ありえないクラッシュ

    2018y05m16d_165155603

    富士スピードウェイ名物ロングストレートエンドの1コーナー侵入で痛い事故に巻き込まれた瞬間!KTM 1290スーパーデュークRの車載映像です。クリッピングポイントへむけ曲がったところ、イン側の死角からズドーンと初心者ミサイル!エスケープゾーンへとはじき出されライダーは転落しちゃいました。この衝撃で一時的に呼吸ができなかったそうです。怖えぇぇ。。。

    2018y05m10d_201453795

    このクラッシュはテレビカメラでとらえられてなかったと思いますが、お客さんが撮影した衝撃映像が人気になっていました。LMP1クラスに参戦するSMPレーシングのロシア製マシン「BRエンジニアリング・BR1」がオールージュからラディオンをぬけたあたりで突如離陸!ドライバーのマテボス・イサキャーンは無事でした。

    13)

    うっひょー!ギッリギリ(゚Д゚) FIA世界ラリー選手権第5戦「アルゼンチン」最終日のSS17。WRC2クラスで首位を走っていたカッレ・ロバンペラがコース脇のバンプにヒットし大転倒。ロールオーバーしはじめたマシンの先にはなんとギャラリーのテントが!!

    06)

    ポーランドで開催された「Rajd Baborowa 2018」でJacek Polokのフォード・フィエスタが恐怖の大回転クラッシュ!その瞬間をとらえたビデオです。ジャンプの着地に失敗したフィエスタが急に向きを変え牧草地へ突入して転倒、パーツをまき散らしながら5回転しちゃいました。。。

    2018y02m24d_204507638

    タイムアタックやドリフトに参戦していた700馬力をほこるグロスファクトリーのシルビア(S15)が大クラッシュ。ちょっと景色がみえないけど事故のヤバさが伝わってくる車載ビデオです。セントラルサーキットの裏ストレートで、4速、203km/hから突如コントロールを失いウォールへ激突!なんらかのマシントラブルだったようです。これは廃車かなぁ…

    2018y02m24d_145522676

    「VIDEO OPTION」から神回ビデオが公開されました。2010年D1GP第2戦オートポリスで起きた大事件。実況でお馴染み鈴木学がD1マシンの助手席に乗ってインプレッションする「マナPの同乗 新車チェック」収録中、ドライバーの織戸学が運転を誤りスープラが200キロオーバーで1コーナーのバリアに激突!二人とも病院送りになってしまうのでした。。。

    2018y02m15d_121124697

    (((ll゚Д゚)))うそおおぉ…デザートレース「Parker 425 2018」でテリブル・ハーベストの#19 モンスターエナジー・トロフィトラックにアクシデント。112MPH (180km/h)でオフロード爆走中に、一頭の牛が目の前に飛びだしてきて避ける暇もなく激突!重さ900キロほどの牛の衝撃で姿勢を乱したマシンは数回転してしまいます。ドライバーとナビは無事でした。

    2018y02m11d_155332483

    フロリダ州デ・レオン・スプリングスにある「ボルシア・スピードウェイ・パーク」のダートトラックでオモロ事故。はじめのミジェットカーはどうなったんだよww スライドして轍にタイヤが引っかかった!? マシンが暴れて突然フロントフリップしてしまうwww 後ろのマシンは避けようとするも大回転してきた相手に突っ込まれ横転…二人のドライバーは無事でした。

    2018y01m16d_181540973

    カリフォルニア州サンタアナで発生した日産アルティマが宙を舞い建物の2階に激突、突き刺さってしまった事故の監視カメラ映像が公開されました。画質が悪くてひじょーに見にくいんだけどが中々の衝撃映像です。運転手は薬物使用を認めたという事だし長い直線道路に見えたのだろうか!?迷いなくドーンwww 直前に横切ったクルマに衝突していたらと思うと(((ll゚Д゚)))

    2018y01m11d_160416222

    2018年ダカールラリー10日のステージで、アレハンドロ・ヤコピーニ(OVERDRIVE TOYOTA)の#326トヨタ・ハイラックスが砂丘に突き刺さる芸術的なスタックをみせました。けっこう安定して刺さってて笑えるwwwドアを開けてドライバーが出ようがビクともせず…

    2017y12m29d_154421547

    栃木県宇都宮市篠井町にある「ヒーローしのいサーキット」で走行距離がまだ1万キロに満たないマツダ・デミオが廃車になってしまいました。その車載映像が話題になっています。前にいたスズキ・カプチーノがストレートの先で起きた事故に反応しまさかの急停車!最終コーナーのS字をぬけたレコードライン上にストップという暴挙wwwもちろん避けられる訳もなく追突…

    2017y12m05d_211715341

    ラリーイベントでポルシェ964RSRが障壁に激突、道路沿いの川に逆さまにダイブしてしまいました…このビデオ、いろんな所でたびたび紹介されている有名作品なのですが、久々に見たら相変わらずとんでもないインパクトだったのでピックアップww 何度みてもすげぇwww

    2017y10m21d_202741602

    スピンしてからけっこう時間あるのになぁ…見通しもよさそうなのになぜ!?ウェットレースで水飛沫が視界を遮った?カラーリングがアスファルトと看板の色に似てるから同化した可能性も。オージーレーシングカーズ「ゴールドコースト」でのクラッシュシーンです。

    2017y10m01d_200413811

    うーんこれはかわいそう(´・_・`) ギヤボックス交換で次戦グリッドダウンになったらどうするの…F1第15戦マレーシアGP決勝のチェッカー後に珍プレーが発生したので紹介します。4位でフィニッシュしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルと8位のランス・ストロール(ウィリアムズ)がウィニングラン中に接触、ベッテルの左リアが大破してしまいました。これはどちらが悪い?ストロールが後ろから迫るベッテルに気づかず、寄せてしまったかった感じかなぁ。両者ペナルティーはなかったもようです。フェラーリはライコネンがスタートできずにリタイアするなど散々なグランプリに…

    2017y09m29d_194031123

    9月29日(金)のF1マレーシアGPフリー走行(FP2)でハースの#8ロマン・グロージャンが右カーブ「ターン13」のめくれた縁石に右リアタイヤをひっかけバースト。コントロール不能に陥ったマシンはグラベルを通り越しバリアに激突しました。この事故でプラクティスは赤旗中断、セッションはそのまま終了しました。グロージャンに怪我はありません。どうやら2台前にいたメルセデスのボッタスがターン13を通過したときに縁石部分の排水溝の蓋がはずれてしまったもよう。直後のライコネンは避けるもあとから来たグロージャンは気づかず餌食に…

    2017y09m18d_171332862

    インディカーシーズンが終わりクラッシュ好きファンが勝手に選出!2017年インディカーオールクラッシュ&TOP10クラッシュムービーです。一昨年ほど多発はしなかったですが、今年のインディ500でも大きなクラッシュが続きました。そのインディ予選のボーデの事故が2位、決勝でサーキットを凍りつかせたディクソンの事故が1位にランクイン。ロードコースからはロードアメリカでのカナーンのクラッシュが唯一とりあげられていますが、その他は全てオーバルトラックからのチョイスでした。

    2017y09m17d_184519424

    スーパーバイク世界選手権「ポルトガルGP」でカワサキの#66トム・サイクス(Ninja ZX-10RR)が練習走行(FP3)で大転倒、マシンが炎上してしまいました。そのスペクタクルなクラッシュシーンがWorldSBKのフェイスブックページに投稿されるとたちまち人気に!公開から14時間がたった現時点で再生数201万回を数えています。これは怖いなぁ、暴れるニンジャを必死におさえようとするも、下り坂に入りふわっとなってしまい万事休す。ツナギに引火しないでよかったですね。でも、手の小指を骨折した模様です…

    2017y09m16d_000815534

    ミサノで開催されたMotoGP「サンマリノGP」の3日間のクラッシュが140回を記録し歴代最多!なんて話題になっていましたが、半数以上がMoto3とMoto2でおきたそうです。そのMoto3クラス予選ではリビオ・ロイが恐ろしいクラッシュを経験していました。最終コーナー出口で前にいたガブリエル・ロドリーゴがスリップダウン、そのマシンに乗り上げたリビオはマシンごと高くジャンプ!宙を舞ったあと、あぶない角度でストレート上に落下しました。うーん、繰り返し見れば見るほど怖いのなんのwww 15メートル近く飛んだだろうか…首がポッキリいかなくて助かった。この後のメディカルチェックでは肩のケガが発見されたそうです。

    IMG_7244

    2017年9月9日に筑波サーキットで開催された「筑波ツーリスト・トロフィー」FT2クラスで、多重事故に巻き込まれるなど、混乱のまっただ中にいた三名のライダーの車載映像です。これはどうなんでしょう、目の前のコーナーから救急車がコースインしたのを見て赤旗が出ると思ったんだろうなぁ。黄旗(グリーン旗のポストまで追越し禁止)と白旗(コース内に救急車などスローダウン車両に注意)が振られる中、先頭車両が必要以上に減速、グリーンフラッグでもペースを上げないため周りが大混乱。さらに少しでもポジションアップしたい後続集団がグリーンのポスト手前から抜きにかかって先頭グループと接触、多重クラッシュに発展してしまいました。このクラスは競技に参加しやすいよう「筑波ライセンス」で参加できるなど、ハードルが下げられ参加台数も多いのだそうです。でも、ルールを知らないで参加とか危なすぎぃ。。。

    2017y09m11d_210320859

    どんだけ脆いんだww こんな危ないオーバルでレースをするなんて!NASCAR PEAKメキシコ・シリーズで、二台のマシンがもつれあいクラッシュした衝撃でコンクリートウォールが一部崩壊するハプニング。 サムネイルのリポーターが持っている破片は小さいですが、実際に破損した部分はかなり大きく、60センチ四方ほどの巨大なデブリもありました。そのうち死人がでそうですね…それにしてもカメラマンが下手クソだなぁ。3方向から撮ってるのにどれも見たい瞬間が収まってないじゃないかwww

    このページのトップヘ