F1

    2017y03m21d_033500698

    近年のF1テストでよく見かけるようになったのがサイドポッド付近やデュフューザー近辺に装着される金網状のデバイス「エアロレイク」。空気流量や速度などを計る様々なセンサーがついており測定したい場所に取り付けます。今年のテストでも空力特性を測定するため各マシンとも色々な形のエアロレイクを装着して走っていました。そんなテストならではの光景を集めたビデオ。0:47~のザウバーみたく極小サイズもあるんですねww

    2017y03m18d_115601033

    富士の裾野の広大な敷地に全長4,563mのレーシングコースを構える富士スピードウェイは、2016年に50周年を迎えました。60年代には「第3回日本グランプリ」を開催し大観衆を集め、70年代には「富士グラチャン」や、日本初となる「F1世界選手権」を、80年代にはグループCカーによる「世界耐久選手権」を開催し日本のモータースポーツ発展に寄与してきました。そんな伝統あるサーキットが2017年3月「富士スピードウェイ50周年記念感謝祭 Fuji Wonderland Fes!」を開催。そのイベントのひとつで1970年代のF1マシンが集結しデモ走行を行いました。ロータス77、マクラーレンM23、フェラーリ312T2、ウルフWR/1/2/3、コジマKE007、マキF101…特にロータスは76年のF1日本初開催のレースでマリオ・アンドレッティがポールトゥウィンをきめたマシンそのものだそうです(シャシーナンバー77-1)。

    2017y03m02d_005833185

    2017年オフシーズンテストが終わり、3月24-26日のオーストラリアGPの開幕を待つのみのF1サーカス。テストで危機的な状況に陥ったマクラーレン・ホンダとは対照的に、すこぶる調子良さげなのがフェラーリでした。キミ・ライコネンの「もっと速いラップタイムを出せる」という発言、セバスチャン・ベッテルは三味線を弾いてるのでは?とメディアを騒がせていました。ハミルトンなどライバルの反応をみても開幕戦でフェラーリが速いのは確定とみられています。そんなフェラーリ「SF70H」の合同テスト動画まとめ。ラップタイムだけじゃなくピットインしてきたマシンを素早く隠す「壁」も話題になっていましたねww そちらも最後に映っています。

    2017y03m10d_200214848

    F1合同テストを終えたフェルナンド・アロンソに、パワーがないと言われてしまったホンダの2017年型パワーユニット。マクラーレンの車体側にも問題が発覚との噂(ハーネスまわり)があがるなど、ロクにテストを出来ないまま開幕戦を迎えることになります。そんなマクラーレン・ホンダ「MCL32」ですが、昨年のマシン「MP4/31」とパワーユニットの音を比較する趣旨の動画があったのでチェックしてみてはいかが?有名なF1ジャーナリストの「ストレートで死んでいるような音に聞こえる」なんて発言もネットにでてましたが…ぶっちゃけそこまで変わらない!?若干回ってない感じはするけど。。ちゃんとしたモニタースピーカーで聴いたらもっと違いがわかるのかしら?

    2017y03m09d_012503922

    時間みじかっ!通訳さんもいるし、4人で10分間だとあっという間www 鈴鹿ファン感「動画まとめ記事」のなかで中途半端な動画をリンクしましたが、入場から退場までの完全版を公開している人がいたので紹介します。F1レジェンズトークショーに出演したのはミカ・ハッキネン、ジャン・アレジ、中嶋悟、川井一仁の4名。当時、ドライバーとしてどんな印象だったかを語ります。90年代のF1を盛り上げた懐かしいメンバーですね。川井ちゃんは時間の関係でほとんど喋ることなくフィニッシュ!笑

    2017y03m05d_153346862

    3月4、5日に鈴鹿サーキットで開催された「2017 モータースポーツファン感謝デー」で、お客さんが撮影した動画をまとめてみました。行けなかった人はこれを見て少しでも雰囲気を味わいましょうw 今回の目玉はミカ・ハッキネンの来日でしたが、一部日本語での挨拶やジャン・アレジと談笑する姿が映っています。恒例となりつつあるアレジ親子によるバトルではジュリアーノがフェラーリ458チャレンジでコースアウトする一幕もww その他、小林可夢偉と中嶋一貴のスーパーフォーミュラ対決、星野一義と中島悟の永遠のライバル対決(ティレル019にトラブルがでて残念)などめじろ押し。星野一義がRC164に乗り込むサプライズもありました。

    2017y03m02d_163827486

    スペイン・カタルニアサーキットで開催された、F1世界選手権プレシーズンテスト1回目が終了しましたが、早速、昨年のマシンとのオンボード比較映像がつくられていました。ルイス・ハミルトンのメルセデスAMG「W07 ハイブリッド」の16年ポールラップと、今シーズンのニューマシン「W08 EQ Power+」によるラップを横並べで比較。予選アタックとテストラップなので単純に比較はできませんが、シェイクダウンしたてのマシンでPPと同等のラップを叩きだしているのは興味深いですね。今年はレコードブレイク祭りになる!?

    2017y02m22d_032333274

    (@_@;) ぐるぐる目が回るわww エクソンモービルは今季からレッドブル・レーシングのパートナーとなりましたが、「Mobil 1 The Grid」から、オーストラリア人F1ドライバー、ダニエル・リチャルドがエクソンモービルのヒューストンキャンパスでデモランした時の車載映像が公開されています。カメラはなんとステアリングホイールに取り付けてあるので凄いことにwww

    2017y03m01d_010909271

    スペイン・バルセロナにて、多くのファンが見守るなか始まったF1オフシーズンテスト。17年型マシンによる初の合同テストですが、カタルニアサーキットを駆け抜ける姿を現地のファンが収めています。「Sky Sports」の中継とはまた違った臨場感がありますね。気になるマクラーレン・ホンダですが連日のトラブルに泣いていて、オートスポーツによると初日のは「オイルタンク内のオイルが偏らないようにする板状のパーツの配置がうまくなく、Gがかかった時にオイルが吸えない」トラブルのようです。そんな状況でもアロンソがピットへ戻ってくると拍手がわくバルセロナ。はやく良くなってほしいなぁ…

    2017y02m23d_141339949

    カッコイイなぁ(*´ェ`*) グッドウッド第75回メンバーズミーティングで、1982年のF1世界選手権でコンストラクターズランキング2位を獲得したマクラーレン「MP4/1B」が走行しました。その時の激走シーンが公開されています。ジョンバーナードが設計したF1初となるフルカーボンモノコック採用のウィングカー(グランドエフェクトカー)。エンジンはコンパクトでウィングカーに最適といわれたフォード・コスワース製の3L V8 DFV。82年は#7ジョン・ワトソンと#8ニキ・ラウダで4勝を挙げています。この年、ジル・ヴィルヌーヴの事故死をはじめ、ディディエ・ピローニの宙を舞う大事故など、危険なクラッシュが相次ぎ、強力なダウンフォースを得るグランドエフェクトカーは終焉を迎えました。

    2017y02m25d_145352466

    2017年のF1世界選手権を闘うフェラーリの新車「SF70H」のシェイクダウン走行をフィオラノサーキットのコース脇からスパイショット!初走行では公式動画の方にでていたキミ・ライコネンと、ヘルメットで判断するとセバスチャン・ベッテルもステアリングを握っているようです。

    2017y02m24d_141227519

    2017年のF1世界選手権に参戦するザウバーが「C36フェラーリ」のシェイクダウンを22日(水)に開催。撮影目的で行われた走行をレギュラードライバーのマーカス・エリクソンが担当したようです。今年はザウバーにとってF1参戦25年目の節目の年、エンジンカバーには大きく「25 Years」と刻まれて気合がみられます、もう一人のドライバー、パスカル・ウェーレインとどんな結果を残すのか!?

    2017y02m22d_030531375

    レッドブル・レーシングのF1ドライバー、マックス・フェルスタッペンが2017年のヘルメットを公開しました。F1ではBELL製のヘルメットが幅を利かせるなか、マックスは今年もアライですね。気になるカラーリングは父親から受けついだお馴染みの顎のラインを基調にしていますが、全体的な色合いはツヤ消しのレッドブルカラーになっていて、側面には「RED BULL」のロゴを大胆にあしらっています。20日に発表されたレッドブルKTMのMotoGPマシンもツヤ消し仕様でしたが、レッドブル・レーシングは今季もマットカラーで確定か!?ニューマシンRB13は2月26日にオンライン発表されるそうです。

    2017y02m16d_160617916

    マニアックなコンピレーションきたwww F1世界選手権の2016年シーズンを最後にチーム消滅となってしまったマノー・レーシング。運営母体は異なるものの、2010年に「ヴァージン・レーシング」として参戦して以降、「マルシャF1」「マノー・マルシャ」「マノー・レーシング」と名前を変えながら戦ってきたチームですが、新たな売却先との交渉もむなしく2017年1月に破産してしまいました。そんな弱小チームのF1参戦時のクラッシュをフルコンしたビデオです。(※神采配でビアンキの事故はナシ)

    2017y02m12d_222533412

    2017年のF1世界選手権はマシンの規約が大幅にかわり、その一つにタイヤ幅の変更があげられます。フロントは6センチ、リアは8センチ太くなり外径も1センチアップ。重量でいうとフロントは1kg強、リアは1.5kg以上増えるそうです。メカさんたちもタイヤ交換を俊敏に行えるよう筋トレに励んでいることでしょうwww そんなメカニックたちのピットストップ練習を、チームに合流したてのバルテリ・ボッタスが見学。その様子が「メルセデスAMG F1」から公開されました。超速ピット作業で知られるウィリアムズから移籍してきたボッタスの表情は!?

    2017y02m08d_224045210

    F1世界選手権の今オフのビッグニュースの一つに、長年にわたりマクラーレンのパートナーとしてやってきた「エクソンモービル」が懐をわかち、新たにレッドブルとパートナーシップを締結した一件があります。マクラーレンにエンジンを提供しているホンダからすると大変迷惑な話だと思うのですが、当のエクソンモービルとレッドブルから新しい旅立ちを祝う「RB7」によるデモランムービーが公開されています。マシンに乗り込むのはダニエル・リチャルド、デビッド・クルサードもマイクを片手に登場!ロケーションは米テキサス州にあるエクソンモービル・ヒューストンキャンパスだそうです。

    2017y01m28d_140446140

    昨年12月、ツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY 2016」に訪れたフェルナンド・アロンソとマルク・マルケスのスペシャルムービーがホンダから公開されました。王者としてどのようにレースに取り組んでいるのかや、ホンダサンクスデイの感想が語られています。アロンソがMotoGPチャンピオンマシン「RC213V」に乗ったり、マルケスがスーパーGTの「NSX CONCEPT-GT」をドライブしたりできるのは幅広いモータースポーツ活動をするホンダならではですね。2本合計8分ほどのビデオ。

    2017y01m24d_192837739

    2017年の「レース・オブ・チャンピオンズ(ROC)」は米マイアミにある野球場「マーリンズ・パーク」につくられた特設コースで開催。F1、NASCAR、インディカー、WRX、ルマンなどから王者達が集い2日間に渡り熱いバトルが繰り広げられました。中でも凄かったのがネイションズカップでのセバスチャン・ベッテル。前日のクラッシュで大事をとり欠場した同郷のウェーレインの分も出場し6戦6勝で勝ちあがり、決勝ではチームUSA NASCARのブッシュ兄弟を下し負けなしの8戦全勝でドイツを優勝に導く無敵ぶりでした。ROC公式のハイライトと決勝バトルをピックアップ。

    2017y01m10d_213922077

    懐かしのキャメルカラーを纏い、1988年のF1世界選手権で活躍したロータス「100T」の走行確認テストの様子が公開されています。エンジンはホンダ製の1.5L V6 ツインターボ「RA168E」を搭載。この#2は中嶋悟がドライブしたマシンで、当時のチームメイトはネルソン・ピケ。ドライバーズランキングはピケが6位、中嶋悟は16位で、コンストラクターズランキング4位を獲得したシーズンでした。F1ターボエンジン最後の年でもあります(2014年に復活)。2016年10月10日に撮影されたホンダ公式と「バイク動画 MotoBasic」の動画をピックアップ。

    2017y01m22d_125114027

    マイアミで行われている2017年の「レース・オブ・チャンピオンズ(ROC)」でF1ドライバーのパスカル・ウェーレインがやらかしてしまったので報告します。ポラリス社製の三輪車「スリングショット」をつかった勝ち抜き戦で、F1引退を撤回したフェリペ・マッサと対決。僅差のバトルで熱くなったウェーレインがフィニッシュライン付近で勢い余ってセンターバリアへ接触しマッサへ乗り上げるかたちで横転してしまいました。同乗者がいるんだから少しは加減すればいいのにwww 負けず嫌いのレーサーの血が騒いでしまったか…同乗者の怪我が心配されたけど、どうやら無事なようです。

    このページのトップヘ