SF/国内フォーミュラ

    2019y05m23d_210044626

    2019年スーパーフォーミュラ第2戦オートポリスの決勝は「最近のSFは結構波乱がおきるから、優勝の確立は低いけど無くはないと思った。」という16番手スタートの関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がソフトタイヤでスタートし13周目にトップに浮上、45秒のギャップを築くと無難にタイヤ交換をきめトップでチェッカー!大逆転の今シーズン初勝利!!

    2019y04m22d_044556140

    4月20~21日に三重県の鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォミュラ2019開幕戦の公式ダイジェスト映像が公開されています。セーフティカーが4回も出動する大荒れの決勝レースを制したのは12番手からスタートしたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)でした。2位は18年王者の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3位に山下健太(KONDO RACING)。

    2019y04m20d_234805922

    スーパーフォーミュラ 2019 第1戦「鈴鹿」で予選ポールポジションを獲得した#65 牧野任祐 (TCS NAKAJIMA RACING) のオンボード映像が公式から公開!今年から使用される新型車両「SF19」で1周5.807kmの鈴鹿サーキットを1分36秒060でラップしました。なんとスーパーフォーミュラ デビュー戦でポールポジションを獲得!

    2019y04m08d_211040942

    土屋圭市のF3デビュー戦を記録した「Best MOTORing」のビデオ。ドリキンは1989全日本F3選手権 第2戦「富士」でデビュー。新車調達が間に合わずお古のシャシー「レイナード873」#2 ENDLESS PALに乗り込み予選は30台中24番手を獲得、決勝レースでは5ラップ目の1コーナーで2台を一気にパスしようとするも濡れた路面に足を掬われスピン!

    2019y03m18d_202925951

    3月2-3日に鈴鹿サーキットで行われた「モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」の一幕。今シーズンはスーパーフォーミュラにフル参戦するダニエル・ティクトゥムが、レッドブル・ホンダカラーの「RB7」で東ショートコースを走行しました。その時のオンボード映像!

    2019y03m03d_205708903

    グランツーリスモSPORTの3月28日アップデートでスーパーフォーミュラの新型シャシー「SF19」が収録されるらしいんです。「GRAN TURISMO TV」から公開されたプロモーションビデオ。イタリア・ダラーラ社製のSF19は現在、鈴鹿サーキットで合同テストに挑んでいますが、初日の時点で昨年最終戦のポールタイムを2秒も更新しています。

    2019y02m18d_203319310

    2015年の筑波スピード×サウンドトロフィー(SST)の目玉のひとつがこの企画。小林可夢偉のスーパーフォーミュラマシン「SF14」が筑波サーキット全開アタック、それまで脇阪寿一の持っていた非公式コースレコード46秒935(2001年にフォーミュラニッポンのレイナード99L/無限で記録)に挑むというものでした。その勇姿を伝える「VIDEO OPTION」のビデオです。

    2019y01m17d_191407536

    「JAFモータースポーツニュースダイジェスト Vol.31」が公開されました。スーパーフォーミュラとSUPER GTの年間ダイジェストや表彰式インタビュー、12月5日・6日に鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラルーキーテストでは息子の走りを見守りに来た奇才エイドリアン・ニューウェイにもインタビューしています。第5回 SF19 開発テストのレポートもあり!

    2018y12m29d_133422155

    スーパーGTでシリーズ連覇を狙った平川亮/ニック・キャシディ組 #1 KeePer TOM'S LC500は第7戦オートポリスで優勝、最終戦までタイトル争いを展開しますが惜しくもランキング2位。中嶋 一貴/関口雄飛 組 #36 au TOM'S LC500が第5戦富士で1勝、ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉 組 #39 DENSO KOBELCO SARD LC500は第4戦タイで1勝をあげています。

    2018y11m27d_135838967

    11月11日に行われたスーパーGT第8戦もてぎのGT300クラスで優勝、12点差を逆転しシリーズチャンピオンに輝いたのがLEON CVSTOS AMGの黒澤治樹と蒲生尚弥でした。人生で初めて王座獲得した黒澤さんは41歳というベテランドライバーですが、偉大な父 黒澤元治や当時フォーミュラニッポンで活躍していた兄 黒澤琢弥を追い18歳でレースデビューしています。

    2018y10m29d_204548979

    鈴鹿サーキットで開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦は、ポールスタートの山本尚貴(TEAM MUGEN)がランキングトップで鈴鹿にのりこんだニック・キャシディ(KONDO RACING)との一騎打ちを制し二度目のスーパーフォーミュラチャンピオンを獲得しました。キャシディは1ポイント差で惜しくも王座を逃すもKONDO RACINGがチームタイトルを獲得!

    2018y10m28d_024045384

    全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「鈴鹿」の予選がおこなわれ、逆転王座獲得を狙う山本尚貴(TEAM MUGEN)がポールポジションをゲット!公式からPPラップ車載映像と予選ハイライト映像が公開!ポイントリーダーのニック・キャシディ(KONDO RACING)は4番手、ランキング2位の石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)はまさかのQ2敗退で11番手でした。

    C33B8F20-6BDB-4495-BA99-4AF4AB508C90

    9月9日(日)に全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝レースが岡山国際サーキットで開催されました。荒天のためスタートディレイ、周回数減、セーフティカー先導スタート、赤旗中断、度重なるセーフティカーランなど先の読めない展開のなか、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)とのバトルを制し今季初優勝を飾りました。

    2018y09m09d_111252773

    9月8日(土) 岡山国際サーキットで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦「岡山」公式予選でポールポジションを獲得した#19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)のオンボード映像です。元王者達が早々に脱落する波乱の中しっかりQ3に進むと、1分24秒466をマークした小林可夢偉を最後に逆転!1分24秒446で今シーズン初のPPを獲得しました。

    2018y08m21d_213601175

    8月19日に全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦「もてぎ」が開催されたツインリンクもてぎに、スーパーフォーミュラが2019年から導入予定の新型マシン「SF19」が登場!ホンダの2リッター4気筒直噴ターボエンジンを搭載するマシンで山本尚貴がデモランを披露しました。その時の模様が公式から公開。(実況:ピエール北川、解説:鈴木亜久里)

    2018y08m20d_210940324

    8月19日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦「もてぎ」の決勝レースがツインリンクもてぎで行われ、ディフェンディングチャンピオンの石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING/トヨタ)がポールトゥウィンで今季初優勝をはたしました。

    2018y08m18d_220506236

    ツインリンクもてぎで開催されている全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の予選が行われ、ディフェンディングチャンピオン石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がコースレコードを更新するタイム「1分31秒591」をたたき出し今季初ポールポジションを獲得しました。 そのアタックラップの公式オンボード映像が公開!

    2018y08m03d_104531341

    全日本スーパーフォーミュラ選手権が2019年から導入予定の新型シャシー「SF19」の開発テストが富士スピードウェイで開催されました。その中でF1などでお馴染みのドライバー保護デバイス「HALO」を実装しての走行も行われ、公式からその時の動画が公開!ドライバーはトヨタ車が石浦宏明。ホンダ車は山本尚貴が担当しています。

    スクリーンショット(2018-07-11 17.45.08)

    7月8日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦「富士スピードウェイ」の決勝日に行われた、次期型マシン「SF19」のデモラン。その模様が公式から公開されました。ホンダエンジン搭載のSF19に乗り込んだのはチェック走行やシェイクダウンを行った野尻智紀が担当!

    2018y07m09d_165546319

    全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦「富士スピードウェイ」が開催され、ポールポジションからスタートしたニック・キャシディがSF初勝利をあげました。2015年全日本F3王者が国内トップフォーミュラ二年目で優勝!近藤真彦率いるKONDO RACINGにとっては2008年以来10年ぶりの勝ち星でした。

    このページのトップヘ