ラリー・ヒルクライム

    2017y05m22d_172952341

    FIA世界ラリー選手権第6戦「ポルトガル」でWRC2クラスに参戦するクエンティン・ギルバートのシュコダ・ファビアR5が大クラッシュしてしまいました。観客が撮った映像とWRC公式映像の2本です。ステージはラリー・ポルトガルの名物「ファフェ」1回目。風車をバックにしたジャンプスポットで空中でつんのめってしまいフロントから激しく着地して縦方向に2回転。ドライバーとナビはすぐにマシンから降りてきて無事でした。

    2017y05m20d_112442283

    現在行われているFIA世界ラリー選手権第6戦「ポルトガル」のSS7で横転クラッシュしてしまった#10トヨタ・ヤリスWRCのヤリ-マティ・ラトバラですが、なんとかサービスパークまで辿り着きマシンを修理しました。その時の修復風景と思われるビデオがあったのでピックアップ。「TOYOTA GAZOO Racing」のプロのメカさん達が魅せる30分間!ショックアブソーバーとかのサスペンション一式もドライブシャフトまわりも軽いんだろうなぁ。

    2017y05m11d_150837330

    FIA世界ラリー選手権に参戦する「TOYOTA GAZOO Racing」は5戦を終えた時点でマニュファクチャラーランキング3位。ドライバーランキングで#10ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が2位につけています。ここ3戦はヤリスWRCにとって、初のグラベル&高所での戦いとなった「メキシコ」、シーズン最初のフルターマックラリーの「フランス」、サバイバルラリーとなった「アルゼンチン」と表彰台に乗れていませんが、18日から開幕する第6戦「ポルトガル」には#12エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が加わり今シーズン初の3台体制でのぞみます。第3戦〜第5戦までの日本語字幕つきハイライト映像です。

    2017y05m11d_152341153

    ヒュンダイのヌービルが優勝したFIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦「アルゼンティーナ」のTOP5ハイライトが公開! 5.スタート直後にひっくり返ったパッドンのヒュンダイi20クーペ。4.SS4のバンプで「こんちきしょうめ!」と叫びながら横転したミークのシトロエンC3。3.SS10でヌービルが横転…未遂!2.戦いに決着のつくパワーステージで首位だったエバンスが陥落。0.7秒差でヌービルが逆転優勝!1.SS14で衝撃。ミークの8回転クラッシュ!以上がランクインしたシーンでした。

    2017y05m06d_023248883

    うーん危ない。あと一歩で崖からおちるところだった。タイトな右コーナーを曲がりきれなかったフォード・フィエスタR5がガードレールに激突。ガードレールは地面から支柱ごと抜け大きく歪んでしまいますが、フィエスタをなんとかキャッチ。ギリギリのところで落ちずに助かりました。ナビがOKボードを掲げながらのダッシュで元気をアピールしてました。ヨーロッパラリー選手権(ERC)第2戦「イスラス・カナリアス」SS1にて。

    2017y05m04d_021851966

    FIA世界ラリー選手権第5戦「ラリー・アルゼンティーナ」は最終日の最終SSでMスポーツのエルフィン・エバンスを逆転したヒュンダイのティエリー・ヌービルが優勝を果たしました。その差なんと0.7秒!衝撃の逆転Vとなりました。3位にオット・タナク(Mスポーツ)。もう一つ衝撃だたのが、SS4で横転を喫したシトロエンのクリス・ミークがSS14で再び数回転する激しいクラッシュを演じたこと。今年何度目??その公式オンボード映像やハイライトなど、色々集めてみました。南米ラウンドは毎年有志撮影の映像が少ないですねぇ…ちなみに「TOYOTA GAZOO Racing」はラトバラが5位、ハンニネンが7位と難関のアルゼンチンで健闘。

    2017y04m29d_085214629

    ジムカーナのケン・ブロック。オフロード(トラック)のBJボールドウィン。そしてオフロードでもUTV遣いといえばRJアンダーソンですね。そのムービーシリーズ第四弾「XP1K4」がドロップ。今回はポラリス社製のオフロードビークル「RZR XPターボ EPS」で荒野を爆走!「ウォール・オブ・デス」や高さ抜群のバックフリップもみせちゃいます。

    2017y04m29d_104951297

    ミーク「オ〜ウ!バスタード(クソ野郎)!!」コメントに「You bastard!」って書かれててちょっと面白い。FIA世界ラリー選手権第5戦「ラリー・アルゼンティーナ」SS4でシトロエンのクリス・ミークが高速セクションで右フロントを弾かれ横転!これは草陰に小石が隠れてたの?この事故後も走り続けましたが結局デイリタイアになっています。SS9を終えトップにつけるのはエルフィン・エバンス。「TOYOTA GAZOO Racing」は、途中、総合2番手につけていたラトバラがエンジントラブルで後退し6番手。ユホ・ハンニネンが9番手となっています。

    2017y04m28d_135532210

    FIA世界ラリー選手権第5戦、グラベルラリーの「ラリー・アルゼンティーナ」がスタート!公式からシェイクダウンでトップタイムをだしたトヨタ・ヤリスWRCのヤリ=マティ・ラトバラと、ヒュンダイi20クーペWRCのティエリー・ヌービルのオンボード映像が公開されています。クリップ集と一緒にピックアップ。その後、SS1のスーパースペシャルステージが行われ、セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード・フィエスタWRC)が首位。「TOYOTA GAZOO Racing」のラトバラは5位、ハンニネンは10位につけています。

    2017y02m07d_134836090

    ちょっと古い話題をひとつ。2月2日にお台場メガウェブで「TOYOTA GAZOO Racing」の2017年モータースポーツ活動計画が発表。その会場で「ヤリスWRC」のデモ走行が開催されましたが、その模様が「CARトップ」や「Car Watch」から公開されています。デモランなのでセッティングが合っていないようですが、とっても運転しづらそうに見えるのですww

    2017y04m22d_103825873

    FIA世界ラリー選手権第6戦「ラリー・ド・ポルトガル」でWRCデビューが発表されたエサペッカ・ラッピのプロフィールビデオが「TOYOTA GAZOO Racing」から公開されました。フィンランド人のラッピは現在26歳。ラリーをはじめたのは2008年からで、フィンランドラリー選手権やERCを経て、2016年にWRC2タイトルを獲得。2017年はトヨタのWRCチームに加入し、序盤はテストドライバーを務めていましたが、当初の計画通り、コ・ドライバーのヤンネ・フェルムとともにポルトガルでデビューを果たします。動画ではトヨタとの出会いなどが語られています。

    2017y04m22d_094433550

    FIA世界ラリー選手権へ参戦しているチームは第5戦「ラリー・アルゼンティーナ」にむけグラベルテストを行っていますが、ヒュンダイにちょっとした動きがありました。昨年までフォルクスワーゲンに在籍し、現在はWRC2に参戦しているアンドレアス・ミケルセンをポルトガルのグラベルテストに召喚。4月21日に「i20クーペWRC」を走らせました。その時のテストショットが早速ネットにアップされています。今回は単発のテストという事でまだ何も決まってないようですが、2018年WRC復帰にむけシート獲得の決め手となるか!?

    2017y03m03d_235035411

    1ヶ月以上前ですが、「TOYOTA GAZOO Racing」から「ヤリスWRC」開発陣のインタビューが公開されています。車体やエンジン開発について語るのは、チーフエンジニアのトム・ファウラーとWRCエンジン・プロジェクトリーダー青木徳生の二人。風洞試験の様子やTMGで開発される1.6L直4ターボエンジンの映像などを交え、これまでの取り組みを紹介しています。まだ見てない人は是非!

    2017y04m04d_014625439

    なんか、ほとんどのコーナーでフロントがイン側に巻き込んでるけど、ヘタっぴでハンドルをこじってお釣りをもらっているのか、オーバーステアなのか…どっち?ヒルクライムレースでカーブ内側のポールを囲うタイヤに接触し横転しちゃったフォーミュラカー「ローラ・T90/50」のオンボード映像です。こんなセッティングのマシンで峠道を攻めるなんて怖すぎないwww

    2017y04m04d_005611428

    ウェットコンディションの中、テールをスライドさせながら爆走するヒルクライムマシン達。フォーミュラカーはもちろん、まさかのシトロエン「2CV」や「スーパーセブン」など様々なマシンがアタックしていますが、ミッドシップ4WDのランボルギーニ「ガヤルド」が大クラッシュしてしまいました。ドライバーは無事ですがフロント部分が大破!もったいない…

    2017y04m10d_095341956

    ぶろろろ…ぶおぉーん!!!これはシビレルなぁ(●´ω`●) FIA世界ラリー選手権第4戦フランスでスタートに挑むWRカーの様子を集めたコンピがカッコイイので紹介します。カウントダウンが進むにつれエンジンの回転数をあげ、人力ローンチコントロールで一気にスタートダッシュ!ヤリスの音は派手でええな!スタート時のなんともいえない緊張感も伝わってきますね。

    2017y04m10d_213809221

    ヒュンダイのティエリー・ヌービルが今季初優勝を果たしたFIA世界ラリー選手権第4戦フランス「ツール・ド・コルス」。コルシカ島のコース脇から撮影された爆音映像をいくつかピックアップしました。苦戦が予想されていた「TOYOTA GAZOO Racing」の二台は、#10ヤリ=マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組ヤリスWRCがパワーステージでトップタイムを叩き出すなどして過酷なターマックラリーで総合4位。#11ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組ヤリスWRCはSS9でコースアウトしリタイアでした。WRC公式ハイライトも一緒にPU!

    2017y04m10d_102603934

    WRC第4戦フランス「ツール・ド・コルス」で優勝したヒュンダイの公式ハイライト映像です。SS6でそれまで首位を走っていたシトロエンのクリス・ミークにエンジントラブルが発生しトップ争いから脱落すると、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が首位に立ち、そのまま最終日まで逃げ切り、2位のセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード・フィエスタWRC)に54.7秒の差をつけて今季初勝利を飾りました。3位もヒュンダイのダニ・ソルド。

    2017y04m07d_065925843

    コルシカ島が舞台となる伝統の一戦、FIA世界ラリー選手権第4戦ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)のシェイクダウンがおこなわれ、WRC公式から#10トヨタ「ヤリスWRC」ヤリ=マティ・ラトバラのオンボード映像が公開されました。「TOYOTA GAZOO Racing」の2台がコルシカ島のツイスティなターマックを攻略できるかが注目されます。このシェイクダウンでトップタイムを記録したのはMスポーツのセバスチャン・オジェ。2番手にヒュンダイのヘイデン・パッドン、3番手にシトロエンのクリス・ミーク。4番手にラトバラと4メーカーがトップ4をわけあっています。

    2017y03m28d_191832607

    YouTubeがおすすめしてきた動画が本当におすすめだったので紹介します。元F1ドライバーでWRCにも参戦するロバート・クビサは、2015年のモンテカルロテストではフォード「フィエスタRS WRC」で豪快なドライビングをみせていました。連続したコブでWRカーが跳ね上がってしまいますが、それをねじ伏せハイスピードで曲がって行きますww まさに神業!ちゃんと踏ん張って前へ進むマシン性能も凄いですねwww こんな素晴らしい走りをみせるクビサですが、WRC2では王座獲得するもWRCでは不発、2017年からはサーキットレースへ復帰するようです。

    このページのトップヘ