グッドウッドFOS

    2019y07m24d_204148520

    7月はじめに開催されたグッドウッドFoS 2019のハイライト、ヒルクライムの10位から1位まで一気見ビデオが公開されました。この大会ではEVプロトのフォルクスワーゲン ID.Rが40秒切りで20年ぶりに新レコードを樹立!しかしながらサムネイルはお古のF1マシンで見事トップ10入りした久保田克昭(マーチ761)にしました。

    2019y07m08d_212113776

    1988年のF1世界選手権で16戦15勝という圧倒的な速さを誇ったマクラーレン・MP4/4に佐藤琢磨が乗り込みグッドウッドヒルクライム!!ターボ時代最後のアイルトン・セナのマシンですが、心臓部には685ps以上を出力するホンダの1.5リッターV型6気筒ツインターボエンジン「RA168E」が搭載。FoSの短いコースを轟音で駆け抜ける姿はいつ見てもシビレル!?

    2019y07m06d_204418010

    パイクスピークやグッドウッドFoS、ニュルブルクリンクで新記録を打ち立ててきたフォルクスワーゲンのEVプロトタイプマシン「ID.R」が2019年のFoSに登場!ロマン・デュマのアタックで41秒18を記録し、20年前にニック・ハイドフェルドがマクラーレンMP4-13で記録したヒルクライムのレコードタイム41秒6をブレイクしました。またもや新レコード樹立!

    2019y07m06d_194823838

    グッドウッドFoSにロボレースの最新開発車両「DevBot 2.0」が登場。当初の計画より大幅に開発が遅れているロボレースカーですが、新型シャシーはコクピットを備え人間が座れるようになっています。今回のショーランはYouTuberがヒルクライムコースの途中まで運転してシートを離れるとAIが自律運転しだす…という演出で、ゆっくりながら無事にコースを完走!

    2019y02m28d_230859350

    まだ19歳ながらマクラーレンの2019年レギュラードライバーに抜擢、F1合同テストでもトップタイムをマークして存在感を示したランド・ノリスですが、2018年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは1974年にエマーソン・フィッティパルディがチャンピオンを獲得したマクラーレン M23を走らせていました。その時のVLOGがあったのでピックアップ!

    2018y10m11d_130705721

    グッドウッドFOSのチャンネルからケン・ブロックが自慢の1965年型フォード「マスタング」でドリフトジムカーナする「Forza Horizon 4」のプロモーションムービーが公開!撮影場所は毎年FOSが開催されるイングランドのウェスト・サセックス西端に位置するチチェスターの丘陵地。フェスティバルの主催者であるリッチモンド公爵の広大な私有地を舞台に大暴れ!

    2018y08m16d_210949285

    2016年のF1世界選手権でドライバー、コンストラクターの両部門を制した「メルセデス・F1 W07 Hybrid」が2018年のグッドウッドFoSに登場!メルセデスAMG F1チームのリザーブドライバーを務めるジョージ・ラッセルの手でヒルクライムに出場しました。その時のオンボード映像が「Mercedes-AMG Petronas Motorsport」から公開!

    2018y08m09d_223202038

    中国の電気ハイパーカー「NIO EP9」が、2018年第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)で44秒61を叩き出し市販車最速記録をマーク!その時のアタックやパドックの様子を撮影したビデオです。43秒86で総合1位だったフォルクスワーゲンのEVヒルクライムレーサー「I.D. R Pikes Peak」に次ぐ、堂々の総合2位を獲得しています。

    2018y08m12d_201442529

    ル・マン24時間レース及びFIA世界耐久選手権(WEC)3連覇を果たしたポルシェがLMP1活動終了後にレギュレーションにとらわれないLMPカー「ポルシェ・919ハイブリッドEvo」を発表。これまでニュルブルクリンク北コースやスパフランコルシャンで最速タイムを記録してきましたが、今年のグッドウッドFoSにも姿を見せヒルクライムに出走しました。

    2018y07m26d_204832404

    「日産GT-R」および「イタルデザイン」50周年記念車として「GT-R NISMO MY2018」をベースに開発、設計、製造をイタルデザインが、インテリアやエクステリアのデザインを日産デザイン(ヨーロッパ、アメリカ)が担当した「Nissan GT-R50 by Italdesign」。今年のグッドウッドFoSでプロトタイプがデビューしましたが、パドックなどで間近で撮影したビデオです。

    2018y07m31d_144152118

    ポルシェが1998年のル・マン24時間レースやFIA GT選手権に参戦するために開発した「ポルシェ・911 GT1 '98」がグッドウッドFoSでヒルクライム!ロードアトランタで開催されたプチルマンで「離陸したポルシェ」として名高いですが、ルマンではトヨタ・GT-One TS020とデットヒートを演じポルシェ・911 GT1が1-2フィニッシュを達成しています。

    2018y07m31d_145218822

    19,000rpm、950馬力のBMW製3L V10エンジンを搭載した2004年のF1マシン「ウィリアムズ・FW26」がグッドウッドFoSに登場!ファン・パブロ・モントーヤやラルフ・シューマッハなどがドライブしたマシンは開幕当初は苦戦、シーズン途中でサイドポンツーンや特徴的なセイウチノーズなどマシンを大改修したところ調子をあげ最終戦で優勝しています。

    2018y07m28d_202504245

    2018年はコリン・チャップマンがロータス最初のクルマを製造してから70周年ということで、グッドウッドFoSにはロータスの車両も多数登場しました。そのうちの1台がこちら。ルノーの1.5L V6ツインターボエンジンを搭載した1985年のF1マシン「ロータス・97T」。いわずと知れた、アイルトン・セナが初優勝を飾ったマシンです。

    2018y07m26d_213130030

    ウィリアムズが1982年に開発した幻のF1マシン「FW08B」が2018年のグッドウッドFoSに登場!その時のオンボード映像がウィリアムズ公式から公開されました。前2輪、後4輪にしたFW07Dの発展型でしたが、FIAが83年から6輪車を禁止したためF1世界選手権への参戦はお預けとなった不遇のシックスホイラー。

    2018y07m25d_151706319

    1998年のFIA GT選手権でデビュー以降無双状態だったGT1規定のレーシングカー「メルセデス・ベンツ・CLK-LM」が2018年のグッドウッドFoSに登場!ベンツがサルテサーキットで離陸した1999年の光景が脳裏に焼きついている…なんて人が多いのでしょーか。動画コメント欄でも「空まで届く!」なんてネタにされてますねw でもこちらは前年のマシン。宙を舞うどころか、ルマンでは2時間ほどで2台ともリタイヤしています。。。

    2018y07m24d_130503718

    ポルシェ70周年記念ということで、「グッドウッドFoS 2018」でオモシロ企画「ドローン vs ポルシェ911 GT3 RS」。ドローンレース「World Drone Prix」世界王者、ルーク・バニスター(X Blades Racing)が操縦するレーシングドローンと最大出力520馬力、0-100km/h加速3.2秒のポルシェ911 GT3 RSがFoSのヒルクライム場でバトル!その時の公式ビデオです。

    2018y07m24d_105557721

    「グッドウッドFoS 2018」のテーマはポルシェ70周年記念ということで、多くのポルシェが会場をわかせました。その中の注目の一台がこちら。ジンガー・ビークル・デザインの空冷ポルシェ911(964型)「ジンガーDLS」でした。4リッターにボアアップされた水平対向6気筒NAエンジンで迫力のサウンドを轟かせています。

    2018y07m19d_015359116

    「グッドウッドFoS 2018」のBTCCシュートアウトのビデオ。トヨタ・アベンシスやホンダ・シビック タイプRの日本車勢、メルセデス・ベンツ Aクラス、地元ボクスホール・アストラとのタイムアタック合戦を制したのはBMW125i Mスポーツのアンドリュー・ジョーダンでした。

    2018y07m17d_212028959

    メルセデスAMGが2016年のF1世界選手権を戦った「メルセデス・F1 W07 Hybrid」がバルテリ・ボッタスと共に「グッドウッドFoS 2018」に登場しました。バーンナウト&ドーナツターンで観衆に挨拶!メルセデス公式オンボード映像と、FoS公式のデモラン映像です。

    2018y07m16d_163349095

    ホンダが1968年のF1世界選手権にジョン・サーティースとともに参戦したマシン「RA301」がグッドウッドFoSに登場。ホンダ・NSX-GTでスーパーGTに参戦する2009年F1チャンプ、ジェンソン・バトンの手でドライブされました。その時のムービーが「HondaVideo」から公開!

    このページのトップヘ