ゴーカート

    2018y04m07d_200048687

    DIY系ゆーちゅーばー「GUNMA-17」と、仲間の「ダースちゃんねる」で制作していた自作の公道カートと、スクーターとカートをニコイチにしちゃったサソライザーがついに完成しました。さっそく二人で公道へと出陣!どっちのマシンが速いか性能勝負!?サソライザーのコーナー旋回能力がwww 思ったより曲がってるけどそのうちひっくり返りそうwwww

    2018y02m27d_203741317

    DIYゆーちゅーばーとして人気の「GUNMA-17」がちゃんねる登録者10万人突破記念で制作していた公道走行できるカートがついに完成!感動の回です。さらに、それだけでは飽き足らずに、新品のダンロップSL83タイヤ(ワンセット28512円)にグルービングしてタイヤ溝をつくってしまう。工具はハンダコテの先端に革ポンチを付けるだけ!自由すぎてオモロイwww

    2018y02m17d_214922452

    TOYOTA GAZOO Racingから「TAKERU SATOH MEETS GAZOO」第三弾「KART篇」が公開!第一弾「MORIZO篇(トヨタ社長との出会い。運転に同乗)」第二弾「LE MANS篇(2017年ルマン24時間レースを体感)」と一緒にピックアップしました。今年はWRC2で活躍するカート出身のラリードライバー勝田貴元のサポートをうけ佐藤健がカートに挑戦!

    2018y02m15d_221310891

    人気DIYゆーちゅーばー「GUNMA-17」がちゃんねる登録者10万人突破記念で制作している公道走行可のカートがパート4まで公開!ハブの穴を三穴から4穴へ加工、フレームを延長してエンジンレイアウトを横から後ろへ!シート、シフト&マフラー位置をきめ設置するところまで進んだ模様。なんかだんだんカッコ良くなってきたwww

    2018y01m27d_200802460

    DIYゆーちゅーばー「GUNMA-17」のちゃんねる登録者数10万人突破!(もうすでに12万人超になってるw)ぐんまーからお礼の動画が公開されています。どうやら10万人記念車両として「公道走行可のカート」を作ろうとしている模様ww

    2017y12m18d_140909828

    ブラジリアン柔術経験者かなwww フェリペ・マッサやルーベンス・バリチェロのチームが出場したカートの耐久レース「500 milhas de Kart 2017」で総合格闘技ばりのとっ組み合いの喧嘩が発生する珍プレー。このせいでフェリペ・マッサが謝罪するはめになりました。

    2017y10m16d_221513610

    EVカートがなにやら楽しそうな360°ビデオ。16歳の頃からレーシングカートに乗り、色々なモデルに試乗してきたレーシングドライバー桂さんによると、強烈な加速のミッション付きカートなんかよりEVカート「ERK」の加速のほうが凄まじいんだとか。笑っちゃうくらいに。映像でもモナコヘアピンぬけてからがギュィーンと速っやい!モーターならではの圧倒的な加速力!

    18)

    レーシングカートのクラッシュシーンを集めたコンピレーションがなかなか激しかったので紹介します。ちょっとした接触ですぐ相手に乗り上げてしまうので転倒事故が多いです。やっぱり頭から落ちるのは危ないよなぁ。どうしても首が逝ってしまう…F1では2018年から頭部保護システム「Halo」が導入されますが、カートもドライバー保護デバイスが検討されているそうです。見た目とかどうなるんでしょうね、かっこいいと良いけど。

    2016y12m15d_124424572

    レーシングーカートによるヒルクライムレースに1人可笑しなヤツが混じっていました。バスタブにあわせてフレームも組んであるからホイールベースが不自然な長さww ヘルメットの上からぶら下がっているのは360°カメラかと思ったらシャワーノズルでしたwww こだわりのディテールもナイスな変態マシン。

    2016y11m30d_125102854

    あっぶねぇwwww 兄ちゃんナイス回避!ギリギリTボーン事故は免れた。あの勢いで脇から突っ込まれたら乗り上げられていたかも。女性はシートから投げ出され、カートはタイヤバリアに突き刺さった。お遊びにしてはかなり大きなクラッシュwww アクセルワイヤーでも引っ掛けたのかな…

    05)

    サーキットを走ってたゴーカートがスピンターンで向きを変え、マシンをそのままガレージ奥へ仕舞い込んじゃうスゴ技!毎回こうやって止めてるんだろうww家族経営のカートコースじゃなきゃ無理そうな荒技ですね。営業時間中にやったら怒られそうだし…

    このページのトップヘ