ラリー・ヒルクライム

    2019y01m21d_231444593

    2019シーズンの世界ラリー選手権のビッグニュースのひとつにセバスチャン・ローブのヒュンダイからのスポット参戦があります。ついこの間までダカールラリー(総合3位を獲得)を戦っていたローブはフランスのテスト現場にプジョーで乗り付けると、WRC開幕戦直前にはじめてヒュンダイ i20クーペ WRCをテストしました。その走行シーンをとらえたビデオ。

    2019y01m17d_194541643

    WRCの頂点ワールドラリーカーにタイヤを供給している公式タイヤサプライヤー ミシュランから2019年1月24〜27日に行われる第1戦モンテカルロに向けた事前テストの様子が公開、「TOYOTA GAZOO Racing」からは初タイトルを狙うオット・タナクと新加入のクリス・ミークが登場しています。

    2019y01m18d_100257178

    トヨタ初優勝 キタ――(゚∀゚)――!! 2019年のダカールラリーを制した「TOYOTA GAZOO Racing South Africa」のナサール・アルアティヤ(トヨタ・ハイラックス)がゴールしメディアの前へ戻って来た歓喜の瞬間と最終ステージのハイライト映像!!射撃の名手アルアティヤ(ロンドン五輪銅メダル)は自身三度目、トヨタは初めての総合優勝となりました。

    2019y01m13d_195116633

    2019年のダカールラリー競技5日目、トラック部門総合3位につけていたカマズ・マスターチームのアンドレイ・カルギノフが、観戦ゾーン外でトラックから逃げようと倒れこんだ観客と接触、そのまま走り去ってしまいラリー失格となりました。カマズ43509トラックに踏まれた観客は大腿骨骨折で病院に搬送、カルギノフは観客と接触したことに気づかなかったといいます。

    2019y01m13d_002120886

    19年型CRF450ラリーでダカールラリーに挑んでいる「Monster Energy Honda Team」の前半戦のダイジェスト映像を「J SPORTS」と「Honda Pro Racing」から集チョイス。ステージ3ではエースのホアン・バレダが渓谷から抜け出せなくなりリタイア。ステージ5ではパウロ・ゴンサルヴェスが転倒負傷でリタイアしていますがリッキー・ブラベックが首位で折り返し!

    2019y01m12d_113801014

    かつてのパリ・ダカのルートを通る「アフリカ・エコ・レース 2019」で珍プレーwww ステージ7のフィニッシュラインでバトルを展開していた2台のバギーが接触、砂煙を舞いあげながら大転倒しちゃいました。そのクラッシュシーン。

    2019y01m08d_014416213

    四輪市販車部門連覇を目指すトヨタ車体の「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)」のチーム紹介ビデオです。「JSPORT」と「DAKAR TLC」から動画2本!2019年も2018年と同じく三浦昂/ローラン・リシトロイシター組349号車とクリスチャン・ラビエル/ジャン・ピエール-ギャルサン組350号車の2台のランドクルーザー200で挑みます。

    2019y01m08d_003154823

    ダカールラリー花形のひとつカミオン。その中の排気量10リットル未満クラスにエントリーする「日野チームスガワラ」は昨年のマシンをもとに改良した1号車と一から作りなおした新型の2号車、異なる2台の日野レンジャーで挑戦!新型車両投入の理由はクラス10連覇を狙うだけでなく総合上位にくいこむためなんだそうです。

    2019y01m06d_094823717

    1978年12月26日~1979年1月14日にオアシス・ラリーとして初開催、昔はフランスの首都パリを出発しセネガルの首都ダカールでゴールしたためパリ・ダカールラリーと呼ばれていましたが、現在は「ダカールラリー」として南米で開催されています。そんな世界一有名なクロスカントリーラリー(ラリーレイド)の四輪部門歴代優勝車が一気見できるフォトムービー。

    2019y01m04d_185816654

    1月6日に開幕するダカールで熾烈な争いが予想される二輪部門のチーム紹介ビデオを集めてみました。1:KTM450ラリーの「Red Bull KTM Factory Racing」は18年覇者マティアス・ウォークナー、16年覇者トビー・プライス、17年覇者サム・サンダーランド、ルチアーノ・ベナビデスという強力布陣で18連覇なるか?2:我らが「Monster Energy Honda Team」は昨年怪我で欠場したパウロ・ゴンサルヴェスが復帰、ホアン・バレダ、ケビン・ベナバイズ、リッキー・ブラベック、ホセ・イグナシオ・コルネホの5名で絶対王者KTMに挑みます。

    2018y12m31d_160311789

    2018年のラリーシーンやヒルクライム競技でおこったクラッシュやミステイクシーンを集めたコンピレーション映像3本、WRCネタもちらほら入っています。大横転事故からショボイ失敗まで合計1時間30分!動画1本目の4分11秒のコドライバーはなぜ車外に放り出された!?3点式シートバルトだったのかなwwww

    2018y12m21d_141408011

    もうすぐクリスマスということでトーヨータイヤから動画が公開!5度のルーカスオイルオフロードレーシングシリーズ王者カイル・レダックが、自身の900馬力のPro4トラック(フォード・ラプター)にモミの木を乗っけて大暴れ!スーパージャンプまでキメちゃいますwwww

    2018y12m19d_195803091

    「VIDEO OPTION」からジャパンラリークロス・エキシビションの動画が公開!参加したのは元F1ドライバーで2016年スーパーGT王者のヘイキ・コバライネン。世界の新井こと2度のPCWRCチャンピオン新井敏弘。ドリフトから野村謙、熊久保信重、末永直登。全日本ダートトライアル王者の谷田川敏幸、宝田ケンシローなど様々なカテゴリーから集結!

    2018y12m19d_113459540

    FIA世界ラリー選手権(WRC)2013〜18年で6連覇を達成したセバスチャン・オジェは来季からシトロエンに移籍。2019年開幕戦ラリー・モンテカルロにむけシトロエン C3 WRCに乗り込み事前テストに励む様子がYouTubeに公開されています。

    2018y12m18d_155921161

    ケン・ブロックのジムカーナシリーズ第10弾「Ken Block's GYMKHANA TEN: The Ultimate Tire Slaying Tour」が公開!今回はフォード・フィエスタWRC、フーニコンV2(1965年型フォード・マスタング)、RSコスワース(1991年型フォード・エスコート)、フォード・フォーカスRS RXなど歴代マシンに加え、製作に約2年の歳月を費やしたという1977年型フォードF-150ベースの最新マシン、フーニトラックが登場!スウェーデン、メキシコ、米デトロイト、ロサンゼルス、シャムロックで大暴れ〜!!

    2018y12m16d_174758092

    2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)開幕戦ラリー・モンテカルロ(1月24-27日開催)にむけ事前テストに励むTOYOTA GAZOO Racingをとらえたビデオ!加入1年目でエース級の活躍をしたオット・タナク、来シーズンはトヨタ三年目となるヤリ=マティ・ラトバラ、そしてシトロエンを契約解除になりトヨタに新加入したクリス・ミークも参加しています。

    2018y12m12d_123418644

    TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジプログラムで武者修行に励んでいる勝田貴元が2019年のトヨタ・ラリー育成ドライバーに選出、11月に上旬にフィンランドでトヨタ・ヤリスWRCに乗り込み本格的なテストを行いました。その時のオンボード映像(勝田さんのチャンネルから公開)と道端から撮影されたアタックシーン!

    2018y12m11d_233523119

    イタリアのモンツァサーキットで行われた第38回モンツァラリーショーでバレンティーノ・ロッシ/カルロ・カッシーナ組のフォード・フィエスタWRCが4連覇を達成!テーム・スニネンとの決勝を制し史上初となる7度目の勝利を手にしました。そしてアントニオ・カイローリとの対決となったマスターショーはトニが勝利!公式動画やギャラリーが撮影したビデオです。

    2018y12m05d_205102242

    ((( ;゚Д゚)))うひゃー…オープンカーでこれは怖すぎる。。。スポーツプロトタイプのラディカルSR4・スズキでヒルクライムアタックを仕掛けていたドメニコ・ダーロが左コーナーで些細なミス。コントロールを失ったマシンがガードレールを乗り越える大クラッシュを演じました。その時のオンボード映像です。

    2018y11m26d_205731239

    WRCレジェンド セバスチャン・ローブやル・マン24時間レースの最高峰クラスで2度王者に輝くロマン・デュマが参加したフランスのヒルクライムイベント「Montee des Legendes 2018」で現役F1ドライバー、ロメイン・グロージャンもランチア・デルタ S4でアタックました。観客が撮影した激走シーンをつなげたビデオ!

    このページのトップヘ