アキュラ

    2018y01m31d_021241846

    2018年のデイトナ24時間レース「Rolex 24」の決勝レースが行われ、注目の総合優勝はマスタング・サンプリング・レーシングのバルボサ/アルバカーキ/フィッティパルディ組の#5キャデラックDPi-V.Rが獲得しました。2位は#31キャデラック。3位フィシュは#54オレカ。

    2017y09m28d_002825607

    2018年からIMSAのWSCCに参戦するチーム・ペンスキーのアキュラARX-05が、9月19日にセブリング・インターナショナル・スピードウェイで行ったテストを撮影した映像です。キャデラックや日産、マツダとともに最高峰のPクラスでしのぎを削ることになるARX-05は3.5リッターV6ツインターボエンジン「AR35TT」を搭載。デビュー戦は2018年1月のデイトナ24時間レースで、ドライバーは元F1ドライバーでインディ500ウイナーのファン・パブロ・モントーヤと、2016年WSCCチャンピオンのデーン・キャメロンが決定していますが、ほかは未発表。今回のテストではエリオ・カストロネベスのヘルメットに酷似した人物がコクピットにおさまっていて(1:07にはっきりと映っています)、ひょっとしてエリオの起用もありえる!?

    2017y08m30d_215056137

    IMSAのWSCCバージニア戦で珍プレーが発生しました。きびしい幅寄せにあった#93 アキュラ・NSX GT3のキャサリン・レッグが報復の幅寄せ。それにビビった#14レクサス・RC F GT3のセージ・カラムが次のコーナーでブレーキテスト。そこに軽く追突したレッグでしたが、なかなかスピードをあげないカラムに業を煮やし「なによ、あんた!」とばかりに再びリアをおっぺしたところ、その接触のせいでボンネットが開いてしまうハプニング。強烈なダウンフォースをえることになったNSXは緊急ピットインするハメに…

    2017y03m21d_035917182

    2017年WSCC第2戦「第65回セブリング12時間レース」は、なんと開幕戦に続き好調だったキャデラックDPi-V.R. が表彰台を独占!優勝はWTRの#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」で開幕2連勝。AXRの2台が続きキャデラックが強さをみせています。GTLMクラスは#7コルベットC7.Rが優勝。日本勢はマツダDPi「RT24-P」の#55が総合29位。#70はブレーキトラブルでクラッシュ、その後復帰するもサスにクラックが見つかりリタイア。GTDクラスのアキュラNSX GT3は#86がクラス8位、#93が同14位。レクサスRC F GT3は#15がクラス13位、#14が同18位でした。パドックやコース脇から撮影した臨場感あふれる映像と公式フルレース映像です。

    2017y01m30d_060851702

    第55回デイトナ24時間レース「Rolex24」決勝が行われ、3番手からスタートしたジェフ・ゴードン組#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」が優勝。残り7分でおきたトップ2台による接触で順位が入れ替わる波乱があったものの、14年ぶりにシリーズ復帰を果たしたキャデラックが1-2フィニッシュを果たしました。GTLMは#66フォードGTが優勝。期待された日本車勢はマツダ#55が40位、#70はリタイア。アキュラ「NSX GT3」#86がGTDクラス5位、#93がGTDクラス11位。レクサス「RC F GT3」は#14が序盤でウォールへクラッシュ脱落、#15がGTDクラス14位と渋い結果に。ハイライト映像やクラッシュシーンなどをピックアップしました。

    2017y01m27d_162248884

    アメリカ・ワシントン州タムウォーターでの事故映像がミラクルすぎる!と話題になっています。事故の主人公のライダーがつけていたヘルメットカムと、その事故を後方からとらえたドラレコの2カメです。なんか落ち着きのないライダーだなぁwwオラオラ系!?合流で譲らなかった相手のアキュラに中指を立て追いかけていったらズドーンと!!!反対車線へ飛ばされてたらヤバかったけど、まさかの奇跡wwww

    2017y01m27d_144032640

    2017年のデイトナ24時間耐久レース「ROLEX24」。最高峰のPクラスはマツダ「RT-24P」や、リジェ・ニッサン、キャデラック、そしてギブソンエンジン搭載のLMP2勢が参戦。昨年はコルベットが1-2フィニッシュを飾ったGTLMクラスは、コルベットの他、ポルシェが911RSRをデビューさせ、フォード、BMW、フェラーリがエントリーする激戦区。GTDクラスにはレクサス「RC F GT3」やアキュラ「NSX GT3」が参戦し注目されます。26日に行われた予選ではシリーズ復帰を果たした5号車キャデラックDPi-V.Rがポールポジションを獲得。日本勢はマツダが9、10番手、アキュラがクラス7、9番手、レクサスはクラス13、20番手からのスタートが決定しました。IMSA公式から公開された予選映像1時間40分!

    2017y01m11d_122520319

    デイトナ24時間レース直前テストに参加していたマイケル・シャンク・レーシングの#86アキュラ「NSX GT3」。インラップ-アタックラップ-アウトラップまでのオンボード映像です。ステアリングを握るのはオズワルド・ネグリJr. 。この#86NSXの3日間のテストでの総合順位は51位でGTDクラス23位でした。ちなみにGTLMクラスの#4コルベットがマルセル・ファスラーのドライブ中に出火してしまいました。ピットに戻ってきたその悲しい姿もピックアップ。

    2017y01m07d_123501301

    IMSAのWSCC開幕戦デイトナ24時間レースへむけた合同直前テストのパドックやコースサイドからのビデオです。今回のテストではカラーリングを施したマシンも多く、日本車勢もニューカラーでの走行だったようです。サムネイルはマツダのソウルレッドをまとった新型デイトナプロト「RT24-P」にしました。注目のレクサスRC F GT3とアキュラNSX GT3、ニッサンGT-RニスモGT3の3.8L V6ツインターボエンジン「VR38DETT」を搭載することで話題となったESMチームの「テキーラ・パトロン・リジェJS P217ニッサン」の姿も。2017年開幕戦「Rolex24」は1月26-29日の日程!

    2016y12m15d_121739450

    2017年1月28.29日決勝のIMSA WTSC開幕戦「デイトナ24時間レース」にむけ開催されたセブリング合同テスト。アキュラNSX、マツダDPiの日本車勢や、リジェ、オレカ、ダラーラといったヨーロッパ勢、アメリカからは久々の復帰が注目されるキャデラックの新型車DPi V.R(サムネイル)がお目見え。そのテスト映像をピックアップしました。

    2016y09m11d_132607466

    2017年の実戦デビューを目指す「NSX GT3」にとって、はじめての公開テストとなったピレリワールドチャレンジ・ミッドオハイオ戦のテストセッションの映像を交えたビデオがアキュラから公開されたのでピックアップしました。動画タイトルが「Acura – NSX GT3 – Birth of a Race Car」という事で開発は順調そう!?

    02)

    おー、ホンダが昔から愛用するワインレッドだと落ち着いててナイス!マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーで2016年はスーパーフォーミュラへ参戦しているストフェル・バンドーンが、ポルトガルのエストリルサーキットでホンダの新型「NSX」を試乗するビデオです。

    2016y01m31d_125941034

    2016年2月7日開催の第50回スーパーボウルのコマーシャルタイムでながされるホンダ(アキュラ)NSXのCMがこちら。BGMはヴァン・ヘイレン。復活最初の一台が120万ドル(約1億4500万円)でオークション落札され話題になったけど米国では今春から納車が始まりお値段は15万6千ドルから。日本だとベースモデルが1890万円、フルスペックモデルが2500万円らしい…

    このページのトップヘ