WEC・スポーツカー・GT

    2018y11m05d_202742912

    ポルシェから公開されている「919トリビュートツアー」南アフリカ篇です。モンスターマシンはアフリカ大陸へも降臨!南アフリカ・ケープタウンの雄大な大自然をバックに「ポルシェ919ハイブリッドEVO」が公道を駆け抜けちゃいます。

    2018y11m04d_162230608

    ニュージーランドのポルシェシリーズで、リトラクタブルヘッドライトの懐かしのポルシェ944がコーナーイン側をついたポルシェ911(997型)と接触、コースからはじき飛ばされタイヤバリアへクラッシュ!フロントエンジンだったのが災いしたのか、そのままゆっくり前転しちゃいました。。。

    2018y11m03d_215020571

    マンタイレーシングのポルシェ911(991) GT2 RS MRがニュルブルクリンクの量販車最速ラップを樹立!ラース・カーンのドライブで6分40秒33を叩き出し、7月にランボルギーニ・アヴェンタドールSVJが記録した6分44秒97をブレイクしました。これでノルドシュライフェのプロダクションカー最速はまたまたポルシェの手に!!

    2018y11m01d_173001325

    ポルシェが世界で展開してきた「919 Tribute Tour」のアメリカ編のビデオです。西海岸の海岸線をつなぐパシフィックコーストハイウェイや、カリフォルニア州モントレーにある有名なサーキット「ラグナ・セカ」などを「ポルシェ・919ハイブリッドEvo」がクルージング!

    2018y10m15d_131551197

    FIA世界耐久選手権(WEC)スーパーシーズン第4戦「富士6時間耐久レース -- 6 Hours of Fuji」の土曜日の予選後におこなわれたドライバートークショーの模様を撮影したビデオです。1本目は小林可夢偉(TOYOTA GAZOO Racing)とジェンソン・バトン(SMPレーシング)の二人。予選正式結果がまだでてないということで可夢偉さんはペナルティの中身を心配www

    2018y10m14d_213456921

    富士スピードウェイで開催されたFIA世界耐久選手権(WEC)スーパーシーズン第4戦。公式チャンネルから二台のトヨタTS050ハイブリッド(TOYOTA GAZOO Racing)のオンボード映像が公開されています。決勝レースで2位に入った8号車はフェルナンド・アロンソがドライブした練習走行の車載映像、優勝した7号車は予選時の映像です。

    2018y10m14d_221846121

    FIA世界耐久選手権(WEC)スーパーシーズン第4戦「富士6時間耐久レース -- 6 Hours of Fuji」の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racingの小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ-マリア・ロペス組#7 トヨタTS050ハイブリッドが今季初優勝!チームメイトのセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組#8が2位に入りトヨタが地元でワンツーフィニッシュを飾りました。公式ハイライト映像などをピックアップ!

    2018y10m01d_214432229

    1976年にデビューしグループ5(シルエットフォーミュラ)で圧倒的な強さを発揮し伝説となったポルシェ935ですが、驚速のストレートスピードを誇った78年型の“モビー・ディック”へのオマージュとして企画された新型ポルシェ935が発表、77台限定で復活発売されます。そんな新型レーサーがイタリアのモンツァサーキットで全開テストに励む姿!!

    2018y09m12d_185249155

    2018年ニュルブルクリンク耐久選手権(VLN)第6戦で凄まじい事故が発生。ジャンプスポットのあるフルークプラッツを抜けたところでジョン・ショフナーのポルシェ・911 GT3 Cupがコントロールを失い大転倒!激しくキリモミしながら何回転もして仰向けで停止しました。。。スローシーンで数えてみたらなんと9回転半もの大クラッシュでした。

    2018y09m09d_161107532

    ランボルギーニ・スーパートロフェオ北米シリーズのラグナ・セカ戦で恐怖の事故が発生。ブレーキトラブルでしょうか、シーナ・モンクの #7 ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオEVO(ウェインテイラー・レーシング)がコークスクリューを直進し減速できないまま正面からタイヤバリアに激突、マシンは反動で垂直に跳ね上がり1回転しました。

    2018y08m31d_200125610

    ラグナ・セカで開催されたモントレー・モータースポーツ・リユニオンに1995年ル・マン24時間レースのウィニングマシン#59 マクラーレン・F1 GTRが登場!マクラーレンで2度のF1王者に輝いたミカ・ハッキネンの手でドライブされました。そのオンボード映像が「RACER」から公開。BMWモータースポーツGmbH製の6.1L V12サウンドがコクピットに轟いています。

    2018y08m27d_230543143

    8月26日、鈴鹿サーキットで決勝レースが行われたインターコンチネンタルGTチャレンジ第3戦「第47回サマーエンデュランス鈴鹿10時間耐久レース」。世界各地から集まったGT3マシンによる“世界一決定戦を制したのは予選2番手からスタートしたメルセデスAMG・チーム・グループMレーシングのラファエル・マルチェッロ/マーロ・エンゲル/トリスタン・ボーティエ組 #888 メルセデスAMG GT3でした。

    2018y08m22d_233312449

    イギリスのポルシェ カレラカップのスネッタートン戦でロケットスタートをきめたマシンが1周目で13台をオーバーテイク!その車載映像がポルシェから公開されました。#88のポルシェ911 GT3 Cup (991)をドライブするのはカレラカップフランスの新人王者ヴァランタンさん。ライバルをまるで下位クラスのマシンのようにゴボウ抜きするアドレナリン動画wwww

    2018y08m18d_122007958

    2018年7月14日、タイ・バンコクで開催されたイベントにル・マン24時間レース、FIA世界耐久選手権(WEC)ともに3連覇を果たした「ポルシェ919ハイブリッド」が登場、ポルシェ史上最も複雑なレーシングカーでチャオプラヤ川を横断するプミポン橋や賑やかなチャイナタウンなどを駆け抜けました。その時のかっこいいムービーがポルシェから公開!

    2018y08m12d_201442529

    ル・マン24時間レース及びFIA世界耐久選手権(WEC)3連覇を果たしたポルシェがLMP1活動終了後にレギュレーションにとらわれないLMPカー「ポルシェ・919ハイブリッドEvo」を発表。これまでニュルブルクリンク北コースやスパフランコルシャンで最速タイムを記録してきましたが、今年のグッドウッドFoSにも姿を見せヒルクライムに出走しました。

    2018y08m03d_000947197

    ツーリングカーの熱い喧嘩レースBTCC(イギリスツーリングカー選手権)のドライバーズチャンピオンとそのマシンがわかるフォトムービーです。ドライバー、メーカー、チームなど多くのタイトルを獲得しているホンダ・シビックや、参戦2年目(2017年)でドライバーズタイトルを獲ったスバル・レヴォーグなど日本車が大活躍しているのも魅力的!

    2018y07m31d_144152118

    ポルシェが1998年のル・マン24時間レースやFIA GT選手権に参戦するために開発した「ポルシェ・911 GT1 '98」がグッドウッドFoSでヒルクライム!ロードアトランタで開催されたプチルマンで「離陸したポルシェ」として名高いですが、ルマンではトヨタ・GT-One TS020とデットヒートを演じポルシェ・911 GT1が1-2フィニッシュを達成しています。

    2018y07m25d_132303261

    ホンダの新型シビック タイプRが英国シルバーストン・サーキットで「タイプRチャレンジ2018」に挑んだ時の車載映像です。新型FK8シビック・タイプRでBTCC(イギリスツーリングカー選手権)に参戦、優勝も果たしているマット・ニールが、市販FF車のレコードタイム2分31秒32をたたき出しました。やろうと思って紹介し忘れてたので遅報ですw

    2018y07m25d_151706319

    1998年のFIA GT選手権でデビュー以降無双状態だったGT1規定のレーシングカー「メルセデス・ベンツ・CLK-LM」が2018年のグッドウッドFoSに登場!ベンツがサルテサーキットで離陸した1999年の光景が脳裏に焼きついている…なんて人が多いのでしょーか。動画コメント欄でも「空まで届く!」なんてネタにされてますねw でもこちらは前年のマシン。宙を舞うどころか、ルマンでは2時間ほどで2台ともリタイヤしています。。。

    2018y07m25d_133400717

    ホンダ・シビック タイプRがポルトガルのエストリルサーキットでも市販FF車最速タイムをたたき出しました。ホンダから公開された2分1秒84オンボード映像です。これで新型シビック タイプRはフランス、ベルギー、イギリスに続きポルトガルでもFF最速の座をゲット!

    このページのトップヘ