F1

    2017y08m17d_113652526

    6月3日に開催されたウィリアムズ40周年記念イベントで、往年のレーシングカーから最新のFW40までがデモランをおこないました。ウィリアムズから、各マシンの走行シーンを少しずつおさめたムービーが新たに公開!1977年に「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」としてはじめてF1に参戦したマーチ761にはじまり、ウィリアムズとして初めて制作したFW06、アラン・ジョーンズのFW07、6輪マシンFW08B、マンセルのチャンピオンマシンFW14B、ヒルのチャンピオンマシンFW18、2014年のFW36、そして2017年のFW40がシルバーストンを駆け抜けています。

    2017y08m16d_002254321

    中嶋悟が1988年のF1世界選手権で使用したマシン「ロータス・100T」シャシー#5を、黒澤元治がドライブしてみた、1990年ベストモータリングのビデオが公開されました。88年のロータスは車体開発に失敗、同僚で前年王者のネルソン・ピケの最高位が3位でドライバーズランキング6位。中島悟は最高6位でランキング16位という渋い結果でした。過去にウィリアムズを走らせたという黒澤元治は、ホンダの1.5L V6ターボエンジン最後のマシンをどう走らせたのか!?ガンさんが照れくさそうに「五十のおじさんにこんなもん乗らせるなよな!」と文句つけるあたり、昭和の漢という風情でイイですね!本当はF1に乗れて嬉しいくせにwww

    2017y08m16d_005822221

    懐かしのレイトンブルーがスパ・フランコルシャンを駆け抜けた!日本のバブル時代のモータースポーツを象徴するマシンのひとつに、レイトンハウスカラーのグループCカー「クレマー・ポルシェ962C」がありますが、そのポルシェが、ベルギーで開催されたイベント「スパ・クラシック 2017」で走りました。その時のオンボード映像!F1のカラーリングもかっこいいけど、こちらもパステルカラーが映えて綺麗ですねぇ。

    2017y08m11d_193411293

    8月17日(木) から 20日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦「ラリー・ドイチェランド」にあわせ、WRC公式から、2015年大会のロバート・クビサ(フォード・フィエスタRS WRC)のオンボード映像が公開されています。ステージはブドウ畑の丘陵地を縫うようにひろがる、SS9「Grafschaft1」。クビサは、狭い農道を駆けぬける18.35 kmのスペシャルステージを11分01秒でフィニッシュ、総合12番手タイムを記録しました。

    2017y08m10d_144634167

    7月30日(日)、ハンガロリンク・サーキットで開催されたF1世界選手権 第11戦「ハンガリーGP」でファステストラップを記録したフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ MCL32)。そのオンボード映像が、ファステストラップアワードを主宰するDHLから公開されています。アロンソはレース終盤の69周目に1分20秒182をたたき出し最速ラップを記録、6位に入賞し貴重なポイントを獲得しています。

    2017y08m07d_175843714

    今年で最後となる「鈴鹿1000km」に、F1ドライバーのジェンソン・バトンが#16 MOTUL MUGEN NSX-GTの一員として挑戦します。スーパーGTもGTマシンでのレースも初めての経験ですが、ホンダから、バトンのスペシャルムービーが公開されました。真夏の祭典にどんな想いで挑むのか!?SUPER GT 第6戦「第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km THE FINAL」は、8月26(土)27日(日)に開催!

    2017y08m03d_105259334

    F1復帰を目指し、ハンガリーでの公式テストに登場したロバート・クビサがちょっとやらかしていました。ガレージから出る時に右リヤタイヤを柱にヒットさせてしまい、上に掲げられていたネーム入りの看板を脱落させるハプニングww 誰も直撃をうけなかったけど、あの看板って軽くはめてあるだけなんですねwww 2011年2月の忌わしいラリー事故以来、初めて最新のF1マシン(ルノーR.S.17)をドライブしたクビサは142周をこなし、1分18秒572(コンパウンドはウルトラソフト)のタイムで総合4番手を記録しています。復帰にむけ本格始動か!?

    2017y05m15d_230521852

    スペイン・バルセロナにあるカタルニア・サーキットをゆくF1マシンのオンボード映像3本です。一つ目はフェラーリのキミ・ライコネンがピットをスタートし、ひと回りして戻ってきます。フェラーリの燃料パートナーであるShellから公開された360°オンボード映像。ふたつ目は、ニコ・ヒュルケンベルグのルノー「R.S.17」が、前半セクションをカットしたショートコースをひと回りする360°オンボード映像です。ルノーに燃料を供給するカストロールから公開。三つ目はフェリペ・マッサのウィリアムズ「FW40」のノーズにつけたオンボード映像です。残念ながらどれも撮影用のラップですねww

    2017y07m26d_160129880

    セバスチャン・オジェの個人スポンサーであるレッドブルの計らいで初めてF1をドライブ、レッドブルリンクを約100kmほど走行しましたが、その時のオンボード映像や360°VRオンボードがRed Bull Racingから公開されました。2011年のF1マシン「レッドブルRB7」に乗り込んだ、4度の世界ラリー王者のアタックに注目!!アウトラップで、やたらと後方を確認していて何かと思ったら、もう一台後ろにいたんですね。クルサードかな?アウトラップだけで退散。

    2017y07m21d_132631967

    1977年設立、アヴァンギャルドなF1界で長年活躍し続け、今年40周年をむかえたウィリアムズF1チームですが、1980年代にはウィングカー(グランドエフェクトカー)且つシックスホイラーという猛烈にお馬鹿なマシンを製作していました。リア4輪、フロント2輪の「FW08B」は、開発が進められていた82年末にグランドエフェクトカーも、6輪車も、両方ともレギュレーションで禁止されたため実戦デビューする事はありませんでした。そんな憂き目にあった珍マシンが「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2017」でデモラン!

    2017y07m20d_171701185

    FIA世界ラリー選手権に参戦しているセバスチャン・オジェ(Mスポーツ)が、2011年のF1マシン「レッドブルRB7」に乗り込みレッドブルリンクを約100kmほど走行しました。WRC公式からその模様が公開!個人スポンサーのレッドブルの計らいで実現したそうですが、サポート役にはレッドブルからF1に出場したデビッド・クルサードが登場。WRC公式によると、最後はトラクションコントロールを解除し、繊細なスロットルのタッチを楽しんだようです。オジェのフルフェイスヘルメットも新鮮ですね!

    2017y07m15d_113633095

    6月3日、4日の二日間にわたり富士スピードウェイで開催された「Porsche Experience Day 2017」。ポルシェ・カレラカップ・ジャパンなどと同時開催されたイベントですが、F1で活躍し、耐久レースで多くの勝利をあげたレジェンド、ジャッキー・イクスがデモランを行いました。そのイベントムービーがポルシェ公式から公開されています。お客さんが撮影したデモランビデオと一緒にピックアップ!イクスがステアリングを握ったのは、マルティニカラーのポルシェ・936とロスマンズカラー(タバコ広告禁止仕様)のポルシェ・956という伝説的マシン。後者はグループCカーを象徴するマシンですね。カッコイイ。

    2017y05m16d_233835489

    レッドブルのF1ドライバーであるダニエル・リチャルドが、今年5月にハンガリー・ブダペスト市街地を「RB7」で走ったデモランの模様がレッドブルレーシングから公開されています。ムービーバージョンと360°オンボードの2本の映像!沿道に沢山のファンが集まる特設コースを駆け抜け、アグレッシブなバーンナウトを終えると、メカさんがそそくさと駆け寄ってきて即効冷却www

    2017y07m04d_184553279

    F1サーカスを世界規模のショーに育てあげたバーニー・エクレストンですが、2017年シーズン前にアメリカのリバティ・メディアがF1を買収したため、最高責任者から退き一つの時代が幕を閉じました。今年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」は、そんな節目を迎えたF1がテーマ。時代を駆けぬけた新旧マシンたちが集結しました。公式から公開されたF1パートムービーです。40周年を迎えたウィリアムズや、ホンダRA300、グランドエフェクトカーやファンカーなどのヴィンテージマシンに加え、F1復帰を目論むロバート・クビサがロータスE20で登場!ピエール・ガスリーがレッドブルRB7、ニコ・ロズベルグが半年ぶりにF1のステアリングを握るなど多くの見所がありました。サムネイルはトヨタF1で。

    2017y07m01d_133953504

    2012年3月25日、栃木県ツインリンクもてぎにてレジェンドドライバーを交えたモテギ1.5チャレンジカップレースが開催。その模様がベストモータリングから公開されています。中嶋悟、高橋国光、鈴木亜久里、土屋圭市、金石勝智など一線で活躍したドライバーからピストン西沢、オートスポーツ誌の編集者などがガチバトル!チャレンジカップ用の6MTホンダ・フィットRSで予選、決勝5周を戦います。ドリキンは予選でトラブって大ピンチ!なんて思ったら流石でしたねww かっこよすぎwww

    2017y07m04d_134511776

    余りに狭いコースでヤケになってるじゃないかww 最初に止まる位置をミスったのが痛かったですねぇwww 「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2017」で、芝生へはみ出しまくってドーナッツターンをきめる元F1ドライバー、ニコ・ロズベルグのデモランの様子です。「家に帰るんだニコ。おまえは酔っぱらっている!」とか、コメントでも突っ込みを入れられています。チャンピオンを獲得して引退したニコですが、そのかわりにメルセデスに来たバルテリ・ボッタスもデモラン。こちらはうまい事ターンをキメています。グッドウッド公式とメルセデスAMGのビデオから。

    2017y07m02d_154132523

    8月26日(土)・27日(日)に開催されるSUPER GT第6戦「鈴鹿1000km」。1966年より開催され今年でラストとなる伝統の耐久レースですが、最後に花を添えるかたちでF1ドライバーのジェンソン・バトンが参戦、この過酷なレースに挑みます。そのため6月30日、7月1日の二日間、鈴鹿サーキットでおこなわれた公式テストにもバトンが登場。#16 MOTUL MUGEN NSX-GTを走らせましたが、その時の様子を映したビデオがありました。ドライバー交代練習に励む姿やトークショーなどを映したビデオ6本をピックアップ!

    2017y07m01d_121730225

    「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2017」二日目の金曜日ハイライト映像。この日はF1マシンやプロトタイプカーなど多くのレーシングカーが走行。1992年にナイジェル・マンセルがF1王者に輝いた「ウィリアムズFW14B」、91年のチャンピオンマシン「マクラーレン・ホンダ MP4/6」、マヒンドラのフォーミュラEマシン、ダカールで活躍したカマズのカミオン、他にも、マッド・マイクのND型マツダ・ロードスターや、最近モンスターエナジーのムービー「BATTLEDRIFT 2」で斎藤太吾との競演が話題になったスティーブ“バグシー”の日産GT-Rなどドリ車も登場!派手なバーンナウトで会場を沸かせたようです。

    2017y05m15d_221252398

    ついこの間のF1アゼルバイジャンGPで問題をおこしてしまったセバスチャン・ベッテル。現在はフェラーリのドライバーですが、レッドブル時代の懐かしいドッキリビデオをピックアップ。オンラインのタイヤ販売サイト「Tirendo」のプロモーション映像です、結構有名かなぁ。80年代に流行ったマレットヘアーに髭ヅラ、お腹ぽっこりなタイヤ屋のオッサンに変装してノリノリでイタズラするベッテルの姿をどうぞwwww

    2017y06m19d_224208986

    この姿が見たかった!2011年のラリー事故以降、怪我の後遺症からF1を離れていたロバート・クビサが、ルノーの用意したプライベートテストでロータスE20(2012年のF1マシン。エンジンはルノー)をドライブ。クビサが事故前最後にF1を走らせた地である、スペインのリカルド・トルモ・サーキットを115周しました。じつに6年ぶりのF1ドライブ。その時のようすがチラッとみれるビデオです。復帰に向けてのテストではないようですが、ルノーも粋なはからいするなぁ。

    このページのトップヘ