スープラ

    2018y08m16d_131604605

    初代スープラはA40系「セリカ」をベースに開発され1978年4月に「セリカXX」としてデビュー、当時の海外でのネーミングが「スープラ」でした。1981年7月にはリトラクタブルヘッドライトを採用しスポーティな外観を意識した2代目A60系が発売、そして1986年2月にA70系が登場、日本でも車名が「スープラ」とされました。

    2018y07m13d_024242897

    イギリスのモータースポーツの祭典、2018年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードが開幕!イタルデザインと日産が共同開発したニッサン・GT-R 50 byイタルデザインや、2019年前半に発売予定の新型トヨタ・スープラの市販モデルのプロトタイプが登場!ヒルクライムコースを疾走しました。その時の模様がFoS公式から公開!

    スクリーンショット(2018-07-06 12.34.40)

    モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズの下位カテゴリー「エクスフィニティ・シリーズ」にカムリで参戦しているトヨタですが、2019年から新型スープラの投入が発表されました。「Toyota USA」と「NASCAR」の公式ムービー。

    43)

    トヨタ・スープラなどに載せられていた3リッター直列6気筒ターボ「2JZ-GTE」エンジンに換装した、タイムアタック仕様のマツダ・RX-7(FD3S)のビデオが注目を集めていました。B13型ロータリーより70キロ程重いエンジンを、ボンネットを膨らませて納めることに成功。筑波サーキットのストーレートを駆け抜ける時のキュイーンという加速サウンドがクール!

    30)

    4月27日、「グランツーリスモSPORT」のアップデート(1.18)で「トヨタGRスープラ レーシングコンセプト(Gr.3)」が収録されました。プレイステーションから公開されたPVです。気になるスペックは最高出力が600PS/6800rpm、最大トルク71.1kgm/6000rpm。車両重量が1243kgでした。駆動方式はもちろんFR。

    2018y03m08d_001150970

    スイス・ジュネーブ「第88回ジュネーブ国際モーターショー」で「GR Supra Racing Concept」が世界初公開!スープラが16年ぶりの復活をとげました。今回発表されたレーシングコンセプトが生み出された3つの要素「情熱」「精神」そして「欲望」をイメージしたムービーが公開。TMG(Toyota Motorsport GmbH)が開発を担当したFR 2ドアクーペ!

    2018y02m24d_145522676

    「VIDEO OPTION」から神回ビデオが公開されました。2010年D1GP第2戦オートポリスで起きた大事件。実況でお馴染み鈴木学がD1マシンの助手席に乗ってインプレッションする「マナPの同乗 新車チェック」収録中、ドライバーの織戸学が運転を誤りスープラが200キロオーバーで1コーナーのバリアに激突!二人とも病院送りになってしまうのでした。。。

    2018y02m13d_202803302

    このあいだレンジローバーが中国「天門山」をヒルクライムするビデオを紹介しましたが、今回は「天門山」の峠道「通天大道」をスープラやソアラがドリフトしちゃう2013年の懐かしいビデオをご紹介。有名動画なので知ってる人も多いかと思いますが。。。

    2018y01m06d_124601184

    日本のクルマ文化を紹介している外国人「noriyaro」のチャンネルから旧車會のミーティングを撮影した「暴走族ナイト」が公開されています。マークII、クラウン、ソアラ、スープラ、クレスタ、ハコスカ、フェアレディZ、バイオレッドなどが集まり昭和にトリップ!

    2017y11m21d_222848005

    日本での人気はもちろん、映画ワイルド・スピードシリーズに登場以降世界的に人気沸騰、現在新型車の開発が進んでいると噂のトヨタ・スープラ。1978年「セリカXX」としてスタートし2002年にまで販売された日本を代表するスポーツカーの変遷を1分の動画でチェック!

    2017y05m09d_124328817

    今はもう制作できない!?VIDEO OPTIONの伝説回「湾岸の千葉君」特別編「東名キャノンボール」。有名な動画です。キャノンボールといえば、誰が一番早く目的地に着くかを競う非合法レースですが、東名高速「海老名SA」に各地から集結したRX-7と一台のスープラが足利SAまでキャノンボールラン!オービスがスタート地点とかナメてて笑うww メーカーのワークスドライバーが収録に参加してるのも時代を感じますね。時は15年前の2002年、まだまだユルイ時代でした。

    2017y02m25d_143833305

    トーヨータイヤUSAは世界最大級のカスタムカートレードショー「SEMA SHOW 2016」に1974年式ダットサン「260Z」(フェアレディZ)のカスタムカーを展示していました。エンジンはなんとトヨタ「スープラ」の「2JZ GTE」型エンジンが移植され「APEXパフォーマンス」のターボシステムを組み込み最高出力は1000馬力を超えるモンスター仕様になっています。そのカスタマイズ風景を1分でチラ見!

    2016y09m25d_134756328

    海外で盛り上がりをみせるJDMチューニングカー。ミーティングなどで撮り集めた日本車のシーンを集めたコンピレーションビデオが公開されていたのでピックアップしました。やっぱし目立つ日産車。スカイライン・GT-RのR32〜R35、フェアレディZ32〜Z34はどの型も人気でシルビアとかもチラホラ。こちらもワイスピの影響かスープラも人気を確立、ランエボ、インプレッサなど他の日本車もどれも良コンディションで愛されているな!

    31)

    今で言えば脇阪寿一クラスの人が教えてくれるようなもん?選抜されたこの3人が羨ましい。1990年4月 日本海MAZEサーキットにて撮影された黒澤元治のドライビングテクニック特訓道。参加車両は「スープラ・ターボA」「フェアレディZ300ZXツインターボ」「スカイラインGT-R」と豪華。そういえば昔の自動車教習所の教官ってこんなノリだったwww それにしても黒澤元治がドライブすると同じマシンとは思えない挙動してる…プロって凄い。

    このページのトップヘ