MotoGP・二輪

    2017y10m16d_005137826

    MotoGPでチャンピオンを争う二人#4アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と#93マルク・マルケス(ホンダ)のホットバトルで沸いた第15戦日本GPは、ファイナルラップ最終コーナーまで目が離せない展開がつづき0.2秒差でドヴィツィオーゾが優勝、マルケスが2位となりましたが、そのチームメイトのダニ・ペドロサはトラクション不足に陥り「転ぶ前にリタイア」してしまいました。そんなペドロサは今回のもてぎ戦を前に、自身とサムライをからめたスペシャル映像2本を収録。イイ話とシビレル内容でそれぞれMotoGPとレッドブルから公開され話題になっていました。ドヴィツィオーゾvsマルケスのハイライト映像と一緒にPickUP!

    06)

    死と隣り合わせの公道レース「マン島TTレース」で注目をあつめる男ガイ・マーティン。そのミステリアスな風貌もあいまって絶大な人気を誇るスターライダーですが、今年のマン島TTにはホンダと無限から出場、無限・神電六でTTZeroクラス2位を獲得しています。そんなガイ・マーティンが2017年のF1ベルギーグランプリで「ウィリアムズF1」のピットクルーを体験!F1公式からその時の模様が公開されました。ガイが任されたのはピットストップ時のタイヤ交換で左リアタイヤを引き抜く係。ひたむきに練習する姿が印象的ですが、よりによって俊敏なピット作業をおこなうウィリアムズでデビューだなんて…いくら強心臓の男でもバリバリ緊張するだろうなぁ。はたしてレース本番で仕事を全うできたのか!?

    2017y10m10d_111059392

    X・GAMESやナイトロ・サーカスでお馴染み、フリースタイルモトクロスを得意とするオールラウンダー、トラビス・パストラーナが、10月5日イギリスのテムズ川でスタントに挑戦しました。テムズ川に浮かぶ2艘のはしけの間の23メートル以上の距離をオートバイで後方宙返り!ミレニアム・ドームをバックに見事スタントを成功させました。加速のための距離はわずか45メートルなんて怖い…ちなみにテムズ川のこの辺りの川幅は390メートルもあるんですね。びっくり。

    12)

    「マン島TT」で有名な島を空から4K撮影した映像作品「THE ISLE OF MAN FROM THE AIR 」が2018年に完成予定らしいのですが、その予告編が公開されました。遺跡、汽車、田畑、一面のグリーンが映える美しい景観。何も知らなければ、ここで毎年何人も死ぬような命懸けの公道レースが行われているなんて夢にも思わないですね。。。のんびり一人旅に出たくなるほど奇麗!ちなみに、2017年のマン島ツーリストトロフィでは3名のライダーが亡くなっています。

    2017y09m17d_195925147

    ライダーには悪いけど、後ろのおっちゃんニッコニコでワロタwwww 9月10日に茨城県「トミンモーターランド」で開催されたJAGEカップジムカーナ大会第3戦でのハプニングシーンが人気になっていました。うまく周れて気分も高揚してたんだろぅ、シメのジャックナイフで思いのほかブレーキをきかせてしまい、GSX-R1000が前にくるり!ライダーの上にのしかかるバイク!プロテクターのおかげか、無事ですんだようです。

    2017y09m17d_184519424

    スーパーバイク世界選手権「ポルトガルGP」でカワサキの#66トム・サイクス(Ninja ZX-10RR)が練習走行(FP3)で大転倒、マシンが炎上してしまいました。そのスペクタクルなクラッシュシーンがWorldSBKのフェイスブックページに投稿されるとたちまち人気に!公開から14時間がたった現時点で再生数201万回を数えています。これは怖いなぁ、暴れるニンジャを必死におさえようとするも、下り坂に入りふわっとなってしまい万事休す。ツナギに引火しないでよかったですね。でも、手の小指を骨折した模様です…

    2017y09m16d_000815534

    ミサノで開催されたMotoGP「サンマリノGP」の3日間のクラッシュが140回を記録し歴代最多!なんて話題になっていましたが、半数以上がMoto3とMoto2でおきたそうです。そのMoto3クラス予選ではリビオ・ロイが恐ろしいクラッシュを経験していました。最終コーナー出口で前にいたガブリエル・ロドリーゴがスリップダウン、そのマシンに乗り上げたリビオはマシンごと高くジャンプ!宙を舞ったあと、あぶない角度でストレート上に落下しました。うーん、繰り返し見れば見るほど怖いのなんのwww 15メートル近く飛んだだろうか…首がポッキリいかなくて助かった。この後のメディカルチェックでは肩のケガが発見されたそうです。

    IMG_7244

    2017年9月9日に筑波サーキットで開催された「筑波ツーリスト・トロフィー」FT2クラスで、多重事故に巻き込まれるなど、混乱のまっただ中にいた三名のライダーの車載映像です。これはどうなんでしょう、目の前のコーナーから救急車がコースインしたのを見て赤旗が出ると思ったんだろうなぁ。黄旗(グリーン旗のポストまで追越し禁止)と白旗(コース内に救急車などスローダウン車両に注意)が振られる中、先頭車両が必要以上に減速、グリーンフラッグでもペースを上げないため周りが大混乱。さらに少しでもポジションアップしたい後続集団がグリーンのポスト手前から抜きにかかって先頭グループと接触、多重クラッシュに発展してしまいました。このクラスは競技に参加しやすいよう「筑波ライセンス」で参加できるなど、ハードルが下げられ参加台数も多いのだそうです。でも、ルールを知らないで参加とか危なすぎぃ。。。

    2017y09m04d_132046910

    あんなにゆさ振られてもコケないなんて!「MotoAmerica」ピッツバーグ戦でカワサキ・ZX-10Rのライダーのアンソニー・ウエストが、ハイサイドで暴れるマシンの脇にひっついて転倒をまぬがれるというスーパーセーブをみせました。ハイサイドの反動でヘルメットがライバルのテールにカスりかける恐怖。なんとか激突されないで助かった…マシンを止めたウエストは「おっかねぇ〜」とばかりにしばし戦意喪失ww

    2017y09m02d_115620813

    2000年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで宇川徹/加藤大治郎の手により優勝をはたしたVツインレーサー「VTR1000 SPW」の2017年走行確認テストの模様です。このマシンで宇川は自身3度目、加藤は初の鈴鹿8耐優勝。ホンダとしては4連覇を達成しています。もう1本のビデオは、2004年に宇川徹/井筒仁康のコンビで勝利した「CBR1000RRW」。この年の優勝でホンダは前人未到の8連覇を達成しています。

    2017y09m01d_201856978

    チェコ北部の都市ホジツェで開催されたバイクの公道レースで、ホールショットをうばったカワサキ・ニンジャZX-10Rのライダー(Lukas Maurer)が転倒するまでの車載映像です。スタートで接触ギリギリでライバルに競り勝つと街中や林を抜けるコースを快調に飛ばしていましたが、2周目に入ってすぐのアパートが立ち並ぶ左コーナーでスリップダウンして万事休す!

    2017y08m26d_115154948

    避けたけどコケちゃった(・ω・`) スタート直後の1コーナーだし「何か起きるぞ!」と心構えしていたのだろうけど、あっぶないwww カリフォルニア・グレンヘレン・レースウェイで開催されたオフロードレースで前にいたライダーが右カーブの出口で転倒、バウンドしてきたオフロードバイクを掠める感じで神回避したヘルメットカム映像です。最後は結局、転倒してしまいますが、直撃をうけなかっただけでもラッキーでした。

    2017y08m03d_121835295

    マルク・マルケスのモタードトレーニング風景に上半身裸で整備する姿がチラッと映っているのですが、思いのほかゴツくなっていたので紹介します。スーパーバイクのライダーも筋骨隆々ですが、MotoGPチャンピオンも負けてない。過酷なライディングで負荷のかかる腹筋は綺麗なシックスパック!十代からトップカテゴリーで通用するよう作り上げてきた肉体は美しい。

    2017y07m31d_203830498

    6月9日に行われたマン島TTの「TTゼロチャレンジクラス」でTEAM MUGEN の2台がワンツーフィニッシュ!無限から公式ハイライト映像が公開されました。CO2を排出しないクリーンエミッション機構を動力に持つことが定められたTTZeroクラスでの無限・神電のチャレンジは今年で6年目。怪我をしたジョン・マクギネスの代役で急遽出場した#1 ブルース・アンスティが約60kmのコースを19分13秒924で駆けぬけ優勝、神電は見事4連勝を達成しています。2位に入った#2 ガイ・マーティンのプレスカンファレンスのぶっちゃけトークも面白い!マン島TTのアイドルがTTに飽きたとか言っちゃダメww でも神電なら来年も乗りたいそうですよwww

    2017y07m31d_112215171

    「2016-2017 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」は、ポールポジションからスタートしたヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームの中須賀克行/アレックス・ロウズ/マイケル・ファン・デル・マーク組#21 YAMAHA(YZF-R1)がトップでチェッカーを受け鈴鹿8耐3連覇!トーチュウのハイライト映像などを集めてみました。2位はハスラムが脱水症状が出るまで攻めたという#11 Kawasaki Team GREEN、3位は#5 F.C.C. TSR Hondaでした。

    2017y06m12d_210707149

    (((ll゚Д゚)))なんというバッドタイミング…5月1日に英国スーパーバイク選手権オウルトンパーク戦レース2でおきた激しいクラッシュがこちら。#77ジェームス・エリソンのヤマハYZF-R1が突如パワーを失いスローダウン、真後ろにベタ付けしていた#91レオン・ハスラム(カワサキ ZX-10R)が避ける間もなく追突し大転倒しました。二人のライダーに大きな怪我はありませんでしたが、ハスラムのニンジャは地面に激しく叩きつけられ無残な姿に…

    2017y06m17d_115153512

    5月27、28日にポルトガルで開催された、ハードエンデューロのビッグイベント「Extreme XL Lagares 2017」。GoProから総合2位を獲得したジョニー・ウォーカー(KTM)のヘルメットカムが公開、川沿いに障害物を並べたセクションと、混みごみとした町並みが舞台のプロローグの模様です。まさかのアーバン!狭い路地だけでなく、車通りのある道路の歩道を抜けていったり珍しいコース設定が楽しい、お客さんもずいぶん近いんですね。

    2017y06m13d_202257590

    2017年マン島TTのシニアTTレースでジェームス・ヒラー(カワサキ・ZX-10R)がスーパーセーブをみせました。ゆるい右コーナー立ち上がり、220km/h以上のスピードで暴れ出したニンジャを抑えながらジャンピングスポットに突入!車体が斜めのまま宙に浮くも、見事に着地しレースを続行しました。転倒したら大変な事になっていた…6月9日に閉幕した2017年のマン島TT期間中に3名のライダーが命を落としています。

    2017y06m12d_210530761

    まさかのフロントフリップwww ホルヘ・ロレンソから「神からの警告だ」と言われたクラッシュがこちら。5月20日(土)MotoGPフランスGPのフリープラクティス4でマルクVDSのジャック・ミラーが重心をかえようとしたところフロントが強固にグリップ、そのままバリアへむけ一直線に進み衝突してしまいます。本人に怪我は無いものの、一人別の方向へ走り出す衝撃のクラッシュ映像でした。ちなみに、なぜロレンソが「警告」と発言したかというと「バイクに乗る危険性を認識していない」ライダーの一人だからだそうです。

    2017y06m08d_000305434

    カックンしたまま絶妙なバランスを保ってるwww 6月3日にイギリス・スネッタートンで行われたバイクレースで恐怖の珍プレーが発生しました。カワサキ・ニンジャZX-10Rが落としたアンダーカウルを、BMW・S1000RRのジョシュ・ボイドが避ける間もなくヘルメットに喰らってしまいます。およそ140mph(時速225キロほど)で直撃をうけたジョシュは気絶したまま進み、ライバルの車載カメラにフレームイン!そまま加速していき転倒を喫する姿がとらえられています。運よく軽傷ですんだそうですが、一歩間違えればシャレにならないところだった…

    このページのトップヘ