ラリー・ヒルクライム

    2018y09m16d_220443734

    FIA世界ラリー選手権 第10戦「ラリー・ターキー」はデイ3でティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)、セバスチャン・オジェ(フォード)、アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)がトラブルなどで相次いで首位から陥落。TOYOTA GAZOO Racingのオット・タナクとヤリ-マティ・ラトバラのトヨタ・ヤリスWRCが1-2体制を築くと最終日も順位を守りきりワンツーフィニッシュを果たしました。

    2018y09m14d_223212299

    FIA世界ラリー選手権 第10戦「ラリー・ターキー」のシェイクダウンで3番手タイムを記録した
    TOYOTA GAZOO Racingのヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)のオンボード映像です。8年ぶりのトルコでの開催、さらに未知のコースを使用した予測不能のイベントですが、そのテスト走行で4.7kmのグラベルコースを3分27秒0で駆け抜けています。

    2018y09m04d_155852738

    9月1日2018年フィンランド ラリー選手権第6戦「Enset Oy SM-Rally」で総合3位に入った勝田貴元/マルコ・サルミネン組フォード・フィエスタR5はSS6 でトップタイムをたたき出しています。その時のオンボード映像が公開!森の中を通り抜ける18.27kmのグラベルコースを場所によっては時速163キロほどでコーナーをクリア(動画53秒あたり)していきますww めちゃくちゃ速えぇwww

    2018y08m20d_220240687

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ドイチェランドのかっこいいシーン満載の動画集7本。ドイツを終えてドライバー選手権はティエリー・ヌービル(ヒュンダイ・i20クーペ)が172ポイントでリード、セバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタ)が149pで続き、このラリーを制したオット・タナク(トヨタ・ヤリス)が136pでオジェに13ポイント差に迫っています。

    2018y08m23d_155957521

    「VIDEO OPTION」Vol.243に収録されていたビデオクリップが公開されました。ちょっと懐かしい2014年全日本ラリー選手権シリーズ第2戦「久万高原ラリー」で総合2位を獲得した新井敏弘/竹下紀子(アライモータースポーツWRX-STI)のオンボード映像です。約69kmのスペシャルステージのうち途中でパンクをおこしたSS1とナビとのやりとりが熱いSS4が収録!

    2018y08m18d_153706069

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ドイチェランドが開催、ターマックでのマシンの走りを進化させたトヨタ・ヤリスWRC(TOYOTA GAZOO Racingのオット・タナク/マルティン・ジェルペオジャ組が初日から首位に立つと、徐々にリードを広げ総合優勝を飾りました。トヨタはWRC復帰後フルターマックイベント初制覇!

    2018y08m16d_151136691

    2リッター、250馬力のホンダエンジンを積んだオープントップ型プロトタイプレーシングカー「LIGIER JS 53 Evo 2」が、ヒルクライムレースでとんでもないコースオフを披露しました。なんとガードレールを伝ってテイクオフ!これ、乗り越えて向こう側へ着地してからドカン!ドカン!と二度ほど衝撃音が鳴ってるいから横転したんでしょーね、怖すぎる。。。

    2018y08m09d_223202038

    中国の電気ハイパーカー「NIO EP9」が、2018年第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)で44秒61を叩き出し市販車最速記録をマーク!その時のアタックやパドックの様子を撮影したビデオです。43秒86で総合1位だったフォルクスワーゲンのEVヒルクライムレーサー「I.D. R Pikes Peak」に次ぐ、堂々の総合2位を獲得しています。

    2018y08m10d_223122343

    2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)Rd.8「ラリー・フィンランド」から改良型エンジンを投入したTOYOTA GAZOO Racing は、オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組の#8 トヨタ ヤリスWRCが12ステージでベストタイムを記録する圧巻の速さで今季2勝目をあげました。ラトバラも3位に入り後半戦を1-3フニッシュでスタート!公式ハイライト映像です。

    2018y08m12d_201442529

    ル・マン24時間レース及びFIA世界耐久選手権(WEC)3連覇を果たしたポルシェがLMP1活動終了後にレギュレーションにとらわれないLMPカー「ポルシェ・919ハイブリッドEvo」を発表。これまでニュルブルクリンク北コースやスパフランコルシャンで最速タイムを記録してきましたが、今年のグッドウッドFoSにも姿を見せヒルクライムに出走しました。

    2018y08m07d_235640353

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦「フィンランド」デイ2、ユヴァスキュラ市街地で行われたSS11「ハルユ2」で各マシンが出撃体制を整えているシーンです。ターマック路面でのタイヤの暖め方も人それぞれで面白いですねぇ、雑な人もいたりしてww オジェはお手本のように華麗なスライド、ラトバラさんはフロントにもしっかり熱を入れたいタイプでしょーか。

    2018y07m26d_204832404

    「日産GT-R」および「イタルデザイン」50周年記念車として「GT-R NISMO MY2018」をベースに開発、設計、製造をイタルデザインが、インテリアやエクステリアのデザインを日産デザイン(ヨーロッパ、アメリカ)が担当した「Nissan GT-R50 by Italdesign」。今年のグッドウッドFoSでプロトタイプがデビューしましたが、パドックなどで間近で撮影したビデオです。

    2018y07m30d_204314852

    世界ラリー選手権(WRC)第8戦フィンランドが7月26〜29日にかけて開催され、フィンランドにWRCチームのファクトリーを構えているトヨタの豊田章男社長や、中嶋一貴、小林可夢偉のTGRドライバー、脇阪寿一TGRアンバサダーが応援にかけつける中、SS1から総合首位に立ったオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が見事優勝を果たしました。

    2018y07m24d_114047453

    アメリカ・ラリー・アソシエーション選手権シリーズ(ARA)第4戦「ニューイングランド フォレスト ラリー」にフォード・エスコートRSコスワースで参戦していたケン・ブロックがコース脇のバンプにはじかれ大転倒、炎上してしまいました。その時の車載映像。

    スクリーンショット(2018-07-20 14.11.56)

    すげぇ ここまでくると失敗しても絵になるwwwカリフォルニア州ロングビーチにある「Hoonigan」の「Donut Garage」でケン・ブロックが大暴れ!「Ford Fiesta ST RX43」でジムカーナシリーズのようなワイルドな走りをみせてくれます。ドリフトでスロープを駆け上がろうとするなんてクレイジーwwww

    2018y07m19d_015359116

    「グッドウッドFoS 2018」のBTCCシュートアウトのビデオ。トヨタ・アベンシスやホンダ・シビック タイプRの日本車勢、メルセデス・ベンツ Aクラス、地元ボクスホール・アストラとのタイムアタック合戦を制したのはBMW125i Mスポーツのアンドリュー・ジョーダンでした。

    2018y07m17d_212028959

    メルセデスAMGが2016年のF1世界選手権を戦った「メルセデス・F1 W07 Hybrid」がバルテリ・ボッタスと共に「グッドウッドFoS 2018」に登場しました。バーンナウト&ドーナツターンで観衆に挨拶!メルセデス公式オンボード映像と、FoS公式のデモラン映像です。

    スクリーンショット(2018-07-12 19.37.20)

    ブガッティ・ヴェイロン・グランスポーツ ヴィテッセの特別仕様車「ヴィテッセ WRC(ワールド・レコード・カー)」で、WRC(世界ラリー選手権)のスペシャルステージのようなコースをちょっぴり走ってみたビデオww道幅が車一台程のコースでも鬼加速をみせるwww

    2018y07m16d_015336459

    2018年のグッドウッドFoSに、2018年第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)でガソリン車がもっていたレコードタイムを16秒以上も縮めて優勝したフォルクスワーゲンのEVレーサー「I.D. R Pikes Peak」が登場!FoSシュートアウトで43秒86をたたきだし電気自動車としてはじめて勝利を果たしました。

    2018y07m10d_151059165

    標高2,862メートルのスタート地点から標高4,302メートルのゴール地点まで駆けあがるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)ではアタック中に天候がコロコロ変わることがあります。そんな不運に見舞われたスバル・インプレッサ(GC8)の車載映像!スタートを切ってすぐに雨が降り出し徐々に濃霧がたちこめると視界ゼロになっちゃいました…

    このページのトップヘ