チューニングカー

    2018y03m17d_184740037

    Hot Version vol.121「AE86 CLUB」のビデオが人気になっていたので紹介します。トレノ3台、レビン1台のAE86軍団と、BRZ1台を含む計7台の新86が筑波サーキット7周バトル!予選トップタイムはパワーアップしたうえ、ルーフやドアをドライカーボン化したRevolution86でしたがトラブルで出走できず…はたして誰が勝ったのか!?

    2018y04m20d_203637826

    4月16日にニュルブルクリンク北コース「ノルドシュライフェ」で新型ポルシェ911 GT3 RSが先代モデルのタイムを24秒も縮める6分56秒4を記録!驚異のラップのオンボード映像が公開されました。アタッカーはワークスドライバーのケビン・エストレが担当。

    2018y04m17d_223637090

    マレーシアのゲンティンハイランド周辺の峠道をシルビア(S13)でかっ飛ばしちゃう車載映像です。1本目の動画の7分36秒あたりで最高時速243キロを記録!対向車が来てさすがにアクセルを緩めたけど、公道でこのスピードは危なすぎるだろぅwww 動画3本です。

    03)

    ドリキン号スプリンタートレノにキャンバーをつけるため、ホーシングをぶった斬って加工(したものを装着。無駄な滑りが減ったAE86のステアリングを握り土屋圭市の魂に炎がついた!?幾度となく群サイアタックに挑むドリキン!!Hot-Version vol.130のビデオです。

    01)

    トヨタの新たなスポーツブランド「GR」ですが、トヨタ・ヴィッツにはエントリースポーツモデル「GRスポーツ Vitz」、本格スポーツモデル「GRスポーツ GR Vitz」、究極のスポーツモデル「GRMN Vitz」が用意されています。そんなヴ3モデルを、スーパーGT300王者でレコードブレイカーとして活躍する谷口信輝が加速制動テスト、スラローム、タイムアタックで乗り比べ!

    2018y04m06d_172819501

    2018年2月15日、谷口信輝がドライブするタイムアタック仕様のハチロク「HKS TRB-03」が、筑波サーキット 2000で49秒445を叩き出し50秒切りを達成!800馬力の86の車名にある「TRB」の由来は「TSUKUBA RECORD BREAKER」の頭文字なんだそうです。その名のとおり箱車のレコードをブレイク!HKSから公開されたフルオンボードを含むビデオです。

    2018y04m04d_102558449

    2018年2月24日に筑波サーキットで開催されたチューンドカー最速決定戦「ATTACK」。その模様を取材した「VIDEO OPTION」の公式ビデオが公開されました。このイベントで最速タイムをたたき出したのは関西からやってきたファイヤー安藤VivaC Evo9!タイムアタック職人谷口信輝がGフォース エボで数日前にだした52秒391をブレイクしてランエボ最速に君臨!!

    2018y03m17d_183755818

    2013年ドリキンのハチロクが群馬サイクルスポーツセンターで26秒台に突入し「Hot-Version vol.121」で速報的に紹介されたビデオが公開されました。なかなか厚い27秒の壁。エア圧をかえて挑んだラストアタックのタイムは!?とても50代後半(当時)の運転にはみえないwww

    2018y03m20d_164031215

    これはもうR32指定ポルノだろぅwww カームービーを公開している「PANS EYE」から二台の日産・スカイライン GT-R(BNR32型)を撮影したビデオが公開。白いのがRAYS 、渋いレッドパールメタリックっぽい色の方がWORKのホイールを履いてるっぽいです。

    2017y08m19d_135056682

    2005年の「シルバーステイツ・クラシック・チャレンジ」で、平均332.5キロのギネス記録を破るべく、VIDEO OPTIONの稲田大二郎が4度目の挑戦!今まで、ガス欠→背筋も凍る大クラッシュ→ドライバーエラーでリタイアと、一筋縄ではいかないこのレース。今回は約144キロの公道を無事完走できたのか!?と思ったらやっぱり大変な事になってました…

    2018y03m18d_162037136

    2013年の「峠最強伝説」魔王決定戦で驚異的な仕上がりをみせ誰もが納得の速さで峠の魔王に君臨したJ’s RACINGのS2000。そんな超魔王号はグランプリコースでどんなタイムをだすのか!?VTECの聖地、鈴鹿サーキットにもちこみ土屋圭市がアタック!

    2018y03m12d_170029242

    オーストラリア・ニューサウスウェル州イースタンクリーク・レースウェイで開催されたチューニングカーイベント「ワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)2010」で世界最速に挑戦した「Cyber Evo」とラーマン山田。トラブルから現地調達したヘッドについていたバルブが規定より小さく、なんと当日組直し!ほぼぶっつけ本番でのアタックとなりました。

    2018y03m09d_140702750

    「VIDEO OPTION」からラーマン山田のシルビア(S14)の谷田部での大クラッシュや、ボンネビル・ソルトフラッツに挑んだRX-7の大クラッシュなど、最高速チャレンジでの歴代名珍場面SPが公開!時速480キロを目指していたレーシングビートの900馬力のRX-7は、370km/hで突然宙を舞って逆さに着地。車内が塩だらけにwww

    2018y03m03d_002649114

    サーキット走行で必須のアイテム「ラジエター」。今回は蛇口からでる水をエンジンに回しラジエターを通して湯船にそそぐ!その温度の違いをラーマン山田が身体を張って検証www ノーマルラジエターと、より厚みのあるヤシオファクトリーの3層「スーパーライトRラジエター」を比較します。いい湯加減になったかな!?

    2018y02m17d_205455120

    究極のハチロク対決!水戸納豆レーシング飯田章のトヨタ・カローラレビン(フルチューンのAE101グループA仕様4A-GE型エンジン搭載)に相棒の織戸学が乗り込み、土屋圭市のトヨタ・スプリンタートレノ(ノーマルチューン)と十勝スピードウェイジュニアコースで勝負!!

    2018y02m10d_171551187

    ジェイズレーシング、フジタエンジニアリング、MCR、C-SER、アルボーというトップチューナーたちが群馬サイクルスポーツセンターに集結。峠最強の称号「魔王」の座を賭けた激アツバトルを繰り広げる!2013年のHot-Version vol.120のビデオが公開されています。

    2018y01m31d_202316988

    2017年12月18日、三重県のチューニングショップ「トップフューエル」とタイムアタック職人、谷口信輝が、鈴鹿サーキットのチューニングカーコースレコードを更新しました。これで「鈴鹿」「岡国」「オートポリス」の三冠を達成。それを記念してかは分かりませんが、トップフューエルのチャンネルから過去のレコード更新のオンボード映像が公開されました。

    2018y01m27d_172151561

    峠のベストマシンと呼ばれるホンダ・S2000に日産・フェアレディZ(Z34)、180SX、ホンダ・シビックR(FD2)が挑む Hot-Version vol.106 の峠最強伝説が公開されました。土屋圭市、織戸学、谷口信輝の手でアタック!最後のワンエイティーあっぶねぇwww ドリキンのギリギリ回避も飛び出た打倒S2000対決の結果は!?

    2018y01m23d_224326644

    タイムアタックの聖地「筑波サーキット」で開催された「REV SPEED 筑波スーパーバトル」で谷口信輝がFEED RX-7 GT3のステアリングを握りアタック!その時のオンボード映像です。なんと渾身のアタックの最中にランエボに邪魔されてしまう…バックミラーにちらっと写る目(サムネイル)をみてもそうとうお怒りですねwww

    2018y01m12d_210530106

    ハチロクターボ仕様の実力をはかるためフェアレディZ Z34、S2000、FD3S RX-7、180SX、S15シルビアなど歴代のFRマシンとハンドリング勝負&筑波サーキットバトルするHot-Version vol.122 の企画が公開されています。ドライバー陣も土屋圭市、服部尚貴、谷口信輝、荒聖治、大井貴之、関口雄飛と豪華!

    このページのトップヘ