ラリー・ヒルクライム

    2018y11m18d_204159354

    2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第13戦オーストラリアでタイトル争いに決着。ドライバーズ選手権はセバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC)が獲得。マニュファクチャラーズタイトルはトヨタが1999年以来通算4度目のタイトルを獲得しました。公式からTOYOTA GAZOO Racingのオット・タナクのSS14のオンボード映像が公開!

    2018y11m17d_191216399

    レッドブルのサポートをうけ違うカテゴリーで活躍する二人が夢の競演。ドリフト界で名を馳せるマッド・マイク・ウィジェットのマツダ・RX-8と、ダカールラリートラック部門王者エドゥアルド・ニコラエフのカマズ4326トラックがロシアのサンクトペテルブルクで大暴れ!

    2018y11m09d_210038108

    11月3-4日に愛知県新城市で開催された2018年全日本ラリー選手権第10戦「新城ラリー」でTOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリスWRCがデモ走行を披露しました。ドライバーはヤリスWRCの開発に携わり2017年にレギュラードライバーをつとめたユホ・ハンニネン。お客さんが撮影したビデオをピックアップしてみました。

    2018y10m29d_233926594

    10月25-28日に開催されたFIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー スペインはシトロエンからスポット参戦した最強の助っ人セバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ (シトロエン C3 WRC)が最終日に総合トップに躍り出るとセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)の追撃を振り切り2013年のラリー・アルゼンチン以来となるWRC通算79勝目をあげました。

    2018y10m28d_032021495

    標高2.041メートル地点を通るルーマニアの国道「トランスファガラシャン」はトランシルヴァニア山脈の中でも最も高いファガラシュ山脈を越える峠道ですが、Subaru WRX STI Type RAがタイムアタックに挑戦しました。ドライバーはスバルと共にマン島やニュルブルクリンク、グッドウッドFoSで記録を作ってきたマーク・ヒギンズが担当!!公式ムービーが公開

    2018y10m25d_021025183

    元F1ドライバーでTOYOTA GAZOO Racing WECドライバーの小林可夢偉と中嶋一貴がトヨタのワールドラリーカー「ヤリスWRC」をドライブ!普段乗りなれたTS050ハイブリッドと運転方法が全く異なるマシンで何を感じたのか!?

    2018y10m21d_013509231

    TOYOTA GAZOO Racingから2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦することになったクリス・ミークのメッセージムービーが公開されています。なんでもキャリアのはじめに兄のカローラのコドライバーをつとめクラス優勝したり、2008年のラリーバルバトスにはカローラWRCに乗り優勝したりして、トヨタのクルマにはいい思い出があるそうです。

    2018y10m16d_123835893

    10月25-28日に開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦カタルーニャで久々にワークス参戦するフォルクスワーゲンの直前テスト映像です。ドライバーにはペター・ソルベルグとエリック・カミリを起用しWRC2クラスへ参戦するポロGTI R5はカラーリングもビシっときめてすでに戦闘体制に突入!?

    2018y10m18d_203746460

    WRCにおいて人気や実力はあったものの、危険なクラッシュを連発しすぎて2018年シーズン途中でシトロエンを解雇されていたクリス・ミークですが、まさかのトヨタ加入が発表!10月16日に撮影されたと思われるテストシーンのビデオがあったのでピックアップしました。

    2018y10m15d_114859843

    イタリアペルージャ県で開催されたFIAヒルクライムマスターズ2018グッビオ戦でBMW製のエンジンをつんだ「オゼッラ・PA20」がカメラの目の前でガードレールにクラッシュ!車体の左側をグラベルゾーンに落としカーブを曲がりきれなくなり激突してしまいます。オープンプロトタイプのヒルクライムマシンだしガードレールに潜り込んでいたらお陀仏だったかも。。。

    2018y10m08d_035035490

    これはドライバー悪くないだろぅwww FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリーGBはデイ3のSS14「ディフナント(8.30 km)」でマッズ・オストベルグ(シトロエンC3 WRC)が珍プレー。コースギリギリを攻めていたオストベルグがコース脇からはみ出ていた広告に接触、シトロエンC3に垂幕と枠をひっかけたままアタックするはめに。。。

    2018y10m08d_215028784

    家を削ってでもラリーを開催しちゃうお馬鹿なイベント「ラリー・デル・ルビネット」が今年も無事終了しました。今年で25回目を数えるイタリア・ピエモンテ州のラリー大会ですが、峠の途中の集落には車一台がギリギリ通れる極狭コーナーがあり、新旧ラリーカーが時には家にガリガリ擦りながら通り抜ける姿が人気になっています。そんな名物ステージのオンボード映像!

    2018y10m08d_033507287

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリーGBはデイ3で首位を走っていたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)がラジエターにダメージを負いデイリアタする大波乱があり、トップに浮上したセバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC)がトヨタのヤリ-マティ・ラトバラとの一騎打ちを制し今季4勝目を挙げました。

    2018y10m05d_210105258

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリーGBのデイ1映像。シェイクダウンでTOYOTA GAZOO Racingのオット・タナク(ヤリスWRC)がクラッシュ、フォード・フィエスタWRCのテーム・スニネン、セバスチャン・オジェ、エルフィン・エバンスが上位に顔を出し、その後のSS1ではエサペッカ・ラッピ、ヤリ-マティ・ラトバラのトヨタ・ヤリスWRCがワンツー体制!

    2018y09m24d_214717938

    うおっ!あっぶないwww FIA ヨーロッパラリー選手権(ERC)第7戦ラリーポーランドSS5で、加速してきたクリス・イングラムのシュコダ・ファビアR5が右コーナーにさしかかる手前でまさかのハプニング!イングラムの左手から鹿が大ジャンプしてグラベル道路を横切っていきました。。。それでもシュコダはコースアウトする事無くコーナーをクリア。ギリセーフ!!

    2018y09m26d_110952203

    チームの本拠地ラリー・フィンランドで優勝した「TOYOTA GAZOO Racing」は、いまだだ未勝利のターマックラリーに乗り込むと、オット・タナクがSSベストタイムを連発、ラリーをリードしヤリスWRCはついにターマックラリー初優勝!第10戦 ラリートルコではライバルの脱落をよそに準備万端で挑んだヤリスがWRC復帰後初の1-2フィニッシュを達成しています。

    2018y09m24d_180100534

    FIA ヨーロッパラリー選手権(ERC)第7戦ラリーポーランドでジュニアU27のニューカマー、カクペル・ウルブレフスキ(プジョー208 R2)が5速全開のターマックセクションで路肩のディッチに後輪を落とし160km/hでクラッシュ!その時の公式オンボード映像です。プジョーは横向きに5回転ほどして仰向けになって停車しました。。。

    2018y09m16d_220443734

    FIA世界ラリー選手権 第10戦「ラリー・ターキー」はデイ3でティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)、セバスチャン・オジェ(フォード)、アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)がトラブルなどで相次いで首位から陥落。TOYOTA GAZOO Racingのオット・タナクとヤリ-マティ・ラトバラのトヨタ・ヤリスWRCが1-2体制を築くと最終日も順位を守りきりワンツーフィニッシュを果たしました。

    2018y09m14d_223212299

    FIA世界ラリー選手権 第10戦「ラリー・ターキー」のシェイクダウンで3番手タイムを記録した
    TOYOTA GAZOO Racingのヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)のオンボード映像です。8年ぶりのトルコでの開催、さらに未知のコースを使用した予測不能のイベントですが、そのテスト走行で4.7kmのグラベルコースを3分27秒0で駆け抜けています。

    2018y09m04d_155852738

    9月1日2018年フィンランド ラリー選手権第6戦「Enset Oy SM-Rally」で総合3位に入った勝田貴元/マルコ・サルミネン組フォード・フィエスタR5はSS6 でトップタイムをたたき出しています。その時のオンボード映像が公開!森の中を通り抜ける18.27kmのグラベルコースを場所によっては時速163キロほどでコーナーをクリア(動画53秒あたり)していきますww めちゃくちゃ速えぇwww

    このページのトップヘ