シトロエン

    2018y07m10d_144553010

    1973年創設「FIA世界ラリー選手権」のドライバー部門の歴代王者とマシンがわかるビデオ。初代王者はストラトスHFのムナーリ。狂乱のグループB時代にはじまり、セリカのサインツ、カンクネン、オリオール。インプレッサのマクレーやバーンズ、ソルベルグ。ランエボで4連覇したマキネンなど日本車黄金期をへてローブ、オジェの一強時代へと遷り変わっていきます。

    スクリーンショット(2018-05-25 18.35.38)

    WRCに参戦するシトロエンがエース、クリス・ミークの今シーズン残りの参戦を全てキャンセル!理由は「危なすぎる」から。事故を量産した昨年は、頭を冷やすためシーズン途中に"一時休養”したミークですが、今季もそのクラッシュ癖はなおらず…第6戦「ポルトガル」ではロールオーバーしながら森の中に突っ込みコクピット前部を潰す大事故を起こしていました。。。

    2018y04m09d_175358314

    コルシカ島で開催されたFIA世界ラリー選手権第4戦「ラリー・フランス」で、シトロエンC3 R5 でWRC2クラスへ参戦するステファン・ルフェーブルが建物に突っ込むアクシデントが発生。屋根のお客さんは巻き込まれる心配もないし、いい場所に陣取ってますねwww

    41)

    コルシカ島の険しくツイスティな峠道を駆け抜ける、FIA世界ラリー選手権第4戦「ツール・ド・コルス」のオンボード映像が公式から公開されています。シェイクダウンでベストタイム4分00秒8を記録したミーク(シトロエン)と2番手タイム4分03秒のミケルセン(ヒュンダイ)、優勝したオジェ(Mスポーツ フォード)の三台!ドライバーもナビも息つく暇なしwww

    2018y03m16d_100221630

    はやくも3戦を消化した2018年のFIA世界ラリー選手権。WRC公式から公開されている各イベントのTOP5ハイライト映像です。第1戦モンテは3位につけていたダニ・ソルドがコースオフしたシーンがトップ。フルスノーラリーのスウェーデンは、コリンズクレストをジャンプしたヌービルがバランスを崩しながらもギリギリ着地したシーン。おかげで無事優勝。第3戦メキシコはミークが溝に落ち横転、なんとかコース復帰するも3位に後退した出来事がトップでした。

    2018y03m09d_122053304

    FIA世界ラリー選手権第3戦ラリー・メキシコで、このイベントで過去6連覇するなど強さをみせるセバスチャン・ローブがシトロエンから復帰。C3 WRCでシェイクダウンに挑みました。結果はチームメイトでベストタイムを叩き出したクリス・ミークから2.6秒遅れの10番手でした。

    2018y02m18d_234936412

    FIA世界ラリー選手権シーズン唯一のフルスノーラリー「ラリー・スウェーデン」が開催され、競技2日目にトップにたちそのままポジションを譲らなかったヒュンダイのティエリー・ヌービルが優勝しました。2位はシトロエンのブリーン。3位はヒュンダイのミケルセンでした。スウェーデン名物「コリンズクレスト」ではヌービルが転倒ギリギリのジャンプをみせるwww

    2017y12m25d_152507162

    2017年FIA世界ラリー選手権リキャップムービーです。トヨタがWRC復帰初年度ではやくも2勝。ワークスに打ち勝ったプライベーターのM-SPORTが3冠達成。過去最多の4勝をあげるも王座獲得の絶好のチャンスを逃したヒュンダイ。浮き沈みの激しかったシトロエン。熱かった1年を3分でチェック!

    2017y11m03d_222818433

    セバスチャン・オジェが5連覇をきめたWRC第12戦「ウェールズ・ラリーGB」でしたが、10月27日金曜日の夜、イギリスの城郭都市「チェスター」にあるイーストゲート時計台でおこなわれたセレモニアルスタートの様子を映したビデオがあったのでピックアップ!

    2017y10m31d_002055283

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦「ウェールズ・ラリーGB」は、エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)が初の総合優勝をあげ、3位に入ったセバスチャン・オジェがシリーズチャンピオンに輝き、WRC5連覇を達成しました。二人が所属するMスポーツもマニュファクチャラーズタイトルを手にしています。ラリーGBのアタック&アクション集です。

    2017y10m10d_234644281

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦「ラリー・スペイン」はジェットコースターのようなシーズンを送っているクリス・ミークが復活の優勝をとげしました。ミスを連発するなど大スランプにあえぎ批判のあがる中でつかみとった勝利でした。サービスに戻ってくる時もマシンをスライドさせて嬉しさを表現!2位はセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)。3位はオット・タナク(フォード・フィエスタWRC)。トヨタ・ヤリスWRCはユホ・ハンニネンの4位が最上位でした。シトロエンのハイライト映像やカメラマン撮影のアタック集です。

    2017y09m21d_144904331

    シトロエンとともに前人未到のWRC9連覇を成し遂げたセバスチャン・ローブと、ポルシェやアウディでル・マン24時間レースを制したロマン・デュマがフランスのヒルクライムイベント「Hillclimb Turckheim 2017」に登場、観客を魅了しました。この二人の共通点のひとつに「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で総合優勝をはたしている点があげられます。ローブは875馬力のプジョー・208 T16パイクスピークで2013年に勝利、デュマはプロトタイプのノルマM20 RDリミテッドで2014、16、17年と三度制しています。そんな、フランスの誇る二人のレーシングドライバーが思い出のマシンでヒルクライムラン!

    2017y09m21d_141414329

    セバスチャン・ローブとダニエル・エレナの名コンビがWRCに戻ってくる!?その動向が注目されていますが、そんな二人がシトロエンのスペイン戦プレテストにあわせC3 WRCでグラベルテストを敢行!そのスパイショットが公開されています。はたして復帰は現実となるか!? そして今季残り3イベントをヒュンダイから参戦することが決まっているアンドレアス・ミケルセンはWRCラリー・カタルーニャにむけヒュンダイi20をテストしています。そちらもあわせてピックアップ!

    2017y08m09d_172538794

    エースのクリス・ミークに不信感を抱いていると噂のシトロエンが、2015年モンテカルロを最後にWRCから遠ざかっているセバスチャン・ローブをテスト。最新のWRカー「シトロエン・C3 WRC」をドライブする姿がシトロエンから公開されました。現地で活動するカメラマンが映したテスト風景と一緒にピックアップ!FIA世界ラリー選手権9連覇の絶対王者が、来年からWRC復帰の可能性がでてきましたね。これは楽しみ。

    2017y07m22d_130420236

    WRC公式から2016年の「ラリー・フィンランド」覇者クリス・ミーク(シトロエンDS3 WRC)のオンボード映像が公開されています。ステージは平均速度が高く、巨大ジャンピングスポットのあるSS13「オウニンポウヤ」。ミークはこの名物ステージを15分06秒3で走りきりステージウィンを飾っています。あまりのスピードにペースノートを読むポール・ネーグルもめっちゃ早口になってますねwww さすが超高速ラリー。

    2017y06m10d_131605958

    シトロエンのエースとしてFIA世界ラリー選手権に参戦しているクリス・ミーク(イギリス)のクラッシュフィーバーが止まりません。開幕戦モンテカルロの激突にはじまり、スウェーデンにむけたテストでは横転事故。むかえた第2戦スウェーデンでもクラッシュ。第5戦アルゼンチンではSS4で横転すると、SS14ではマシンを8回転させる大転倒を演じ、第6戦ポルトガルでもブロックに激しくヒットさせています。そして現在開催されている第7戦「イタリア」。競技二日目のSS5でまたしても大転倒!ロールゲージにダメージを負いラリーからリタイアしています。事故後にマシンを復帰させようと奮闘するミークの姿を現場に居た人のカメラがとらえていました。クラッシュのオンボード映像とともにピックアップ。

    2017y05m04d_021851966

    FIA世界ラリー選手権第5戦「ラリー・アルゼンティーナ」は最終日の最終SSでMスポーツのエルフィン・エバンスを逆転したヒュンダイのティエリー・ヌービルが優勝を果たしました。その差なんと0.7秒!衝撃の逆転Vとなりました。3位にオット・タナク(Mスポーツ)。もう一つ衝撃だたのが、SS4で横転を喫したシトロエンのクリス・ミークがSS14で再び数回転する激しいクラッシュを演じたこと。今年何度目??その公式オンボード映像やハイライトなど、色々集めてみました。南米ラウンドは毎年有志撮影の映像が少ないですねぇ…ちなみに「TOYOTA GAZOO Racing」はラトバラが5位、ハンニネンが7位と難関のアルゼンチンで健闘。

    2017y04m29d_115805260

    2004年にアウディR8を駆りル・マン24時間レース総合優勝を果たした「世界の荒」こと荒聖治の検定シリーズが「Best MOTORing」より公開!2011年4月号の企画です。シトロエン、アルファロメオ、アバルト、プジョーのちょっとお洒落なスポーツカーを検定!接地感、コントロール性、剛性感、タイヤ性能、乗り心地、一体感の6項目を評価。荒さんによるとサスペンションといえばフランス車なんだそうです。出場車:CITROEN DS3 Chic、Alfa Romeo MiTo Competizione、FIAT ABRTH 500C、PEUGEOT RCZ LHD。

    2017y04m29d_104951297

    ミーク「オ〜ウ!バスタード(クソ野郎)!!」コメントに「You bastard!」って書かれててちょっと面白い。FIA世界ラリー選手権第5戦「ラリー・アルゼンティーナ」SS4でシトロエンのクリス・ミークが高速セクションで右フロントを弾かれ横転!これは草陰に小石が隠れてたの?この事故後も走り続けましたが結局デイリタイアになっています。SS9を終えトップにつけるのはエルフィン・エバンス。「TOYOTA GAZOO Racing」は、途中、総合2番手につけていたラトバラがエンジントラブルで後退し6番手。ユホ・ハンニネンが9番手となっています。

    2017y03m17d_205541045

    FIA世界ラリー選手権第3戦「メキシコ」を制したクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)を称えるウィニングムービーがWRCから公開されました。今季初のグラベルラリーをリードしたのはオジェールでもヌービルでもラトバラでもありません、なんと序盤2戦で絶不調だったシトロエンのミークがデイ2からトップを快走!2番手オジェのスピンもあり30秒のリードをもって最終日を迎えました。SS18でさらにリードを広げ、余裕で挑んだ最終ステージではカーブを曲がれず駐車場に突っ込むというミークらしいハプニングまで披露してくれました。その時のオンボード映像とシトロエン公式ハイライト映像も一緒にピックアップ!

    このページのトップヘ