シェイクダウン

    2019y02m21d_202008168

    WRC世界ラリー選手権第2戦「スウェーデン」のシェイクダウン3度目のアタックでスノーバンクに乗り上げ溝にはまってしまったクリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)でしたが、ギャラリーたちが力をあわせ救助!!その場にいた人が撮影したビデオです。動画は編集さ短くなっていますが、5分ほどで脱出に成功したそうです。こういう一体感いいなぁwww

    2019y02m18d_185828794

    2月14日にイタリアのフィオラノサーキットで行われたアルファロメオ・レーシング「C38」のシェイクダウンをとらえたビデオと、バルセロナ合同テストの地カタロニアサーキットで18日に行われた「C38」アンベイルを撮影したビデオ。

    2019y02m15d_151524172

    2月13日にシルバーストンサーキットで行われた、アストンマーチン・レッドブル レーシング/ホンダの2019年型マシン「RB15」のシェイクダウン。ホンダのパワーユニット「RA619H」を搭載するだけでなく、エイドリアン・ニューウェイが現場復帰して手掛けた注目のマシンですが、PV用にフィルミングされた編集前のクリップが公開中。

    2019y02m14d_140745820

    ドライバーズ&コンストラクターズ両タイトル6連覇を目指す、メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツの2019年型F1マシン「W10 EQ Power+」がイギリスのシルバーストンサーキットでシェイクダウン。王者ルイス・ハミルトンによるファーストラップのオンボード映像が公開!

    スクリーンショット(2018-07-06 11.32.22)

    全日本スーパーフォーミュラ選手権が2019年から導入予定の新型マシン「SF19」のシェイクダウンテストと記者会見の様子をおさめたビデオが公開されました。ダラーラアウトモビリ社がSF14の後継機として制作したSF19ですが、クラッシュテストやイタリアでのチェック走行をへて日本にお目見え。7月3日から野尻智紀のドライブでシェイクダウンが行われました。

    2018y02m25d_163027990

    2月24日に2018年の日産モータースポーツ活動計画発表会が開催。それに合わせ、富士スピードウェイで行われた2018年型ニッサンGT-RニスモGT3のシェイクダウンテストの模様や、ドライバー、監督のトークショーが公開されています。

    2018y02m24d_165036894

    2月22日に発表されたメルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツの新型F1マシン「メルセデスAMG・F1 W09 EQパワー+」のヘルメットカム映像が公開されています。ドライバーはバルテリ・ボッタス。シルバーストン・サーキットでシェイクダウン&マシンチェック!

    2018y02m24d_153636090

    2月19日に「Aston Martin Red Bull Racing」の新型F1マシン「RB14」が発表、シルバーストンにてフィルミングデーを利用したシェイクダウンが行れました。その時のドライブを担当したダニエル・リチャルドの360°オンボード映像が公開されました。Halo邪魔〜www

    2018y02m22d_234254276

    2018年のスーパーGT300クラスに投入するSUBARU BRZ 300のプロトタイプが富士スピードウェイでお披露目!雪のチラつく寒そうなウェットコンディションでシェイクダウンをおこないました。その様子を「すびーちゃんねる」が公開しています。

    2018y01m27d_205234426

    1月21日、富士スピードウェイでシェイクダウンされた「CarGuy Racing」のホンダ・NSX GT3。そのマシンをピット内やコース脇から撮影したビデオです。組み立てをおこなったイタリアのJASモータースポーツから届いたばかりのシャシーナンバー010のシェイクダウン!

    2018y01m25d_192437366

    2018年のWRC一発目!伝統のイベント「ラリー・モンテカルロ」が開幕しました。シェイクダウンの順位は1番手にティエリー・ヌービル、2番手にダニ・ソルドとヒュンダイ・i20クーペWRCがワンツー。気になるTOYOTA GAZOO RacingはMスポーツから移籍してきたオット・タナクが3番手タイムを記録、ラトバラが6番手、ラッピが9番手になっています。

    2017y08m18d_133138081

    8月17日(木)に開幕した、FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦「ラリー・ドイチェランド」のシェイクダウンとSS1のハイライトやオンボード、カメラマン撮影のアタック集をまとめてみました。SS1ではWRC2クラスのヤン・コペッキー(シュコダ)がトップタイムを記録。トヨタ・ヤリスWRCはラトバラが6位につけています。そしてシトロエンのエース、クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)が早速コンクリートの餌食に…オートスポーツには「シトロエンのミークがSS1クラッシュの波乱」とタイトルがうってあったけど、はたして波乱なんですかねぇ。。。高確率でクラッシュしてる今シーズン。このままだと、来年ミークの姿が見れなくなってしまうかも。このどん底から挽回なるか!?

    このページのトップヘ