F1

    SnapCrab_NoName_2015-7-8_1-7-16_No-00

    父親のヨス、息子のマックス、二人揃ってモータースポーツの最高峰までたどり着いたフェルスタッペン親子が、イタリアのザントフールトでガチンコ勝負!マックスはトロロッソのショーカー、親父のヨスは自分が乗ってたミナルディかな?結果はもちろん現役ドライバーの圧勝だったけど、スタートの迫力はなかなか。親父は長年乗ってないだけあって、さすがに感が鈍ってるねwルマンに出場の噂もあるけどハードトレーニング必至。

    2015y06m30d_004235823

    何故ここでスーパーフォーミュラのプロモーションをしようと思ったのか…慎重に運転してる平川亮はステアリング系のトラブルって訳でもないよね?ピエール北川さんは場を盛り上げようと必死に発言してるのはさすが司会業。ゲストの川井ちゃんも「結構難しいですよ」ってお茶を濁してるけど、マジで狭すぎだろぅ…というか報道陣も邪魔だしw危なっかしくてパフォーマンス出来ないよ…小林可夢偉はなんとか成功!?

    2015y06m29d_154945811

    今年のグッドウッド(FOS)では、1991年のF1世界選手権でアイルトン・セナがチャンピオンを獲ったマクラーレンMP4/6で、ヒルクライムコースを走行したジェンソン・バトン。道幅狭いしストレートも短かいから、アクセル全開には出来ず、あの甲高い音は聴けないけど、ホンダV12エンジンの音。セナが最後にチャンピオンを獲ったマシンだけど、マツダ767Bみたくクラッシュしたら相当ヤバいwよくこんなコース走らせるよ…

    2015y06m26d_131828489

    イギリスで毎年開催されているモータースポーツのイベント“グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード”。その常連としてほぼ毎年参加しているイギリス出身のF1ドライバー、ジェンソン・バトンの15年間が一挙にみれる動画がドロップ!ウィリアムズやルノー、ホンダといった自身が乗ったF1マシンから、メルセデス・ベンツやマクラーレンの歴史的名車まで色んなクルマに乗ってる。続けてみると結構壮観だったw今年は本業がアノ状況だけど何乗るのかな…

    2015y06m22d_004834660

    いや〜懐かしい。3人のチャンピオンを含む昔の個性派ドライバー達が2015年F1オーストリアGPのレジェンドパレードでクラシックF1カーをドライブ。地元出身のラウダとベルガーに加え、ピケとプロスト、アレジ、パトレーゼ、ダナー、もう一人はマルティニかな?マンセルがいないねwほとんどが日本がF1ブームに沸いてた頃に活躍したドライバー、でもみんな白髪になちゃった…時の流れを感じるけど、記念撮影でのピケの不意打ちワロタwww

    2015y05m22d_224410405

    伝説のF1レーサー、ジャッキー・スチュワートの素顔を、友人であるロマン・ポランスキー監督が捉えたドキュメンタリー映画の予告編がドロップ!1971年モナコGPの週末を舞台に、サーキット内外でのジャッキーの様子を克明にとらえ、1972年にベルリン国際映画祭でワールドプレミア上映後、倉庫に眠っていたというこの作品、予告編をみるだけでも、セベール、ピーターソンなど当時のレーサーの表情やサーキットの熱気がうまく映し出されてワクワクしちゃうね!

    2015y05m17d_144704797

    イギリスのコンストラクターのティレルが1976-77年のF1GPに送り出した衝撃のマシン『ティレル(タイレル)P34』。2年間で1勝に終わったものの史上初の6輪マシンは多くの人の脳裏に焼き付いているはず。そのマシンの開発も務めたパトリック・デパイユの1976年モナコGP車載カメラ、意外に乗りやすそう!?今年のモナコGPは5月21日(木)からモンテカルロ市街地コースで開催!

    2015y05m07d_003612027

    1988年のF1世界選手権で16戦中15勝という圧倒的な強さを見せたマクラーレン・ホンダのMP4/4。その年にチャンピオンを獲ったセナのマシンをフェルナンド・アロンソがドライブする映像のフルバージョンが新たに公開された。これはマクラーレンとタグ・ホイヤーのパートナーシップ30周年を記念し制作された動画『Don't Crack Under Pressure – A Legend Returns(プレッシャーに負けるな - 伝説は再び)』。マルボロカラーのマシンとアロンソのアストゥリアスブルーの色合いが新鮮!ちなみにチームメイトのバトンは今季マシンのMP4-30をドライブして登場する。

    2015y04m29d_213929938

    1964年、日の丸カラーのマシンRA271で日本車として初めてF1参戦を果たしたホンダ。F1初挑戦から1965年メキシコGPで初勝利するまでの裏舞台を本田宗一郎とチーム監督中村良夫のぶつかり合いを軸に描いた物語が公開!漫画と写真、ナレーションを交えた18分!

    2015y02m26d_143514117

    2015年はKYGNUS SUNOCO Team LeMansのドライバーとして日本のトップカテゴリーに参戦する小林可夢偉。チームのファンミーティングで行われたトークショーの模様がKAMUI TVから公開!参戦を決めた経緯や、開幕戦への意気込みなどを語った約20分です。

    image

    2015年のF1世界選手権を戦うマシン『SF15-T』が発表されたばかりのフェラーリから、マシンの最後の仕上げであるスポンサーロゴの貼付け作業をタイムラプス撮影した動画が公開。10人程でサクサクと作業、意外と大人数でびっくりしましたw

    2015y01m29d_1155365583

    F1世界王者の二人がまさかの寸劇を披露!29日にマクラーレン・ホンダMP4-30の正式発表が迫るマクラーレンが『Back to the Racetrack』とタイトルがうたれたショートフィルムを公開。バトンとアロンソが懐かしのSF映画の主人公、マーティとドクになりきってる!?デロリアンの代わりには勿論マクラーレン650sが登場する。

    2014y12m31d_133614011

    先日行われたKAMUI TV公開収録の様子がドロップ!苦難の1年を乗り切った小林可夢偉が、ゲストの川井一仁と共に今年一年を振り返った。チームに対しての可夢偉らしいぶっちゃけトークや、シーズン途中に現れた謎のスポンサー女性についてなど、興味深い話が満載となっている。

    2014y12m26d_034306647

    来期のF1マクラーレン・ホンダ、レギュラードライバー二人のインタビュー字幕バージョンが公開された。体制発表の時にマクラーレンからリリースされたも、二人の意気込みがわかるナイス動画。

    2014y12m05d_002652506

    ここまでレーシングスーツが似合わない男も珍しい!?世界のトップDJとして君臨してきたデビッド・ゲッタがニューアルバム『LISTEN』をリリース。その先行シングルとして10月6日に世界同時発売された『Dangerous(feat. Sam Martin)』のMVではF1ドライバーに扮したゲッタがロータスF1マシンに乗り込んでいますwww表彰台ではグロージャンの姿もチラ見!

    目を凝らしてよーく見ていただきたい、一番左に写っている髭のオッサンは、紛れも無くiphone行列でお馴染み、ビッグウェーブことBUTCHさんではなかろうか?
    これは完全に一致wwwいったい何者なのか?謎は深まるばかり

    2014y09m03d_234439134

    ジル・ヴィルヌーヴがドライブした最期のレーシングカーとして多くの人の心に刻まれるフェラーリ・126C2。このマシンでF1に出場した1982年、相次ぐ事故でドライバー交代を余儀なくされドライバーズタイトル獲得はなりませんでしたが、最終的にコンストラクターズタイトルを獲得。デザイナーは80〜90年代にかけて活躍したハーベイ・ポスルスウェイト。また、このマシンには、ディディエ・ピローニ、パトリック・タンベイやマリオ・アンドレッティなどのドライバーがのっている。

    このページのトップヘ