クラッシュテスト

    スクリーンショット(2018-06-12 22.07.55)

    フォードの7人乗りSUV「エクスプローラー」のマイナーチェンジモデルが、米国道路安全保険協会(IIHS)の自動車アセスメントで最低評価の「Poor」をだしちゃったビデオ。「Poor」がでたのはスモールオーバーラップ正面衝突(全体の横幅の1/4程度をバリアに衝突させる)。このテストの結果から運転手や助手席の人が右股関節や下肢へ怪我を負う可能性があるそうです。

    2017y05m18d_140200956

    オーストラリアの自動車アセスメント「ANCAP」の日本車を使った実験が興味深かったので紹介します。その実験とは、日本が誇る大衆車トヨタ「カローラ」の1998年製と2015年製の車両をそれぞれ時速65キロで走らせオフセット衝突させてみるというもの。実験の映像をみると、昔のカローラは衝突の影響で、キャビン内部にあるハンドルやメーター類がドライバー側に押し出されていますが、現代のカローラはエアバッグがあるうえ、キャビン部分には事故の影響は殆どなく、ライフスペースがしっかり確保されているのが分かります。衝撃の吸収力が格段に進化!すごいなコレ。

    image

    過酷な衝突実験に臨むダミー人形は、貴重なデータをとるのに欠かせない存在となっている。臓器や脳、眼球などへの衝撃も解析できるそう。そんな、人間に代わって頑張るダミー人形に、つかの間の命を宿した3Dアニメーション。任務が任務だけにやっぱり切ない感じにw

    このページのトップヘ