F1

    2019y09m12d_210739296

    「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 6 AUTOPOLIS GT 300km RACE」はLEXUS TEAM SARDが今シーズン初勝利!スーパーGT公式からヘイキ・コバライネン/中山雄一 #39 DENSO KOBELCO SARD LC500のスタートからゴール、ウィニングランまでのオンボード映像が公開されました。

    2019y09m07d_215517219

    モンツァで開催されたFIA-F3第7戦イタリア レース1でアレックス・ペロニ(カンポス)のマシンが宙を舞う大クラッシュ!!レースはそのまま赤旗終了になりました。その事故シーンのビデオ。コースオフしたペローニは踏んだ縁石に跳ね飛ばされキリモミ回転しながらさらに反転し真っ逆さまにバリアへ落下…もし今年から導入されたヘイローがなかったら(((ll゚Д゚)))

    2019y09m06d_210018550

    2016年12月に筑波サーキットで開催された「SPEED×SOUND TROPHY 2016」の注目企画のビデオが「VIDEO OPTION」から公開。この年は2015年に続き小林可夢偉がスーパーフォーミュラマシン(SF14/トヨタ)でアタックし43秒304を記録!非公式コースレコードを樹立しました。そのラップのオンボード映像やインタビューなどが収録されています。

    2019y08m30d_214936755

    インディカー・シリーズ第14戦決勝で起きた多重事故で一方的に悪者にされてしまった佐藤琢磨が、第15戦「ゲートウェイ」で予選5位を獲得、決勝ではスタート直後に当てられ一時は周回遅れになりましたが怒涛の追い上げで188周目にトップにたちそのままトップでチェッカー!プレッシャーを跳ね除け今季2勝目を挙げました。インディカーの歴史に刻まれる復活劇!!

    2019y08m21d_195952359

    8月18日(日)、ツインリンクもてぎで開催された2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦「もてぎ」のダイジェスト映像とレース後に行われた優勝ドライバートークのビデオです。このレースでは予選2番手を獲得した平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がPPスタートのアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)を仕留めSF初勝利をあげました。

    96029D57-FF07-4C81-B381-D8CA2CDC5E32

    8月17日(土)にツインリンクもてぎで開催された、2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の予選でポールポジションを獲得したのは、2連勝を狙うアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)でした。予選Q3で1分31秒442のコースレコードをたたき出し自身2回目のポールポジションを獲得!!そのラップのオンボード映像が公開されました。

    2019y08m01d_111933999

    懐かしいビデオが公開されていました。ベストモータリングが2003年のF1シーズン終了後にトヨタのF1マシンをチェック!リポーターの服部尚貴が、インディライツやCARTで同期だったクリスチアーノ・ダ・マッタやレースエンジニアにインタビューします。そして最後はダ・マッタがTF103で鈴鹿サーキット東コースをアタック!!

    2019y07m24d_215315411

    7月23〜24日にスペインのカタロニアサーキットで開催されたWEC世界耐久選手権2019-2020シーズン公式テスト「プロローグ」のTOYOTA GAZOO Racing公式映像と、観客席から撮影されたあ余計なBGMナシのピュアサウンド動画です。このテストでトップタイムを刻んだのはマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセマリア・ロペス組#7トヨタTS050ハイブリッドでした。

    2019y07m24d_204148520

    7月はじめに開催されたグッドウッドFoS 2019のハイライト、ヒルクライムの10位から1位まで一気見ビデオが公開されました。この大会ではEVプロトのフォルクスワーゲン ID.Rが40秒切りで20年ぶりに新レコードを樹立!しかしながらサムネイルはお古のF1マシンで見事トップ10入りした久保田克昭(マーチ761)にしました。

    • カテゴリ:
    2019y07m20d_111246489

    2019年F1世界選手権 第10戦「イギリスGP」のDHLアワード動画が公開されました。12周目にピットインしたピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)がF1史上最速となる1.91秒のピットストップを成功させ「DHL Fastest Pit Stop Award」を獲得!マシンが浮いたと思ったら作業完了www

    2019y07m05d_203940142

    6月30日に開催されたパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)決勝の上位三台の車載映像が公開されています。ホンダのK20エンジンを搭載したオープンホイールマシンでアンリミテッドクラスに出場したロビン・シュート(#49 Wolf TSC-Honda)が9分12秒476で総合優勝!

    2019y07m08d_212113776

    1988年のF1世界選手権で16戦15勝という圧倒的な速さを誇ったマクラーレン・MP4/4に佐藤琢磨が乗り込みグッドウッドヒルクライム!!ターボ時代最後のアイルトン・セナのマシンですが、心臓部には685ps以上を出力するホンダの1.5リッターV型6気筒ツインターボエンジン「RA168E」が搭載。FoSの短いコースを轟音で駆け抜ける姿はいつ見てもシビレル!?

    2019y07m05d_214931658

    2019年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードが開幕。今年はF1のレギュラーシートを獲得できずメルセデスのリザーブドライバーを務めているエステバン・オコンが、2017年のチャンピオンマシン、メルセデスAMG W08 EQ Power+でデモランを行いました。そのシーンが公式から公開!

    2019y07m02d_180239614

    2019年F1世界選手権 第9戦「オーストリアGP」ではホンダに13年ぶりの優勝をプレゼントしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が60周目に1分7秒475を叩き出し「DHL Fastest Lap Award」を獲得!ピットストップでは19周目にウィリアムズのロバート・クビサが2秒02でタイヤ交換を終え「DHL Fastest Pit Stop Award」を獲得しています。

    2019y07m01d_202619045

    F1ではホンダが13年ぶりの勝利をあげ、SUPER GTではチーム・ルマンが6年ぶりの優勝に沸きましたが、太平洋を渡ったIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WTSC)第6戦「ワトキンスグレン」ではマツダが久しぶりに勝利の喜びに酔い痴れました。初参戦から苦節6年、現行のWTSCでは初めての勝利となっています。「NBCSports」のハイライト映像です。

    2019y06m11d_003057326

    2019年はTEAM MUGENからスーパーフォーミュラへ参戦していたダニエル・ティクトゥムがレッドブルのジュニアプログラムから解雇、スーパーフォーミュラのシートも喪失と複数のメディアが報道しています。今回紹介するのはついこの間、デンマークのコペンハーゲンで開催されたイベントでレッドブルF1のショウカーに乗り込んだティクトゥムのオンボード映像です。

    2019y06m24d_135120780

    6月23日(日)にスポーツランドSUGOで開催されたスーパーフォーミュラ第3戦「菅生」の決勝レースはチャンピオンの山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が終盤のセーフティカー出動後も好調なペースを維持しポールトゥウィンで通算6勝目!予選と決勝の公式ダイジェスト映像です。

    2019y06m22d_191605684

    2019年スーパーフォーミュラ第3戦「菅生」は不完全燃焼の予選Q3で#1 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がポールポジションを獲得しましたが、その前の予選Q2では9台がコースレコードを上回り山本尚貴がスポーツランドSUGO(3.704km)の新レコード1分3秒953をマークしました。そのアタックラップの車載映像が公開!

    2019y06m21d_205246580

    今週末はF1フランスグランプリということでレッドブルからムービーがドロップ!ポール・リカール・サーキットに向かう途中でヤギに阻まれたレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが呼び寄せたのはWRC世界ラリー選手権6連覇中のセバスチャン・オジェ!シトロエンC3 WRCの助手席に乗せてもらいナビをしながらフランスGPの舞台へと向かいます。

    2019y06m20d_223011187

    「大井貴之のSports Driving Labo.」からアイルトン・セナの名を冠したマクラーレン・セナの全開インプレッション動画が公開。「800ps! 車重1200kg! 価格は1億円オーバー!!」というウルトラスーパースポーツにオーナーと二人で乗り込み、全長1,700mの十勝スピードウェイ・ジュニアコースをアタック!刻んだタイムは47秒台でジュニアコースレコード更新!?

    このページのトップヘ