デコトラ

    2018y01m22d_215418569

    東証一部上場の大手運送会社で初任大型運転士の指導員をしているゆーちゅーばーの新作ビデオ。テーマは「トラックが メッキパーツを多用する理由」です。トラックのグリルやバンパー、ネオンなどいたる所に飾り付けられるメッキパーツですが、ちゃんとルーツがあった!

    2017y12m03d_230221863

    ドリフトなどで活躍するニュージーランド出身のレーサー、マッド・マイクが世界に誇る日本のカーカルチャーを世界に発信するビデオがレッドブルから公開されました。街道レーサー、デコトラなど昭和から愛されるドレスアップや、世界から注目されるカスタムブランド「リバティウォーク」、諸星伸一のLEDランボルギーニ軍団、軽自動車カスタムの「はろーすぺしゃる」、ローライダー「チョロスカスタム」が紹介されています。

    2017y07m22d_142835923

    日本やアメリカの自動車文化を発信する「スティーブ的視点」でデコトラが紹介されていました。今回の取材場所は千葉県木更津市の「史上最強のデコトラ三代目美麗嬢」。オーナーの運転でドライブに乗せてもらい、内装も外装もハデハデなデコトラについて聞きだしています。やはり皆さんご多分に漏れず「トラック野郎」シリーズに憧れ、この道に入るんですねぇ。バックにも「この道ひとすじ はるかなり」の文句と共に不動明王が描かれていてイイですね!

    2017y05m16d_155258317

    昭和の日本が誇る車文化「デコトラ」。アートトラックとも呼ばれ、今なお、一部のトラック乗りの間では絶大な人気を誇りますが「VIDEO OPTION」でも2003年頃に特集がくまれていました。そのビデオが公開。パーツショップを探索したあと、菅原文太主演の「トラック野郎」を観て影響をうけたという「乙姫会」顧問のデコトラが登場!派手過ぎると仕事ができないので最早趣味専用車なんだとか。そして改造費は1千万円以上かかっているらしい…そんなアートトラックは荷室がとんでもない事になっていたwww

    2017y04m13d_135633449

    パキスタンの首都イスラマバード近郊の商業都市ラーワルピンディには中古のトラックをパキスタン風のデコトラに生まれ変わらせる熟練工達がいるそうです。その制作現場に潜入したビデオエッセイが異国情緒たっぷりだったので紹介します。おい、2:47のメッシwwこっち見ながら作業すんなwww 指なくなるぞ… 少年から初老の男性までが作業場に出入りし、何もかもが日本とは大違い。板バネ20枚とか厳めしくてカッコイイですね。カスタム中のトラックに目をやると、そこには「いすゞ」や「日産」「日野」などの、日本の昭和時代のトラック達がパキスタン風にデコレーションされているのでした。どれもフォトジェニックでいいね!

    2017y03m07d_144243040

    「夢のあるいい話」を世界に発信する「Great Big Story」が日本のデコトラについて紹介しています。デコトラの運ちゃんや、アートトラックの愛好家団体「全国哥麿会」の会長が登場し、デコトラ乗りの想いが語られる2分40秒のショートムービー。「金の事は考えない」「30年かけてつくりあげた」なんていう心意気は男の浪漫があふれていてイイなぁ。

    2017y02m18d_132213647

    昔にくらべるとだいぶ数が減ってしまい、その厳めしいレトロな風貌からもクールな存在になりつつあるデコトラ。日本の自動車文化などを紹介している「スティーブ的視点」のスティーブが、千葉県香取市返田にある運送会社「椎名急送」を訪れ椎名均社長にインタビューしています。由加丸船団として『トラック野郎シリーズ』など映画やTVにデコトラを多数出演させていることでも有名な運送会社ということで知っている人もいるのではないでしょうか。デコトラを禁止する現場も増えるなか、いまだデコトラで通す社長の想いは!?

    2016y02m02d_170140628

    廃墟となったアミューズメントパーク「新潟ロシア村」で繰り広げられた斎藤太吾とヴァン・ギットン Jr.による日米ドリフト対決ムービー「BATTLEDRIFT - Vaughn vs. Daigo」。ドリフト仕様のランボルギーニ・ムルシエラゴとフォード・マスタングRTR、デコトラなどを持ち込み撮影したフィルムのメイキング映像がモンスターエナジーより公開!未知の撮影は難航した様子で苦労が伺える内容…斎藤さんは次の日フォーミュラDだったらしいww日本語字幕あり。

    2014y10m06d_114705361

    次々と現れる派手なデコトラ達は、どのトラックも電飾ピッカピカ!見慣れないトラックがこれだけ集まると移動式遊園地が在るかのような雰囲気に。動画ではズームなどのカメラワークも多様されてて何だか小人になってパチンコ台の中へ入り込んでしまったように錯覚するww
    そのサイバーな光りっぷりは、LEDやブラックライトをふんだんに使った新宿の超B級観光名所「ロボットレストラン」にも負け無いレベルで輝いている。動画のBGMのトランスとデコトラの電飾が見事なハーモニーを醸し出すwww

    このページのトップヘ