スペシャルトーク

    57)

    レーサーを目指している人には為になるかもしれないお話。「クルマで遊ぼう! 大井貴之のSports Driving Labo.」から2016年REVSPEEDの谷口信輝特集が公開されています。スーパーGT300クラスやドリフト、チューニングカーなどで様々なタイトルを獲得している谷口さんが、スクーターの走り屋時代からトップレーサーへと上り詰めるまでを語っています。

    2017y03m09d_012503922

    時間みじかっ!通訳さんもいるし、4人で10分間だとあっという間www 鈴鹿ファン感「動画まとめ記事」のなかで中途半端な動画をリンクしましたが、入場から退場までの完全版を公開している人がいたので紹介します。F1レジェンズトークショーに出演したのはミカ・ハッキネン、ジャン・アレジ、中嶋悟、川井一仁の4名。当時、ドライバーとしてどんな印象だったかを語ります。90年代のF1を盛り上げた懐かしいメンバーですね。川井ちゃんは時間の関係でほとんど喋ることなくフィニッシュ!笑

    2017y02m17d_223919615

    GT-Rをよく知るレーサー、ドリキンこと土屋圭市とニスモロードカーを統括する田村宏志CPSによるトークショーの模様が日産から公開されています。2月10日の「大阪オートメッセ」で収録、R32からR35GT-Rについて熱く語っています。田村さんについて簡単に説明すると、2001年の「第35回東京モーターショー」に展示された次世代GT-R(R35)を示唆するコンセプトカー「GT-R Concept」のコンセプトをまとめあげ、2014年からは現行GT-Rのチーフ・プロダクト・スペシャリストに就任しています。愛車はR32GT-Rなんだそうです。やっぱりかww

    2017y02m17d_224221464

    スーパーGTドライバーも多数参加した2016年の「86/BRZ レース」プロフェッショナルシリーズの総集編が公開されました。司会は谷口信輝。2016年王者の佐々木雅弘をはじめ、服部尚貴、平中克幸、阪口良平、井口卓人、青木孝行、の7名のドライバーでシーズンを振り返る内容。各所でくり広げられた熱いバトルのドライバー同士の見解や、そのレースで調子良かった人悪かった人のイイワケ。レーサーも楽しんでるなーと感じる面白い内容です。前、後編あわせて1時間弱の大ボリューム!

    2017y01m28d_140446140

    昨年12月、ツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY 2016」に訪れたフェルナンド・アロンソとマルク・マルケスのスペシャルムービーがホンダから公開されました。王者としてどのようにレースに取り組んでいるのかや、ホンダサンクスデイの感想が語られています。アロンソがMotoGPチャンピオンマシン「RC213V」に乗ったり、マルケスがスーパーGTの「NSX CONCEPT-GT」をドライブしたりできるのは幅広いモータースポーツ活動をするホンダならではですね。2本合計8分ほどのビデオ。

    2016y12m08d_024522884

    12月4日、ホンダのファン感謝祭「Honda Racing Thanks Day 2016」がツインリンクもてぎで開催。F1ドライバーのフェルナンド・アロンソがMotoGPマシン「RC213V」やホンダのレトロF1「RA301」に、ジェンソン・バトンやダニ・ペドロサがスーパーGTの「NSX-Concept GT」をドライブするなど普段と違う装いで会場を盛り上げました。その時の走行シーンやインタビューのビデオをいくつかピックアップ。ペドロサはNSXをスピンさせるおまけつきww 最終コーナー立ち上がりで巻き込んでクラッシュ未遂、あっぶねぇwww

    44)

    WEC日本ラウンド「富士6時間耐久レース」が本日10月14日から開幕!開催地「富士スピードウェイ」から日本でレースをするアウディのアンドレ・ロッテラーとトヨタの中嶋一貴、小林可夢偉のインタビューが公開されていました。その17分のビデオ。WECドライバーお勧めの見所は「一時的に1000馬力を出力するLMP1マシンの、1コーナー、ヘアピン、最終コーナー立ち上がりのすさまじい加速」なんだそうです。決勝スタートは16日10時53分!

    2016y10m12d_221141242

    WEC「富士6時間レース」開幕間近という訳で「TOYOTA GAZOO Racing」のドライバー中嶋一貴、小林可夢偉にFIA-F4ドライバーの小高一斗、宮田莉朋が加わり中嶋チームと小林チームに分かれGT6で対決するという企画がアップされていました。「Mobil 1 EMG-Lube Japan」から公開。実況はお馴染みピエール北川。勝ったのはどちらのチーム!?「中嶋一貴、小林可夢偉 x モリゾウ x 脇阪寿一」のトークショーのビデオもついでにピックアップしてあります。

    25)

    10月14-16日に富士スピードウェイで開催されるFIA世界耐久選手権(WEC)第7戦「富士6時間レース」にむけたスペシャルトークが「TOYOTA GAZOO Racing」から公開されていたのでピックアップ。トヨタTS050ハイブリッドの5号車をドライブする中嶋一貴と6号車の小林可夢偉がWEC富士の見所について語る内容になっています。

    14)

    3月12、13日に鈴鹿サーキットで開催の「2016モータースポーツファン感謝デー」でジャン・アレジと息子ジュリアーノによるF1デモラン対決が実現!親父は「フェラーリF187」、息子は父が昔ドライブしていた「ティレル019」へ乗り込み仲睦まじく鈴鹿のストレートを駆け抜ける。それにしても去年より増々親父そっくりになってきたけど…ゴクミの面影残ってる!?

    SnapCrab_NoName_2016-1-29_1-11-9_No-00

    「Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING」の川畑真人とアメリカ・フォーミュラDで活躍するケン・グシが東京オートサロン2016でトークショーを行い、箱根ターンパイクで撮影された「GT-R Drift on Turnpike Hakone 供廚任GT-R vs 86のドリフト裏話を披露!薄暗い峠道のウェットで更に2台のモンスターマシンによるドリフト…そんな極限状況はスペシャリストでもおっかない思いをしたらしいww

    07)

    ホンダサンクスデーでのN-ONEエキシビジョンレースの話題にはじまり、自身が開発に係わった新型NSXについての裏話、そして今季も参戦するインディカーレースについて盛りだくさんの30分!A.Jフォイトレーシングに所属してもう4年目になのか…昨年はホンダ勢は少し苦戦してたけど、2016年は自信ありげ。どれだけ巻き返してくるのか楽しみ。

    2015y12m23d_220305992

    12月6日筑波サーキットで開催されたモータースポーツイベント「スピード × サウンド トロフィー」にてコースレコードを見事更新した小林可夢偉のトークショー全貌。空気を読まず午前中の慣熟走行2周目にレコードをブレイクしてしまった可夢偉さんは午後の本番走行前に何を語ったのか!?ちなみにスーパーフォーミュラSF14でのチャレンジ本番で樹立した新コースレコードは44秒008。Fポン脇阪寿一の旧レコードタイムを3秒近く縮める結果に。

    2015y11m25d_161612123

    4万2000人のファンが来場したというトヨタのファン感謝イベント「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2015」。富士スピードウェイの特設会場で行われたトークショーにはスーパーフォーミュラの小林可夢偉、ジェームズ・ロシター、J.P.デ・オリベイラ、国本雄資が参加。その時の動画がSunocoRacingからドロップ!最終戦の可夢偉号ファイアーの秘話も登場w

    29)

    メジャーリーガーと世界の自動車会社の社長という、全く別のフィールドで活躍する二人がどんな絡みをみせるのか!?少しずつ公開されてた興味深い対談がフルバージョンでリリース!テーマも「メジャーリーグ初登板」「成長するということ」「共通点」「変えること/変えないこと」「ピンチとチャンス」「リーダーシップ」「トヨタのバッティングフォーム改造」「愛車」「言葉へのこだわり」「自分らしさ」など様々。

    2015y11m07d_130015781

    トヨタ自動車の豊田章男社長と来年もメジャーリーグのマーリンズでプレイすることが決まっているイチローが対談。イチローは東京モーターショー2015のトヨタブースにも招かれたみたいだけど、今回の対談は「メジャーリーグ初登板」と「成長するということ」について章男社長がイチローに質問攻めする内容。話題になった公式戦初のマウンドでは珍事があったらしい。ベテランでもさすがに困るだろwww

    2015y02m26d_143514117

    2015年はKYGNUS SUNOCO Team LeMansのドライバーとして日本のトップカテゴリーに参戦する小林可夢偉。チームのファンミーティングで行われたトークショーの模様がKAMUI TVから公開!参戦を決めた経緯や、開幕戦への意気込みなどを語った約20分です。

    image

    日本人初の国際宇宙ステーション船長をつとめた若田光一さんと、NASA宇宙環境模擬訓練で船長に任命された星出彰彦さんが対談。常に新しいことに挑戦し続けている有人宇宙開発の現場では、技術や知識をどのように次の世代に伝えていくかが課題となっているらしいんです。でもそれってどの業界にも通づる話題ですよね…国際舞台でリーダーをつとめ、若手を育成する立場となった2人は何を語るのか?前回に続き今回も必見!?

    image

    日本人初の国際宇宙ステーション船長に就任した若田光一さんと、NASA宇宙環境模擬訓練で船長に任命された星出彰彦さん。宇宙飛行士になるのですら超超超難関ですが、その中でも更に人の上に就く役職を経験した二人が現場でのリーダーシップやコミュニケーション術について語っています。

    このページのトップヘ