F1

    2018y05m21d_111856923

    20日に開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km Fan Festival」の決勝レースは、ポールポジションからスタートをした野尻智紀/伊沢拓也 #8 ARTA NSX-GTが#100 RAYBRIG NSX-GTとのデッドヒートを制し今季初優勝!ホンダNSX-GTがワンツーフィニッシュを達成しました。公式とジェンソン・バトンTVのダイジェスト映像です。

    スクリーンショット(2018-05-18 21.08.21)

    広島の走り屋がついにF1へ!谷口信輝が1987年のF1日本GPでゲルハルト・ベルガーが優勝したフェラーリF187と、フェラーリ・288GTOがベースの世界に5台しかないレース用モデル「288GTO Evoluzione(エヴォルツィオーネ)」を富士スピードウェイで走らせました。「モーターファンフェスタ2018」BHJデモランの様子が「VIDEO OPTION」から公開!

    2018y05m17d_171508802

    ベルギーのスパ・フランコルシャンで開幕したFIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズン。その予選で小林可夢偉が1分54秒448、マイク・コンウェイが1分54秒679をたたきだし、アベレージ1分54秒583でトップタイムとなった#7トヨタ・TS050ハイブリッドですが「TOYOTA GAZOO Racing」から小林可夢偉の車載映像が公開されました。

    2018y05m16d_160446948

    ブガッティやマセラティ、ERAなどの戦前のマシンから60年代の葉巻型F1、巨大インダクションポッドやベンチュリ構造を持つマシンが登場した70年代までの浪漫溢れるF1マシンたちがモナコに集結!各年代ごとに分かれガチンコレースを展開しました。その公式ハイライト映像。

    スクリーンショット(2018-05-15 11.45.49)

    1967年ジュネーヴショーに出展、その年のモナコグランプリでレーニエ皇太子とグレース妃がコースを1周したランボルギーニ・マルツァルが再びモナコに登場!ヒストリック・モナコGPでデモランをおこないました。ガラス張りで斬新なルックスのコンセプトカーはもちろんベルトーネ(マルチェロ・ガンディーニ)デザイン。最高速はなんと時速225キロ!

    スクリーンショット(2018-05-14 11.53.34)

    F1世界選手権第5戦「スペインGP」1周目でハースのロマン・グロージャンがスピン!とみせかけ、アクセル全開でコースにカムバック、そこにルノーのニコ・ヒュルケンベルグとトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが激突してしまいました。F1公式からそのシーンと各ドライバーのオンボード映像をまとめたビデオが公開されました。

    スクリーンショット(2018-05-13 11.22.51)

    2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦「オートポリス」で、1分25秒937をたたき出しポールポジションを獲得した#20 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)の公式オンボード映像です。予選Q3で唯一25秒台を記録した平川亮は開幕戦鈴鹿のペナルティで3グリッド降格、決勝を4番手からスタートします。予選ハイライト映像と共にピックアップ!

    2018y05m10d_162028047

    ルイス・ハミルトン(メルセデスW05)の持つスパ・フランコルシャンのレコードタイムをブレイクし話題になったポルシェ・919ハイブリッドEvoですが、メディア向けにスパを1周するオンボード映像が公開。名物コーナーのオールージュ、ラディオン、ケメルストレートと、とんでもない勢いで駆け抜けていきます。迫力満点!!

    2018y05m08d_114240651

    スーパーGT公式テストや開幕戦で下位に沈み、マシンの仕上がりが心配されていた#39 DENSO KOBELCO SARD LC500が第2戦富士で復活の2位表彰台獲得!公式からスタートからゴールまでの車載映像が公開されました。ヘイキ・コバライネンの第1スティントでのトップ奪還と、小林可夢偉の代役として出場した坪井翔のルーキーとは思えない走りに注目!

    2018y05m07d_132943296

    トヨタから再公開された「C-HR」のインプレッション動画がオモロかったので紹介します。小林可夢偉とケイ・コッツォリーノの二人が、C-HRの走りの特徴を楽しそうに伝えてくれます。二人のプロドライバーはコンパクトSUVをどう感じたのか!?

    2018y05m06d_211220090

    FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズン開幕戦が開催されたベルギーのスパ・フランコルシャンサーキット。その名物コーナーといえば難関「オー・ルージュ」ですが、今回のレースウィーク中大きなクラッシュが2度発生してしまいました。その事故シーンです。

    2018y05m06d_162012794

    FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦「スパ6時間レース」でデビューウィンを飾ったフェルナンド・アロンソ(トヨタ・TS050ハイブリッド)のオンボード&コクピット映像(予選)や、決勝レースの公式ハイライト映像をピックアップ。走行中、進行方向はもちろん、左右ミラー、バックモニター、ステアリングについてる液晶メーターなど確認しつつアタック!

    40)

    2017年シーズン限りで世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスから撤退したポルシェが、ル・マン24時間レースを三連覇したポルシェ・919ハイブリッドのトリビュートツアーを世界各地で展開しています。その第一弾ビデオが公開。なんとルマンプロトタイプがニューヨークの街中をクルージング!!最後はポルシェ・パナメーラ ターボSとのランデブーで〆ていますw

    02)

    FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズンがベルギーのスパ・フランコルシャンで開幕!最初のプラクティスでトップタイムをだしたのは S.ブエミ/中嶋一貴/F.アロンソ組#8 トヨタ・TS050ハイブリッドでした。公式から公開された#8のオンボード映像です。

    36)

    FIA世界耐久選手権(WEC)が、5月3日(木)〜5日(土)の「スパ・フランコルシャン6時間レース」で開幕。新たにフェルナンド・アロンソをドライバーとして迎えた「TOYOTA GAZOO Racing」から「2018-2019スーパーシーズン」プレビュームービー(日本語字幕入り)が公開!

    29)

    怖ええぇぇ(((ll゚Д゚)))同じ向きに避けかけた…4月28日、バクー市街地コースで行われたF1世界選手権「アゼルバイジャンGP」予選で発生したトロロッソ・ホンダのチームメイト同士の危険すぎるニアミスが話題になっています。壁に接触してスローダウンしたブレンドン・ハートレーにアタック中のピエール・ガスリーが急接近!320km/h近くでギリギリの神回避!!

    2018y04m17d_175325032

    世界中の夢あるステキな話を取材している「Great Big Story」で、日本人の小学生F3レーサー 野田樹潤が特集されています。元F1ドライバー 野田英樹を父に持つ若干11歳(取材当時・2018年2月2日に12歳になり、3月に小学校も卒業しています)の少女が時速240キロでサーキットを駆けぬけるとあって人気動画になっていました。

    2018y04m26d_163653491

    2017年にニュルブルクリンク市販車最速タイム 6分47秒3をマークしているポルシェ・911 GT2 RS。そんな最強のポルシェ911をテニス界のスーパースター マリア・シャラポワがドライブ!お供は元F1ドライバーのマーク・ウェバー。最大トルクは750Nmで700馬力を出力するにも関わらず後輪駆動というビーストを手なずけられるのか!?

    37)

    4月8日に開催されたスーパーGT開幕戦「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE」。#100 RAYBRIG NSX-GT(TEAM KUNIMITSU)は、このレースがデビュー戦の09年F1王者ジェンソン・バトンと13年スーパーフォーミュラ王者 山本尚貴の強力コンビで2位表彰台を獲得しました。そんな#100決勝フルオンボード映像が公式から公開!

    48)

    鈴鹿サーキットで開催された2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権開幕戦。今季から2種類のスリックタイヤが導入され、戦略が多様化された決勝レースを制したのはポールポジションからスタートした山本尚貴(TEAM MUGEN)でした。2位には14番手スタートからTEAM IMPUL同士の接触を生き残った関口雄飛。3位は野尻智紀が獲得しています。

    このページのトップヘ