメイトのイェ・ホンリーが突っ込みジャンプ、佐々木大樹のマシンの上に着地する危険な事故に発展。あと少し…10センチずれてたらヘルメット直撃だった Σ(゚д゚lll) ちなみに決勝レースで優勝したのはダ・コスタで2度目の頂天。日本人最高位は山下健太の4位でした。

    16)

    あったあった、こんなカテゴリーwwww サッカーのクラブチームがフォーミュラカーでレースするってコンセプトは面白いと思ったけど、一瞬で消えちゃいましたね(2008-2011年没)。スーパーフォーミュラとネーミングがややこしいスーパーリーグ・フォーミュラのマシンが4.2L V12サウンドを奏でるビデオです。今のF1より確実にいい音wwwロケーションはモンツァ。

    2016y10m18d_124648349

    2016年10月9日(日)に3万人を集客したフォーミュラE・シーズン3開幕戦「香港」の公式50分ハイライトが公開されました。予選でポールポジションを獲得したのは初年度王者のピケジュニア。迎えた決勝レースではスタートからトップを快走していたピケjr.が周回遅れのクラッシュに阻まれ後退。マシン交換のタイミングでトップに躍り出た2ndシーズン王者のブエミがトップでチェッカーをうけ開幕戦勝利!2位はディ・グラッシで昨シーズンタイトル争いした二人が1-2。ハイドフェルドが3位でした。

    15)

    フォーミュラE「シーズン3」が今週末に香港で開幕(9日決勝)!昨シーズンのセバスチャン・ブエミとルーカス・ディ・グラッシによるチャンピオン争いと最終戦での接触はセナ・プロ対決を思い出した人も多いはず…そんなフォーミュラEからモータースポーツ史で語り継がれる「がちんこライバル」トップ5が公開!サムネイルは動画冒頭で紹介される70s'F1のライバル「ハント&ラウダ」にしました。ちなみに1位はもちろんセナとプロスト。では2~4位は誰!?

    17)

    これは逃げますわwwwww ADAC F4レースで珍プレーが発生したのでご報告します。ホッケンハイムの最終コーナーで2台のマシンが接触、当てられたレーサーのあまりの気迫の猛ダッシュに、当てた方も全力疾走で応える珍プレーwwwww ブチキレたレーサーの大人な対応でトラブルには至らなかったけれど黒歴史がネットに残されてしまったな(´・ω・`)

    2016y09m25d_131512668

    プロモーションに余念がないフォーミュラEからグリーンランドの氷帽で撮影されたビデオが公開されていたので紹介します。温室効果ガスの影響で氷が溶けまくっている北極へガスを出さないフォーミュラEマシンを持ち込み走らせるというわかりやすいコンセプト。ヘリで届けられたマシンに選手権2位のディ・グラッシが乗り込み白銀の世界へ…うーん遅いな!しかもカウルのバタつきがRCみたいなんだけど、実際にやってみたらちょっとイメージと違ったとかそんな感じなのかもww

    このページのトップヘ