スバル

    2017y09m16d_104610255

    2017年8月5日に「スバル・WRX STI タイプRA NBRスペシャル」がニュルブルクリンク北コースでタイムアタックをおこない4ドアセダンの最速記録 6分57秒5 をマークしましたが、スバルがついに、そのアタックのフルオンボード映像を公開しました。最大出力600馬力オーバーのマシンのチューニングはプロドライブが担当。WRC仕様のパドルシフトやF1技術のDRSなどが採用されスペシャル感がハンパない!タイヤはスリックをはいていて、ノルドシュライフェを攻略するドライバーはリッチー・スタナウェイです。ちなみにニュル最速は中国のEVマシンNio EP9で6分45秒9、続いてラディカルSR8LMが6分48秒、ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテが6分52秒01、ラディカルSR8の6分56秒08、ポルシェのプラグインハイブリッド 918スパイダーが6分57秒フラットということで、それに次ぐ恐ろしく速いタイムなんです。

    2017y08m26d_002624833

    2017年、3年ぶりに開催された「マウント・ワシントン・ヒルクライム」は、スバルWRX STIの名手トラビス・パストラーナがコースレコードをブレイクする5分44秒72を記録し優勝しましたが、スバルUSAからその時の挑戦記が公開されています。グラベルとターマックの入り混じるうねった路面は、世界一タフとも称されますが、今回もチームメイトで記録保持者のデビット・ヒギンズがクラッシュ。その処理でトラビスのスタートが一旦仕切り直しになるなど、簡単な挑戦ではなかったようです。それにしてもX Gamesからラリーまでどこでも活躍しちゃうトラビスのマルチプレーヤーっぷりに惚れる!字幕がないのが残念ですが、オンボード映像が多いのでノリで楽しめると思います。

    2017y08m17d_134710716

    7月21日に「スバル・WRX STI タイプRA NBRスペシャル」でニュルブルクリンク北コース・ノルドシュライフェでタイムアタックを行い、見事4ドアセダン最速の称号を獲得したスバル。プロドライブがチューニングしたマシンで6分57秒578という驚異的なラップタイムを記録しましたが、その模様を伝えるスペシャルムービーを公開しています。ドライバーはリッチー・スタナウェイ。このタイムがどれほどかというと、ランボルギーニ・ウラカン・パフォーマンスが今年記録したタイムが6分52秒01。日産GT-Rニスモが13年に記録したタイムが7分08秒68です。

    2017y07m26d_141859455

    7月23日に決勝をむかえたSUPER GT Round 4 SUGO。読めない展開やファイナルラップまで繰り広げられたトップ争いなど、観客は大いに楽しめたと思われますが、度重なるセーフティカーに翻弄され失意の結果に終わったチームが多かったですね。スバルもそのうちのひとつ、表彰台圏内にいたのにまさかの9位フィニッシュ。山内英輝「自分もこの思いをどこにぶつけていいかわからない」辰巳総監督「非常にスッキリしない順位の落とし方」と腑に落ちない様子です。

    2017y07m17d_210450545

    2017年の「マウント・ワシントン・ヒルクライム」は、スバル・ラリーチームUSAのトラビス・パストラーナが600馬力のスバルWRX STIでコースレコードを更新、スバルからすでに車載映像が公開されていますが、第二弾で360°VRオンボード映像も公開されました。ターマックとグラベルの入り混じる7.6マイルのコースを、5分44秒72で駆けぬけたランをパノラマで!自分でグリグリして見たい方向を見れるビデオです。

    2017y07m17d_220927713

    アメリカの伝統的なヒルクライムレース「マウント・ワシントン・ヒルクライム」。2017年はスバル・ラリーチームUSAのトラビス・パストラーナがコースレコードを更新する走りで優勝しましたが、タフなヒルクライムとして知られる大会でもあり、その裏ではゴールできずに終わるマシンもありました。今回はその中から3つのクラッシュをピックアップ。1.フォード・フィエスタの面白事故。コーナリング中の加重移動で片側が浮き上がり横転。2.パストラーナの僚友ヒギンズ(スバルWRX STI)が後輪を岩にヒット、崖下へ転落し一瞬逆立ち状態に…3.GMのLSエンジンにスワップされた1972年式ダットサン240Zがブレーキをミスり崖下へ横転(オンボード映像)。13年かけて開発したという貴重なZが…

    2017y07m13d_132350299

    トラビス・パストラーナ(スバル・ラリーチームUSA)の#199 「WRX STI」が「マウント・ワシントン・ヒルクライム」でレコードタイムを樹立!スバルからその時のオンボード映像が公開されました。チームメイトのデビッド・ヒギンズが前大会2014年にたたき出したレコードタイム6分09秒095を15秒も更新する5分44秒72を記録しています。ターマックやグラベルの入りまじったコースで迫力のヒルクライムラン!ここはパイクスピークより道幅が狭そうですが、こちらもガードレールはナシ(°_°)

    2017y07m05d_171116793

    北海道・洞爺湖周辺のグラベル林道で開催された全日本ラリー選手権第6戦「ARKラリー洞爺」。JRCA公式、スバルからハイライト映像が公開されています。優勝したのは、3月のテスト中の事故での大怪我から復帰3戦目の鎌田卓麻/市野諮 組の#6 SYMS DL TEIN WRX STIでした。サムネイルは洞爺名物の川渡りで豪快にスプラッシュする#6にしました。ちなみに、これで今季の優勝者は5名となっています。

    2017y07m04d_155229572

    ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックするため開発が進められているスバル「WRX STIタイプRA NBRスペシャル」が「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2017」でお披露目。スバルと共にマン島TT四輪レコードを樹立したマーク・ヒギンズの手でヒルクライムアタックが行われました。その時の様子をコース脇から撮影したビデオです。車名につく“Record Attempt”の名のとおり、グループCとインディカーのチートマシン2台に続く、48秒25を記録、見事総合3位に入りました。これは今夏のノルドシュライフェで最速いける!?

    2017y06m22d_140118487

    2017年の全日本ラリー選手権(JRC)第1戦「ラリーオブ嬬恋」。2月初旬、真冬に行われたスノーラリーの二日目、5.737kmのSS8「Omae Suzaka2」で4番手タイムを記録した草間一朝/前川富哉 組のTEAM CERAMインプレッサWRX STIのオンボード映像です。市販スタッドレスタイヤでもこんな走りができるんだ!?スイスイとコーナーを抜けてくけどどうなってる(°_°)

    2017y05m04d_094517607

    佐賀県の桜の花弁舞う中開催された全日本ラリー選手権第2戦「ツール・ド・九州2017 in 唐津」、愛媛県の新緑香る第3戦「久万高原ラリー」、福井県に移動し初夏のターマックラリー第4戦「若狭ラリー2017」。JRC公式とSUBARU公式のダイジェスト映像をピックアップしました。第2戦を制したのはやっぱりこの男、ミスター唐津、勝田範彦(スバル WRX STI)でした。なんと唐津連勝記録を12にのばすwww 第3戦は奴田原文雄の三菱ランサーエボリューション召今シーズン初優勝、第4戦はまたまた来ましたランエボ! 福永修が最高峰クラスで初優勝しています。

    2017y05m15d_135411531

    うまい下手はともかく、楽しそうに流していてええな!スバル・インプレッサSTIの車載映像が20万再生目前でそこそこ人気になっていました。どこか南フランスの峠っぽいですね。チュリニ峠とかの。よーくみると後ろにも一台いるしスバリストの集まりなのだろうか。なんとなくコメントを眺めていたら「dori dori says "real men race down hill" 」という書き込みに150もイイネが付いている。今や「ドリドリ」の渾名は海外でも通用するんですねwww ドリキンもびっくり。

    2017y04m07d_130416915

    ついにスーパーGTが開幕します。今年もスーパーGT300クラスに挑戦するスバルから岡山合同テストのビデオが公開されています。駆動力を増やすためにトランスミッションを後方に納めホイールベースを伸ばすなど、リアに加重をかけるための改良や空力の改善を施したという2017年型BRZ。昨年同様、井口卓人/山内英輝というドライバーラインナップで3月18-19日の二日間にわたり開催されたテストでは予定されていたすべての工程をこなし、2日目午前のセッションで3番手につけるなど順調なテストとなったようです。SUPER GT Rd.1「岡山GT300kmレース」は本日午後に予選、9日14:30分に決勝がスタートします。

    2017y03m18d_160835229

    場所によっては車幅ギリギリ!1:35なんてルーフからぶつかってるやんww スバル「WRX STI」でマン島TTの4輪最速記録を保持するマーク・ヒギンズが、スイス・サンモリッツにあるオリンピックボブスレーコースで「WRX STI」を走らせるという恐怖のチャレンジに挑みました。その模様がスバル公式から公開されています。幅が細めのスタッド付きタイヤをはめコースイン!はたしてゴールまでたどり着くのか!?どんな走りをみせたかチェック!!

    2017y03m09d_004854506

    5月25日-28日に開催される「第45回ニュルブルクリンク24時間レース」のSP3Tクラスに参戦するスバルが富士スピードウェイでシェイクダウンを行いました。その模様とニューマシンの解説が「SUBIE CHANNEL」から公開されています。参戦10年目の節目となる今季は新車から組みなおし改良を施した「WRX STI NBR CHALLENGE」で、昨年と同じカルロ・ヴァンダム、マルセル・ラッセー、ティム・シュリック、山内英輝というドライバー布陣で3連覇にいどみます。

    2017y02m08d_204120031

    2017年2月3〜5日に群馬県嬬恋村で開催された全日本ラリー選手権第1戦「Rally of Tsumagoi」。JRCA公式とスバルからダイジェスト映像が公開されています。今シーズン唯一のウィンターラリーを制したのはスバルWRX STIの勝田範彦/石田裕一。2位は鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)。3位に奴田原文雄/佐藤忠宜のミツビシ・ランサーエボリューションXが入っています…ひょっとしてまだ暫定扱い!?JN3クラスはオフィシャルで天野智之/井上裕紀子(トヨタ・ヴィッツRS)の優勝が発表されています。

    2017y02m09d_132310359

    クルマ好きYoutuberの「おつぽん」と自動車メディア「レスポンス」の4つあるコラボ企画のうちの第一弾がこちら。桂伸一のドライブするスバル「WRX S4 tS NBRチャレンジパッケージ」の助手席に乗せてもらい、袖ヶ浦フォレストレースウェイでサーキット走行を体感しています。その時の360°オンボードとおつぽんビデオ。桂伸一の走行インプレッションとおつぽんの反応は!?ちなみに、このSTIによるコンプリートカーは、最高出力300ps/最大トルク40.8kgmとノーマルと変わらないものの、加速時のトルクがアップしているなど、細かい違いがあるようで、2017年3月12日までの期間限定販売なんだそうです。

    2017y02m08d_220501158

    今年で35回目を迎えた「東京オートサロン」。日本が誇る世界最大級のカスタムカーの祭典には3日間でおよそ30万人のファンが集まったそうです。その幕張メッセの会場に「J SPORTS」のカメラが潜入、ロータス、埼玉トヨペット、TOYOTA GAZOO Racing、Studie AG、SUBARU、TRDのブースを紹介している、2本で10分程のビデオです。荒聖治、加藤寛規、番場琢、平沼貴之の一言インタビューもアリ。

    2017y02m09d_141718980

    Σ(゚Д゚;)ゲゲッこれは避けられない!2013年に300台だけ販売されたという、スバル・オーストラリアの40周年記念特別仕様車「インプレッサ WRX RS40」が、対向車線からはみ出してきたクルマと衝突してしまいます。あっという間に突撃される恐怖の瞬間をとらえたドラレコです。前のピックアップにも当たっているし、スマホか居眠りが原因ぽいなぁ。もったいない…高速道路走行中の事故にもかかわらず、大怪我をした人はいなかったそうです。2016年12月17日の出来事。クリスマス間近にとんだ災難がプレゼントされてしまった…

    2017y01m31d_155221488

    「Redbull GlobalRallyCross」に参戦しているスバルがクリス・アトキンソンの「WRX STI GRC」を日本に持ち込み、埼玉県の本庄サーキットで2017年のテストを開始したようです。昨年最終戦にスポット参戦を果たした新井敏弘もステアリングを握ったその時の映像が「WEB CARトップ」と「SUBIE CHANNEL」から公開されています。最高出力600ps、最大トルク900Nmを発生する「WRX STI GRC」の豪快な走り!

    このページのトップヘ