スポーツランドSUGO

    2019y09m23d_223342818

    「2019 AUTOBACS SUPER GT Round7 SUGO GT 300km RACE」で優勝した日産自動車や2位に入ったホンダアクセス(Modulo)のダイジェスト映像です。決勝レースは7番グリッドからスタートしたNDDP RACING with B-MAXの平手晃平/フレデリック・マコウィッキィ組 #3 CRAFTSPORT MOTUL GT-Rが54周目にトップに浮上し2位を20秒近く離しての今季初勝利!

    2019y09m21d_205958064

    スポーツランドSUGOで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 7 SUGO GT 300km RACE」予選は井口卓人/山内英輝 #61 SUBARU BRZ R&D SPORTが異次元の速さでGT300クラスのポールポジションを獲得!Q2で山内英輝が1分16秒834をたたき出しコースレコードを0.6秒も大幅に塗り替えました。公式から公開されたオンボード映像です。

    2019y06m24d_135120780

    6月23日(日)にスポーツランドSUGOで開催されたスーパーフォーミュラ第3戦「菅生」の決勝レースはチャンピオンの山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が終盤のセーフティカー出動後も好調なペースを維持しポールトゥウィンで通算6勝目!予選と決勝の公式ダイジェスト映像です。

    2019y06m22d_191605684

    2019年スーパーフォーミュラ第3戦「菅生」は不完全燃焼の予選Q3で#1 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がポールポジションを獲得しましたが、その前の予選Q2では9台がコースレコードを上回り山本尚貴がスポーツランドSUGO(3.704km)の新レコード1分3秒953をマークしました。そのアタックラップの車載映像が公開!

    2018y09m27d_215450981

    スーパーGT公式から「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE.」のバトル&アクシデント オンボード集が公開されました。サムネイルは一度は優勝した#100 RAYBRIG NSX-GTを追い抜いた#12 カルソニックIMPUL GT-Rで!

    2018y09m19d_165425144

    2018年9月15-16日にスポーツランドSUGOで行われた「2018 AUTOBACS SUPER GT第6戦」GT300クラスでポールトゥウィンを達成したスバルの予選&決勝レースのダイジェスト映像です。井口卓人/山内英輝 #61 SUBARU BRZは予選Q1、Q2ともに最速タイムでPPを奪取すると、決勝では一度もトップを譲ることなくファステストラップまで記録し優勝しています。

    2018y09m19d_154506104

    「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE.」で優勝した山本尚貴/ジェンソン・バトン組のホンダ・NSX-GTですが、決勝レースのスタートからゴール、ウィニングランまでのフルオンボード映像が「SUPER GT Official Channel」から公開!サムネイルは当日話題となったファイナルラップにバトンの走行ライン上に現れた謎のプリウスαにしましたw

    2018y09m19d_000717653

    スポーツランドSUGOで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE.」は山本尚貴/ジェンソン・バトン組 #100 RAYBRIG NSX-GTがポールトゥウィンで今季初勝利して話題になりましたが、9月15日に行われた予選でポールポジションを獲得したアタックラップのオンボード映像が「SUPER GT Official Channel」から公開!

    2018y09m16d_213122242

    「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE.」の決勝レースがおこなわれ、GT500クラスは山本尚貴/ジェンソン・バトン #100 RAYBRIG NSX-GTが、GT300クラスは井口卓人/山内英輝 #61 SUBARU BRZ R&D SPORTが優勝しました。2009年F1王者のバトンはスーパーGT初勝利をポールトゥウィンで飾りました。スバルBRZも盤石のポールトゥウィン。

    2018y09m16d_200025102

    これはイケナイ(((ll゚Д゚)))スポーツランドSUGOで開催されたスーパーGT第6戦決勝レースのファイナルラップでトップを走る元F1王者ジェンソン・バトンの#100 RAYBRIG NSX-GTに菅生の魔物が襲い掛かるハプニングwwww GTカーでもセーフティカーでもFROでも救急車でもない謎のトヨタ・プリウスαが#8 ARTAとバトル中のバトンの前に現れ接触寸前!!

    2018y09m15d_214620964

    スーパーGT第6戦「スポーツランドSUGO」でGT300クラスのポールポジションを奪取したR&D SPORTの井口卓人/山内英輝 #61 SUBARU BRZの車載映像です。予選Q1は井口卓人のアタックでトップ通過、予選Q2では山内英輝がライバルを圧倒する走りで1分17秒685を記録!2位に0.7秒差をつけた山内は加入4年目のスバルで初めてのポールでした。

    2018y09m15d_194011888

    9月15日にスポーツランドSUGOで行われた「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE.」の公式予選ダイジェストが公開されました。GT300クラスは2番手に0.7秒差をつけた#61 SUBARU BRZ R&D SPORTが久々のポール!GT500クラスは山本尚貴/ジェンソン・バトン組 #100 RAYBRIG NSX-GTがコースレコード合戦の予選を制しました。

    2018y05m28d_202436284

    全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦「スポーツランドSUGO」は#18 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)と激闘を展開した#16 山本尚貴(TEAM MUGEN)が優勝!今季2勝目。可夢偉はピット作業に手間取り優勝争いから脱落、6位でフィニッシュしました。2位はニック・キャシディ。3位に中嶋一貴。デビュー戦のトム・ディルマンが4位に入っています。

    スクリーンショット(2018-05-26 20.45.33)

    全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦「スポーツランドSUGO」でポールポジションを獲得した野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)のオンボード映像です。予選Q3で1分4秒694を記録しコースレコードをブレイク!通算3度目のPPを獲得しました。

    2018y02m23d_004718004

    2011年に発足し7シーズンに渡り開催されてきた「ドリフトマッスル」が2017年をもって「ドリフトマッスル」という名称でのシリーズ開催が終了しました。そんな最後のシーズン全戦のレポートがベストモータリングから公開!2017年のHot-Versionに収録されていたビデオです。

    2017y12m13d_133451049

    SUPER GT 2008第5戦「スポーツランドSUGO」。GT300に参戦するレーシングプロジェクトバンドウはレクサスIS350にマシンを変更してから三戦目にしてクラスボールをゲット!織戸学もGT人生で初めてのポールポジション獲得!決勝レースはどうなった!?

    2017y10m03d_201453318

    フォーミュラ・ニッポンで1998、2001、2003、2005年の4回、JGTCやSUPER GTでもチャンピオンの経験をもつ本山哲が、9月26、27日にスポーツランドSUGOで開催されたスーパーフォーミュラのメーカーテストでSF14をドライブ。ホンダエンジン搭載のテストカーにのりこみアタックする様子がSF公式から公開されました。オンボード映像、SF14についてのインタビューも収録。現在スーパーフォーミュラのアンバサダーとして活躍する本山哲ですが、日本のトップフォーミュラを運転するのは9年ぶりなんだそうです。

    2017y09m25d_155036326

    10月24日に68周の決勝レースが開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦「菅生」は、ITOCHU ENEX TEAM IMPUL #19関口雄飛が今季2勝目を飾りました。決勝当日のフリー走行でクラッシュ、本番直前に不具合が発覚しグリッド上で急遽交換するハプニングから復活、スタートでホールショットをきめるとレースをリードしトップでチェッカーをうけました。2位にピエール・ガスリー。3位に中嶋一貴。これで残すのは10月21-22日開催の最終戦鈴鹿(2レース制)のみ。ランキングトップの石浦宏明が再び頂点に返り咲くのか、それとも0.5ポイント差で続くガスリーや5ポイント差のローゼンクウィストのルーキーが新王者になるのか!?波にのっている関口雄飛も怖い存在です。どうなるか楽しみですね。ちなみに、その後に続く中嶋一貴、ロッテラー、小林可夢偉、国本雄資にもタイトルの可能性が残っています。

    IMG_7248

    9月23日土曜日に開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権 第6戦「菅生」の予選は、今シーズン「KONDO RACING」からデビューしたニック・キャシディが初めてのポールポジションを獲得しました。しかもキャシディがたたき出した1分04秒910というタイムはコースレコード樹立のおまけ付き。それまでアンドレ・ロッテラーがもっていた1分05秒005をコンマ1秒近くブレイクするアタックでした。そのオンボード映像がスーパーフォーミュラ公式から公開!68周の決勝レースは14時10分スタート予定です。

    2017y08m26d_130821910

    D1ドライバー日比野哲也により、ドリフト特訓中の塚本奈々美がドリフトマッスルに挑戦するシリーズ。ベストモータリングからスポーツランドSUGO西コースで開催された第3戦のレポートが公開されています。ホームストレートから6コーナーを抜けるまでのシリーズ最長の審査区間で、審査員ドリキンのお目に敵い予選を突破できたのか!?スポッターの日比野さんもだんだん厳しくなってきましたなぁw

    このページのトップヘ