ダカール

    2018y01m20d_170102569

    2018年のダカールラリーも残り二日、ステージ13はナサール・アルアティヤがステージウィンで3位までをトヨタが独占。トヨタ・ハイラックスが四駆の機動力を発揮し後半戦で三連勝をきめています。そして磐石のワンツー態勢を築いていたプジョーにアクシデント。総合2番手のペテランセルが立ち木に接触し左フロントにダメージを負い後退、優勝争いから脱落しました。

    2018y01m18d_172213980

    ダカールラリーはステージ11に突入。二輪部門は総合2位につけていたホンダのエース、バレダがステージ7で負傷した左足の痛みを悪化させリタイアを決断、今年も制覇は幻に…前日そのバレダと一緒にコースを見失いタイムロスした16年覇者プライスがトップタイムを記録し総合3位にポジションアップ!気づけば絶対王者KTMがトップ5に4台もつける展開になっています。

    2018y01m17d_141357328

    ダカールラリーはキャンセルになったステージ9をはさみ、16日にステージ10が開催されましたが、トップグループに大波乱が待っていました。ホンダのベナバイズ、バレダ、KTMのプライスがコースロストで大幅に時間を失い、さらに総合1位だったヤマハのファン・ベヴェレンがゴール前に大転倒、右鎖骨を骨折するなど怪我でリタイアしてしまいました。

    2018y01m16d_014759137

    これは恥ずいww ダカールラリーの過去の珍プレーが再び注目されていたので紹介します。2013年、チリ・サンチアゴのモネダ宮殿前で行われた閉会式に向かう途中にシェルコのアラン・デュクロスが観衆の前でお茶目な大失態。最終目的地に来て気分が高揚したのか、観客にジャックナイフを披露して失敗、前方に転倒!さらにウィリーにも失敗してズコーンwww

    54FC97F6-00F7-48ED-BB0B-4C8A8F860BEE

    ダカールラリーはステージ8を終え、前日大幅にタイムロスしたプジョーのペテランセルがステージウィンで、総合トップはプジョーのサインツ、2位にトヨタ・ハイラックスのアルアティヤ、3位にペテランセルがつけています。サムネイルは二輪部門で総合トップを争うファン・ベヴェレンとベナバイズがランデブー走行中にお互いの健闘を祈る握手を交わしたシーンです。ラリーレイドって感じでイイですねぇ。

    2018y01m14d_163701617

    厳しい戦いが続くダカールラリーは後半戦に突入、13日のステージ7も波乱の展開になりました…首位にいたペテランセルのプジョー3008DKR Maxiがスタックしたマシンを避けた時に左リヤのサスペンションを壊してしまうアクシデント。これで3位に転落し、代わって同僚のサインツが総合首位になっています。2位はアルアティアのハイラックス。

    2018y01m12d_174219248

    前半戦が終了したダカールラリー、ホンダ陣営の活躍をハイライトした「J SPORTS」とHRC公式ビデオです。世界でもっとも標高の高い湖チチカカ湖畔から始まったステージ6を終えケビン・ベナバイズがはじめて総合首位にたち、エースのホアン・バレダも4位につけています。

    2018y01m12d_174947493

    世界一過酷なアドベンチャーラリーといわれ、今年もすでに過去の王者や有力候補が次々と離脱し大自然相手の難しさを知らしめていますが、公式からは前半戦各ステージのランドスケープビデオが公開されています。こんな絶景スポットを舞台にしのぎを削ってるなんて!

    2018y01m11d_131520863

    5日目に入ったダカールラリーにまたも波乱が待っていました。前日トップタイムをマークし総合2番手につけていたセバスチャン・ローブのプジョー3008DKR Maxiが砂丘にハマりタイムロス。相方のダニエル・エレナも負傷してしまいリタイアを決断!そしてX-RAIDアル・ラジのミニ・ジョン・クーパー・ワークス・バギーが水没するハプニングwww

    2018y01m10d_105621766

    注目選手のクラッシュが続くダカールラリーですが、ステージ4では二輪部門ディフェンディングチャンピオンで首位を走っていたサム・サンダーランド(KTM)がジャンプの着地で背中に激痛を訴え病院へ搬送、「motorsport.com」によると脚にしびれを感じているといいます。

    2018y01m09d_164539933

    ダカールラリーはステージ3に突入。連日大転倒が続きますが、今度は砂丘を登る途中で脚をとられたホアン・ナニ・ロマ(X-RAID)のミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ラリーが激しく横転してしまいました。なんとかステージを走りきったものの病院へ直行するハメに…

    2018y01m08d_204636054

    旅は始まったばかりなのに悲惨だなぁ…ダカールラリー二日目、砂丘の途中でうずもれた「TOP 1 OIL Paraguay Dakar Team」の#397 ISUZU D-MAXを牽引ロープで引っぱり出す途中にとんでもない事になったビデオです。一歩間違えると救助にあたるほうも埋ってしまうし、あの向きに引くのが最善と判断したんでしょうね。健闘もむなしく斜面から転げ落ち横向きに9回転!

    2018y01m07d_211049475

    第40回大会となるダカールラリー2018がついに開幕!1月6日の初日に砂丘ジャンプの着地に失敗して一発KOされたホアキン・ロドリゲス(ヒーローRR450ラリー)のクラッシュシーンが痛そうだったので紹介します。着地のタイミングを間違え顔面強打し転倒!砂漠に横たわりぴくりとも動かなくなってしまう…

    2017y12m19d_221854500

    1月6日にペルーの首都リマでスタートがきられるダカール2018。「排気量10リッター未満クラス」で9連覇をめざす「HINO TEAM SUGAWARA」からプレビュームービーや、7月にロシア・カザフスタン・中国にまかたがり開催された「シルクウェイラリー2017」の模様が公開!

    2017y12m23d_183833844

    ダカールラリーの二輪部門に参戦するホンダ・レーシングから公式ムービーが公開!ホンダCRF450ラリーを駆る5人のライダーは#5ホアン・バレダ(スペイン)、#6パウロ・ゴンサルヴェス(ポルトガル)、#47ケビン・ベナバイズ(アルゼンチン)、#14マイケル・メッジ(フランス)、#20リッキー・ブラベック(アメリカ)と多国籍!

    2017y11m17d_161520200

    ダカールラリー二輪部門で前人未踏の16連覇中の「Red Bull KTM Factory Racing」が第40回大会にむけ準備万端ですよ!っていうムービーがレッドブルから公開。2018年1月6日にスタートがきられる第40回大会で「KTM 450RALLY」はどんな走りをみせてくれるのでしょーか!?

    2017y11m18d_212153948

    2001年第23回パリ〜ダカールラリーの最終日前日、総合トップの増岡浩(チーム三菱ラリーアート)にジャン=ルイ・シュレッサーが汚い手で勝負を挑みます。一番手スタートの増岡より先に勝手にスタートをきったうえに仲間のバギーと増岡を邪魔する走りで攪乱。追い抜こうとしたパジェロは切り株にヒットしストップ大幅にタイムロスしてしまう。結果初優勝は幻に…

    2017y10m31d_231223717

    2018年1月6-20日にかけ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンにまたがり開催される世界一過酷な耐久ラリーレイド「ダカールラリー」に出場する「チーム・プジョー・トタル」は、モロッコなどで「プジョー3008DKR Maxi」を走らせ1万8000km以上の距離をテストしています。

    2017y06m15d_003915564

    「ダカールラリー」トラック部門の花形チーム、レッドブル・カマズ・マスターの「Kamaz4326」は、16.2リッターV8ディーゼルエンジンを搭載、最高出力1000馬力弱のロシア産カミオン。このカマズトラックで、2013、2017年と部門制覇したエドゥアルド・ニコラエフが、灼熱のダカールとは対照的な気候をもつロシア・ムルマンスク州の極地に登場!216本のスパイクがうちこまれたコンチネンタル製スタッドタイヤをはき、重さ10.5トンのカミオンで大ジャンプをきめています。その驚異のシーンを解説する動画がレッドブルから公開!

    2017y02m11d_131334401

    「日野チームスガワラ」は2017年も2台の日野レンジャーでダカールに参戦。エンジンとサスペンションを大幅改良したマシンで14日間のダカールの旅に挑みました。その戦いぶりをおさめたオフィシャルムービーが公開。菅原親子がドライブする2台の日野レンジャーは排気量10L未満クラスで1-2フィニッシュをきめ8連覇!トラック部門総合8位に躍進しました。

    このページのトップヘ